男性の仕事のカバンの中身

自治体向け財務会計システムの導入が主なシステムエンジニアの仕事の持ち物:26歳男性のカバンの中身

2020年1月25日

兵庫県にお住いの26歳男性「としき」さんの「仕事のカバンの中身」のご紹介です。

「カバンに対する思い」というタイトルの「仕事のカバン」にはどのようなアイテムが入っているのか、「カバンの中身」を見ていきましょう。

「としき」さんのプロフィール


現在の仕事の基本情報

  • 業種:IT・通信系
  • 職種:システムエンジニア
  • 従業員規模:101~1000名
  • 年収:400万円~500万円未満
  • 役職:サブリーダー
  • 雇用形態:正社員
  • 在籍期間:5年未満

現在の仕事の内容

私はIT業界で基本設計、詳細設計、プログラミング、テストといった上流過程から下流過程を主に仕事をしています。

普段は自治体向けの財務会計システムの導入を主に仕事をしています。

神戸を地点として、九州から関東までお客さんのところにおもむき、システムのデモンストレーションや社内で開発してテストまで完了したものを実際にお客さんの環境に導入したりしています。

繁忙期になるのは、導入前の開発のときではなく、導入したあとにお客さんからの問い合わせの対応が一番忙しいときになります。

導入前に決まっていたことがやっぱりこうしたいということで変更になったり、バグの発生でお怒りの電話がきたりということが主です。

そういったときに如何に冷静に迅速に対応できるかが肝となります。

「としき」さんの仕事のカバンの中身

スマートでかっこいい仕事のカバンの中身

仕事のカバンの中身の一覧

  1. バックパック(NIXON JP Small Landlock Backpack NC56)
  2. 手帳(7つの週間 入門手帳 2020)
  3. キャンパスノート(コクヨ セミB5 A罫7mm)
  4. キャンパスノート(コクヨ セミB5 B罫6mm 100枚 ノ-10BN)
  5. ペンケース(コンバース:Convers)
  6. ボールペン0.5mm(ジェットストリーム)
  7. 消しゴム(トンボ鉛筆 モノ:MONO)
  8. シャープペンシル(三菱シャープ VERYシャ楽 M5-100)

コンセプトは「スマートでかっこいいカバン」


仕事のカバンの中身のこだわり

社会人一年目のときはネットで検索して、社会人として必要なものを買いに行って揃えました。

それ以外だと仕事をする上でこれがほしい、あれがほしいということが何度かあったのでその場その場で必要なものを買っていました。

また、会社の先輩や後輩と会話をする中でこれを持っていたほうがいいよといった助言をもらうことが何回かあったのでそのときにこれあったら便利だなと思うようなものは買いました。

特に必要であるものしか入っておらず、これは使わないであろうといったものはいれていないのでカバンは常にスペースがある状態です。

私としては必要なものがまだいくつかあるはずですがそれがわからないのでこのアンケートを気にカバンの中身に対しての意識を持ち、さらに充実したカバンの中身になるようにしていきたいと思います。

「としき」さんが仕事のカバンを選んだ理由とポイントは?

バックパック(NIXON JP Small Landlock Backpack NC56)
社会人になったときのカバンは手提げのカバンで黒色のよく就活生が使うようなカバンでした。

しかしそれだと片手がふさがってしまい、不便であったというのといつまでも就活生のようなカバンを持つことが嫌になったというのもあり、現在のニクソンのカバンを買うことになりました。

私の会社では特にカバンに指定はなくかなり、派手でなければなんでもよいうというスタンスであったので、私が好きであったブランドのカバンを買いました。

やはりリュックだと片手のカバンと比べて同じぐらい重いものを入れても軽く感じますし、移動するときはとても楽になりました。

また両手が使えるようになったことで自由度が増し、仕事も移動中にできたり、スピードもはやくなりました。

「としき」さんの仕事のカバンの中身で一番のお気に入りは?

ペンケース(コンバース:Convers)
私の一番お気に入りのカバンの中身は筆箱です。

この筆箱は特に高級なものでもなければ特別なものでもなくごく普通な筆箱なのですが、これが一番のお気に入りなのかというと学生時代から使っているお気に入りの筆箱だからです。

これは僕が大学に合格したときにおばあちゃんからもらったもので、私は自分の家ではなくよくおばあちゃんの家で勉強していたので受験勉強の思い出にはおばあちゃんが必須です。

いつも励ましてくれたり休憩時間におやつなどを持ってくれていて、そんな中頑張って大学に合格しておばあちゃんもすごく喜んでくれて、大学の勉強にぜひこの筆箱でもっと勉強して頑張ってねという思いが詰まっています。

なので私はこの筆箱が一番のお気に入りです。

「としき」さんの仕事のカバンの中身で意外と活躍しているものは?

7つの週間の入門手帳
わたしは幼い時から手帳が好きでいつもどこにでも手帳を持っていくほど手帳が好きでした。

仕事のときでも何かあれば手帳にすぐ書きますし、メモをとるときもメモ帳に書くのではなく、手帳のメモ欄にメモをすることが多いです。

メモ帳も買ってはいるのですが、やはり手帳のほうが書きたいと思いますし、何より手帳に何かかけるということがとても好きだからです。

手帳はふつうは予定がはいれば、その都度手帳の該当する日付のところにスケジュールを埋めていくものですが、私の場合はまだ決まっていない仮のスケジュールをとりあえずいれていきます。

そして、実際にどの日付になったときにその目標としていたことができているかどうかを一年の終わりに確認することが年末の楽しみでもあります。

最後に「としき」さんの仕事のカバンの中身の今後について

私は仕事がら色々な資料をカバンにいれて持ち運ぶことが多いので、いつもカバンの中身が資料だらけになってしまいます。

月ほどで整理整頓はしているのですが、それでもカバンの中の資料の量がまったく減らないので、何か資料を整理できるようなアイテムを購入したいなと思います。

それかカバンを買い換えて色々収納スペースがあるビジネスバッグを勝って、資料の整理をしながら仕事ができれば仕事もスムーズにできるのではないかと考えています。

今の私としてはカバンの中身を変えるというよりも、カバン自体を変えることでカバンの中身を変えるということを2020年の目標にしようかなと思います。

今はニクソンのリュックを使っているため収納スペースが小さいのでもっと収納できるようなカバンに買い変えようと思います。







-男性の仕事のカバンの中身

Copyright© デジタルガジェットライフ , 2020 All Rights Reserved.