モバイルバッテリーのレビュー

NITIKA DC191 10000mAHモバイルバッテリーのレビュー!使ってみた感想は「安く安全に使いたい人必見」と感じた

2020年6月8日

埼玉県にお住いの42歳男性から2019年10月頃に購入されたNITIKA DC191 10000mAHモバイルバッテリーを実際に使ってみたレビューをご紹介します。

モバイルバッテリーを欲しいと思ったきっかけ

実はスマートフォンがかなり古いタイプでバッテリーもかなりもちが悪かったです。

後々にバッテリーも交換しましたが、もともと今のバッテリーよりは消費は激しく、ゲームもやるので一日持ちません。

前のバッテリーはあったんですが、故障してしまって急遽購入することになりました。

安かったうえにすぐ調達しなければならないという状況でしたので、たまたま見かけた商品がこれだったということになります。

前回よりも長持ちするみたいで気に入りました。

モバイルバッテリーの候補にあがっていたもの

テレビであまり安いやつは火災を起こす危険性があるというのがありました。

しかし、前回も結構安いやつを使っていましたが、確かに安いやつですと熱くなったりしてましたが火災を起こすほどの熱があった事はありませんでした。

デザイン性とかそういうのはあまり考慮せず、とにかく安くしっかり充電してくれる商品がよかったのです。

しかし、万が一火災が起きるのではという心配もあってちゃんとしたメーカーのほうがいいのかもとは思いました

NITIKA DC191 10000mAHモバイルバッテリー

エレコム DE-C14L 10050mAhモバイルバッテリー

MAXOAK 185Wh 50000mAh

NITIKA DC191 10000mAHモバイルバッテリーに決めた理由

NITIKA DC191 10000mAHモバイルバッテリーの本体
やはり値段だと思います。

それと前回のモバイルバッテリーは一つしか充電できませんが、今回二つ充電することができます。

二つ使う事はあまりありませんが、充電してほしいひとに頼まれた場合、同時にする事ができますので、何回か充電をわけてあげた事もあります。

それと持ち運びがある程度らくな商品のほうが、よかったと思います。

前回のモバイルバッテリーだと残量がよくわかりませんでしたが、今回のは残量も表示してくれるので解りやすいと思いました。

NITIKA DC191 10000mAHモバイルバッテリーのスペック

NITIKA DC191 10000mAHモバイルバッテリーのスペック

スペック

  • メーカー:Huiyan Electronic Co.,LTD
  • バッテリー容量:10000mAh
  • 入力:DC5V 2A 、出力:DC 5V 2.1A(合計)
  • 本体充電時間:約5.5時間(2A出力のACアダプター使用時)
  • 本体サイズ:78 x 155 x 12 mm
  • 商品の重量:210 g

私は新品で購入しましたが、価格は1000円程度だったと思います。

NITIKA DC191 10000mAHモバイルバッテリーを実際に使ってみた

NITIKA DC191 10000mAHモバイルバッテリーの接続端子
利用はスマートフォンが大半ですが、一部デジタルカメラの充電にも使っています。

今年は桜の開花がありましたが、コロナの影響でどこも自粛が叫ばれていましたが、毎年やっているので今年もやる事になりました。

今年は王子に行きお花見をしてきましたが、スマホとカメラ同時に充電するのに大変役に立ちました。

かなり充電能力があるので、しかも充電が結構早くて、特にスマホは一度電源を落とすと急速に回復してくれますので、非常にたすかっております

使ってみて気に入っているところ

充電がかなり早いというところはいいところだと思います。

それとかなり丈夫にできているようで、バックがいっぱいになっても故障もありません。

前回のバッテリーは実は一年もたず故障しましたが、今回の商品は結構長持ちしているほうではないでしょうか。

値段の割に利便性が高いので助かっていますし、価格があと安かったのはたすかります。

値段の割にしっかり充電できているので、重宝しているといっていいのではないでしょうか。

こんな方にはおすすめしたい

  • ゲームをやる人
  • スマホが古い人
  • 低価格がいいひと
  • 丈夫がいいひと
  • 複数充電したい人

使ってみて気に入らなかったところ

約200gですが、若干重いです。

前回のは結構軽かったのですが、持ってみると見た目とは裏腹にちょっと重みを感じます。

それとポケットにいれてしまうとおちてしまうぐらいちょっと大きめのように思っているのですが、持ち運びがかならずバックなどの袋にいれる必要があり、もう少し小さいほうがよかったかもしれません。

それと充電しているときに、なかなか完全に充電ができません。

ランプが時々とぎれてしまうこともあり、残量が解りにくい時があり、ただ0になる事はよくわかるのでその前に対処すればいいと思いますが。。。

こんな方にはおすすめしない

  • 重さが気になる人
  • デザイン性
  • すぐ熱くなるのが気になる人
  • 大きさが気になる人
  • 色が単色しかない

NITIKA DC191 10000mAHモバイルバッテリー購入後の生活

これは充電器ならではだと思いますが、行動範囲が広いというのと充電するために、近年だとドコモなどでは有料で充電をするように変わってしまいました。

折角見つけてもお金をとられるのは嫌ですね。

行動範囲を広げる事で、もう一つバッテリーがあるのと全く一緒ですから安心感や判断力が増える訳で、万が一充電をし忘れても、これに電力が残っていれば充電ができます。

ゲームもできるので電車の中でもバッテリーを気にせず楽しくできますし、スマホのバッテリーを気にせず行動が出来ます。







-モバイルバッテリーのレビュー

Copyright© デジタルガジェットライフ , 2020 All Rights Reserved.