ノートパソコンのレビュー

GALLERIA GCR1650GFノートパソコンのレビュー!使ってみた感想は「nVIDIAのTuringアーキテクチャを体験!」と感じた

2020年6月5日

奈良県にお住いの18歳男性から2020年3月頃に購入されたGALLERIA GCR1650GFノートパソコンを実際に使ってみたレビューをご紹介します。

ノートパソコンを欲しいと思ったきっかけ

私がこのラップトップPCを購入したきっかけは大学用のPCが必要になったからです。

ではなぜ外付けGPUがついているモデルを選んだのかというと、私自身、趣味で自作PCやジャンクPCをやっており単純にGPUを載せたかったというのと、TuringアーキテクチャのGPUを試してみたいと思ったからです。

メインで使っているデスクトップPCにはRadeonを使っているのでnVIDIAの製品も使ってみたかったというのもあります。

それでこの機会に購入しました。

ノートパソコンの候補にあがっていたもの

上記以外にもパソコン工房やmouse BTO、TSUKUMOなどでも悩んでいましたが、一番に悩んでいたのは値段です。

私の場合は親が出してくれるということでしたが、予算がありましたのでその予算内に周辺機器まで入れる必要がありました。

自分の好みの構成にできるか、使用されているメモリのメーカー、SSDのメーカー、修理対応の良し悪しなどで悩んでいました。

個人的にSAMSUNGのSSDは使ってみたかったので、それが組み込めるかなどでも悩みました。

GALLERIA GCR1650GF

mouse DAIV 5P

Dell G3 15 プレミアム

GALLERIA GCR1650GFノートパソコンに決めた理由

GALLERIA GCR1650GFノートパソコンのキーボード
一言でいうならカスタマイズ性です。

私自身、RAMに関してはそこまでメーカーのこだわりはありませんが、どちらかというとストレージのメーカーにこだわる人ですので、搭載されているSSDは重要視しました。

このラップトップPCはSSDにSAMSUNG EVO860を搭載できたのでこれにした感じです。

その他にはCドライブにM.2 SSDを搭載できるのですが、そのM.2 SSDの速度などを重視して選びました。

また、M.2の空きスロットが1つあるところも決めてです。

GALLERIA GCR1650GFノートパソコンのスペック

GALLERIA GCR1650GFノートパソコンのスペック

スペック

  • OS:Windows 10 Home 64ビット (ディスク付属)
  • Steam:Steamクライアントのインストール
  • CPU:インテル Core i5-9300H (2.40-4.10GHz/4コア/8スレッド)
  • グラフィック機能:NVIDIA GeForce GTX 1650 4GB + インテル UHDグラフィックス630
  • 電源:ACアダプター (120W)
  • メモリ:16GB DDR4 SO-DIMM (PC4-21300/8GBx2/2チャネル)
  • SSD:512GB NVMe SSD (M.2 2280, 読込速度 3200MB/s, 書込速度 2000MB/s)
  • ハードディスク/SSD:HDD 無し
  • 光学ドライブ:光学ドライブ無し
  • カードリーダー:SDカードリーダー (SDXC対応)
  • サウンド:マザーボード 標準 オンボードHDサウンド
  • LAN:ギガビットLANポート x1 (マザーボードオンボード)
  • Bluetooth:Bluetooth 5
  • マザーボード:モバイル インテル チップセット搭載マザーボード
  • メモリスロット x2 (最大 32GB)
  • 入出力ポート:USB2.0 x1/ USB3.1 Type-A x2, Type-C x1/ マイク入力 x1, ヘッドフォン出力 x1 /HDMI x1 / miniDP x2
  • ディスプレイ:15.6 インチ 非光沢ワイド リフレッシュレート 60Hz LEDバックライト液晶ディスプレイ(1920×1080ドット表示)
  • バッテリー:リチウムイオンバッテリー (約 6.5 時間)
  • 標準キーボード:日本語キーボード
  • 無線LAN:Intel Wireless-AC 9560 (IEEE802.11 ac/a/b/g/n 2x2 Max1.73Gbps)
  • WEBカメラ:HD画質 WEBカメラ
  • サイズ:360(幅) × 245(奥行き) × 26.4(高さ) mm
  • 重量:約2.03kg

私は新品で購入しましたので、価格は141,248円でした。

GALLERIA GCR1650GFノートパソコンを実際に使ってみた

GALLERIA GCR1650GFノートパソコンの外部端子
主にサブPCとして使用しています。

メインPCにデスクトップPCを持っているので、例えばベンチマークソフトの比較だったりゲーム性能の比較などで今のところは使用しています。

直近ではcinebench R15,20の比較、DDR3とDDR4ではRAMディスクの転送速度にどのような差が生まれるのかなどの検証し使用しました。

大学が再開されれば持ち運び用のモバイルPCとしてoffice使用等で活用していくつもりです。

使ってみて気に入っているところ

まず性能で、nVIDIAのTuringアーキテクチャはすごいです。

モバイル用のGTX1650が搭載されていますが、ゲームにもよりますがデスクトップ向けのRadeon RX470に匹敵するほどで、正直驚きました。

モバイル用GPUということでそこまでの期待はしていなかったのですが性能は文句無しです。

CPUに関しても非常に気に入っていて、タスクマネージャーを開けるたびに12スレッド分枠が表示されますので最高です。

こんな方にはおすすめしたい

  • cinebench R15で1000cb以上出したい方
  • お手軽にゲームをしたい方
  • キーボードを光らせたい方
  • SSDを細かく指定したい方
  • シンプルなデザインが好きな方

使ってみて気に入らなかったところ

一番気に入らないのはバッテリーの持ち具合ですが、これはラップトップPCなら致命的かもしれませんが、本当に持ちが悪いです。

大体youtubeで1080Pの動画再生で3時間くらいといった感じで、使用環境によって変動するとは思いますが、予想以上に悪かったです。

次は熱問題で、外付けGPUを搭載してるのでゲームをしてみたのですが、結構熱いです。

キーボードが40℃以上になっていると思いますが、それに伴い、ファンの動作音も微妙な点です。

こんな方にはおすすめしない

  • 軽さは大事という方
  • バッテリー持ちが大事という方
  • 静穏性が大事という方
  • AMDが好きな方
  • ゲームはしない方

GALLERIA GCR1650GFノートパソコン購入後の生活

今までと違い最新世代のCPUやGPUに触れることができ、とても興味深いことが増えました。

どのようにしたらバッテリー持ちがよくなるかや、デスクトップ向けのGPUと何が違うのかなどの新しい視野が持てた気がします。

また、複数のLive配信を見るときに今までは6窓までが限界でしたがこのPCが来てからはさらに複数見ることができ、非常に買い手になりました。

他にはタスクマネージャーを見るたびに12枠でてくるのでPCをつける度に嫌なことを忘れられます。







-ノートパソコンのレビュー

Copyright© デジタルガジェットライフ , 2020 All Rights Reserved.