ワイヤレスイヤホンのレビュー

AIKAQI B06ワイヤレスイヤホンのレビュー!使ってみた感想は「完全ワイヤレスイヤホンで価格の割に十分な使用感」と感じた

2020年5月23日

千葉県にお住いの32歳男性から2019年1月頃に購入されたAIKAQI B06ワイヤレスイヤホンを実際に使ってみたレビューをご紹介します。

ワイヤレスイヤホンを欲しいと思ったきっかけ

これまで使用していたPlantronics社製品のワイヤレスイヤホンが故障したため、同様のワイヤレスイヤホンを探していました。

すでに使用していたPlantronics社のイヤホンは販売終了となっており、後継機種を探していましたが、Amazonの「こちらの商品もおすすめ」にて本製品も紹介されており、即納・価格も5000円以下と入手にハードルが低かったのも決め手になりました。

無線型イヤホンはブツブツ切れることを恐れていましたが、レビューにもそのような感想がなかったので、購入を決めました。

ワイヤレスイヤホンの候補にあがっていたもの

使用感と価格、バッテリー(持続時間)、Bluetooth通信の安定性です。

使用感としては、他の2点が片耳タイプで耳掛け付きだったのに対し、本製品は耳に押し込むタイプで耳掛けなしでした。

価格については、どれも一万円以下でしたが、五千円を越えるかどうかで悩みました。

バッテリーについては、特に連続使用する用途は想定しておらず、通勤電車の30分ほど持続すればよかったので、その点はどの製品も満足ゆくものでした。

Bluetooth通信の安定性は、気になるのですが、レビューを見てもレビュワーにより評価ばまちまちで、こればかりは購入してみないとわからないと覚悟していました。

AIKAQI B06

PLANTRONICS M70

エレコム LBT-HS20MP

AIKAQI B06ワイヤレスイヤホンに決めた理由

AIKAQI B06ワイヤレスイヤホン本体
デザインと価格です。

デザインについては、丸い充電バッテリー付きケースが付属しており、使用していない時に充電ができるよう工夫されていること、また、このバッテリー付きケースのデザインが丸くてオシャレなことが気に入りました。

また、イヤホン自体のデザインも小さくて使いやすそうで、これらのデザイン性と使用感を期待させる製品が5000円以下の価格で入手できるという点を見て、購入を決めました。

他の製品ですと、5000円を超えていたのが気になり、即決に至りませんでした。

AIKAQI B06ワイヤレスイヤホンのスペック

AIKAQI B06ワイヤレスイヤホンのスペック

スペック

  • Bluetooth5.0
  • CVC 6.0ノイズキャンセリング
  • 自動ペアリング
  • 国際規格防水等級IPX5
  • 400mAh大容量バッテリー
  • 連続使用可能時間:12時間
  • 型式:イヤホン

私は新品で購入しましたが、価格は3,590円でした。

AIKAQI B06ワイヤレスイヤホンを実際に使ってみた

AIKAQI B06ワイヤレスイヤホンの充電中LED点灯の様子
通勤中に音楽や英会話の録音を聞くために使用しています。

徒歩、および、電車内で使用していて、朝、最寄りの駅までに歩きながらイヤホンを装着して、再生をスタートさせています。

電車内でも、電車の音に負けることなく、音楽を聞くことができていて、持続時間も問題なく、2~3日は意識的に充電しなくても使用できています。

会社にいる間はイヤホンを本体の充電バッテリー付きケースにて充電し、また、会社から出る時に装着して使用しています。

使ってみて気に入っているところ

コンパクトさと充電バッテリー付きケースです。

コンパクトさは、亡くしやすいという懸念もありますが、一度耳に装着してしまうとほとんど気にならないくらいです。

また、使用していないときにバッテリー付きケースに収納しておけば、自動的に充電してくれる点も配慮が行き届いているかと思います。

充電しているときに、本体及び充電ケースが点灯・点滅して充電状態を表示してくれるというデザイン性の良さについても満足しています。

こんな方にはおすすめしたい

  • リーズナブルにイヤホンを入手したい方
  • デザイン性の良いイヤホンを使いたいという方に、
  • Bluetoothイヤホンを使いたいという方におすすめです
  • コンパクトなイヤホンを探している方に、小さくておすすめです
  • 持ち運びのためケース付き

使ってみて気に入らなかったところ

基本的には満足ゆく使用感なのですが、少し気になる点があります。

「小さくて落としそう。」製品がコンパクトなのは利点なのですが、歩きながら取り付けようとすると、落としてしまいどこに行ったか探してしまうことがあります。

ポケットの中などに入れておいても、小さいのでどこにあるかわかりにくく、落としてしまったのでは、と心配になったことが何度かあります。

また、本体にボタンが無く、製品表面をタッチすることで再生が始まりますが、位置を直そうとしたり意図しない接触などで再生が始まってしまうのが困ったところです。

こんな方にはおすすめしない

  • 充電環境が出先で確保できない方にはおすすめできません
  • コンパクトなイヤホンが気に食わない方
  • 音質にこだわる方には、難しいかもしれません
  • ボタン操作を好む方にはタッチ式操作がおすすめできません
  • イヤホンを落としやすい人には、小さいのでおすすめしません

AIKAQI B06ワイヤレスイヤホン購入後の生活

通勤の際に、満足ゆく通信品質で音楽を聞くことができるようになりました。

これまでは、Bluetooth通信でスマホと通信していても、スマホを後ろのポケットなどに入れてしまうと音が飛んだり、また、電車内など混み合っているとペアリングが切れてしまうなどの問題があり、bluetoothイヤホンを敬遠していました。

この製品を使用してからは、不都合無くBluetoothイヤホンを使えており、煩わしいケーブルからも開放されて満足しています。







-ワイヤレスイヤホンのレビュー

Copyright© デジタルガジェットライフ , 2020 All Rights Reserved.