女性の休日のカバンの中身

フリーランスWEBデザイナー「観劇を楽しむには双眼鏡(オペラグラス)が必須」な休日の持ち物:48歳女性のカバンの中身

2020年11月28日

和歌山県にお住いの48歳女性「えみぃ」さんの「休日のカバンの中身」のご紹介です。

「観劇日和」というタイトルの「休日のカバン」にはどのようなアイテムが入っているのか、「カバンの中身」を見ていきましょう。

「えみぃ」さんのプロフィール


現在の仕事の基本情報

  • 業種:サービス系(専門職)
  • 職種:webデザイン
  • 従業員規模:~10名
  • 年収:300万円未満
  • 役職:特になし
  • 雇用形態:業務委託(フリーランス)
  • 在籍期間:6ヵ月未満

現在の仕事の内容

病気を機に在宅で仕事をしています。

長らく携わっていたコールセンター業の経歴を活かして、在宅でも受電の仕事をしていましたが、喘息があって気管支が弱いためすぐに声が出なくなってしまいます。

この冬も風邪から声をつぶしてしまい、長らく仕事が出来ず、声を出さずに在宅でできる仕事を模索し、昔やっていたwebデザインの仕事をはじめました。

デザイナーとしてはまだまだひよっこですが、ぼちぼちお仕事をコンスタントにいただけるようになってきましたが、好きな仕事なのでとても楽しいです。

趣味は宝塚はじめ観劇なので、休みの日には観劇に行って楽しんでいます。

「えみぃ」さんの休日のカバンの中身

フリーランスWEBデザイナー「観劇を楽しむには双眼鏡(オペラグラス)が必須」な休日のカバンの中身

休日のカバンの中身の一覧

  1. 3WAY ショルダーバッグ:DATURA DTR-306
  2. 長財布:agnisb ロングウォレット
  3. 6連キーケース:DOLCE&GABBANA
  4. 車のカギ
  5. スマートフォン:XPERIA Z4 SOV31
  6. モバイルバッテリー:auポータブルバッテリーocta10000
  7. 双眼鏡:COPITAR SKYVIEW
  8. 化粧ポーチ
  9. 薬用のど飴:ヴィックスメディケイテッドドロップ オレンジ
  10. 和紙つまようじ入れ
  11. マスクケース
  12. ティッシュペーパー
  13. アルコールウェット:ワッツ
  14. 油性ボールペン:ダイソーで購入

コンセプトは「観劇セット一式」


休日カバンの中身のこだわり

プライベートの最たるものが観劇なので、カバンの中身は観劇に行くことを想定して、観劇の必需品を中心に選びました。

まず一番の必需品の双眼鏡(オペラグラス)、劇場の空気は乾燥しているのでのどのケアのためのヴィックスメディケイテッドドロップ、以前からよく使用していましたが今後ますます必需品になっているマスクを入れるマスクケースなどです。

あと劇場が家から遠く、道中でスマホを触っていると帰りに必ずと言っていいほど充電が切れるので、快適な移動時間を過ごすために、ポータブルバッテリーも必需品です。

観劇に限らないのですが、ヘアピンやつまようじなどを持ち歩くのに便利な和紙のつまようじ入れを見つけたので、なにかと便利なので持ち歩いています。

「えみぃ」さんが休日のカバンを選んだ理由とポイントは?

3WAY ショルダーバッグ:DATURA DTR-306
趣味の観劇に行くにあたり、カバンの選択は重要になってきます。

行きはオペラグラスさえ入っていればいいのですが、帰りは荷物が増えることがしばしばです。

特に必ずと言っていいほど増えるのがパンフレット類で、このパンフレットが入るかどうかを基準に考えます。

また、写真などを買ったときに折れ曲がるのは嫌なので、きんちゃく型や柔らかい素材のものはあまり選びませんが、かといってあまり大きいものではかさばって観劇の時に邪魔になります。

またこのかばんにはクラッチバッグをバッグインすることが出来、ショルダー部分もついており、外側のバッグにもバッグインバッグにもショルダー部分を付け外し出来るのが大きなポイントです。

かなり観劇に適したバッグだったので選びました。

DATURA DTR-306 ショルダーバッグ
created by Rinker

「えみぃ」さんの休日のカバンの中身で一番のお気に入りは?

双眼鏡:COPITAR SKYVIEW
気に入っているのはCOPITARの双眼鏡「SKYVIEW(オペラグラス)」で、もちろん観劇の際に使います。

観劇の際にないと眼鏡(もしくはコンタクト)がないに等しい必須アイテムで、劇場でも貸してもらえますが、毎回コストがかかってしまうので、マイオペラグラスが必須になります。

とりあえず・・・と購入した以前のものが倍率が低く、あまりクリアに見えなかったので買い換えた2代目です。

劇場で貸してくれるオペラを基準に、同等の見え方のもの、また荷物がかさばらないようになるべく小さいものをかなり足を使って探しました。

低コストで満足のいくものをゲットでき、もう10年以上経ちますが、なんの不具合もなく、手離せないお気に入りの品です。

COPITAR SKYVIEW 双眼鏡
created by Rinker

「えみぃ」さんの休日のカバンの中身で意外と活躍しているものは?

マスクケース
意外と活躍しているのがマスクケースです。

プラスチック製で開いて右側に新しいものを入れられて、左側にusedのものを入れられます。

私は一度外したマスクは衛生上使用せず捨てていたので、左側はほとんど使っていなかったのですが、マスクが手に入らないときには重宝しました。

外出して食事の時などに少しの間はずす時に入れていました。(テーブルなどにおいてしまうと汚染されると聞いたので)

usedの方にマスクをいれた後は、拭いておいて、いつも綺麗な状態に保っています。

個包装のマスクがなかなか手に入りづらかったので、予備のマスクも右側にいつも何枚かストックして持ち歩いています。

そこまでマスクが必須じゃなかった時は持ち歩いてなかった時も多かったのですが、今後かなりのお役立ちグッズです。

マスクケース
created by Rinker
イセトウ(Isetou)

最後に「えみぃ」さんの休日のカバンの中身の今後について

観劇時にとにかくオペラグラスがかさばって、なかなか小さいカバンが持てず、ファッションに合わせることもままならないので、財布を二つ折りのものに変えてかさを減らそうか検討中です。

また観劇時に目が乾いてコンタクトが痛いときもしばしばあるので、忘れてしまいがちですが、目薬を常備しようと考えています。

全体的に荷物を小さくすることが出来れば、かばん自体を小さいものにしたいと思っています。

小さいほうが可愛いデザインのものも多いし、長時間持ち歩いても邪魔にもならず、肩も凝らないからです。

なので、あると便利だと思うものはたくさんあるのですが、これ以上重さやかさの増えるものをかばんに入れたくないなと思っています。







-女性の休日のカバンの中身

Copyright© デジタルガジェットライフ , 2021 All Rights Reserved.