男性の仕事のカバンの中身

どこでも仕事ができるベテランのマーケティング企画の持ち物:53歳男性のカバンの中身

2020年2月27日

神奈川県にお住いの53歳男性「chacha」さんの「仕事のカバンの中身」のご紹介です。

「どこでも仕事ができるカバンの中身」というタイトルの「仕事のカバン」にはどのようなアイテムが入っているのか、「カバンの中身」を見ていきましょう。

「chacha」さんのプロフィール


現在の仕事の基本情報

  • 業種:メーカー系(電気・電子・機械系)
  • 職種:マーケティング
  • 従業員規模:~10名
  • 年収:800万円~900万円未満
  • 役職:マネージャー
  • 雇用形態:正社員
  • 在籍期間:5年以上

現在の仕事の内容

エレクトロニクス関連業界で企画及びマーケティング業務を約20年経験しております。

これらの業界について製品及び部品サイドからの多角的なマーケティングや企画業務に精通しており、新製品及び新規注力製品の販売戦略の立案を行い、マーケティング戦略を推進しています。

その他には新規顧客及び特約店の開拓のため展示会で製品を出展し、販売推進活動を行ったり、担当市場に対してマーケットリサーチを行い、新製品をリリースや営業部門へマーケティング情報の提供を行い売上に貢献するなどを全般を個なっています。

「chacha」さんの仕事のカバンの中身

どこでも仕事ができる環境づくりをした仕事のカバンの中身

仕事のカバンの中身の一覧

  1. リュック(VICTORINOX VX Sport Collection 31105001)
  2. ノートパソコン(Lenovo:型式不明)
  3. モバイルバッテリー(hoco .accessory UPB03 POWER BANK)
  4. ボイスレコーダー(OLYMPUS Voice Trek V-801)
  5. ポータブルACアダプター(kuruko 01)
  6. USB2.0 micro-Bケーブル(ELECOM U2C-AMBF2U08BK)

コンセプトは「どこでも仕事ができる環境づくり」


仕事のカバンの中身のこだわり

仕事用のカバンはノートパソコンが収納できるリュックタイプにこだわっています。

ノートパソコンを持ち歩くのですが、長時間、ショルダーバックにパソコンを入れて歩くと腰に負担がかかりますが、リュックは負担がかからずに持ち運ぶことができます。

また急いでいる時にリュックの方が楽に走ることができます。またカバンの中身ですが、どこでも仕事ができるような体制にしています。

ノートパソコンはもちろんですが、外出中にスマートフォンの電池がなくなっても困らないようにモバイルバッテリーやケーブル類を持ち歩いています。

また仕事上、外国人と会うこともあるので、ミーティングの内容などを後でレビューできるようにレコーダーも持ち歩いています。

「chacha」さんが仕事のカバンを選んだ理由とポイントは?

リュック(VICTORINOX VX Sport Collection 31105001)
まず、このかばんを選んだ理由ですが、私はVICTORINOXのブランドのバッグが好きだからですが、仕事用のカバンの他にVICTORINOXのキャリーバッグも持っています。

個人的にはVICTORINOXのバッグは収納性に優れていると思います。

このバッグのポイントは、まず外側の両サイドに収納ポケットが2つあり、ここにペットボトルや折り畳み傘を収納することができ、内側にはノートパソコンが収納できる部分があり、また小さなポケットがいくつもあるので、収納性に優れています。

外出先でのミーティングなどでもいろいろなものがすばやく出し入れができ、リュックの厚みを調整できるのでコンパクトにすることもできます。

「chacha」さんの仕事のカバンの中身で一番のお気に入りは?

ノートパソコン(Lenovo:レノボ)
一番気に入っているアイテムはlenovoのノートパソコンです。

一般的に15.1インチのパソコンのキーボードはテンキーが付いており、重量感もあるのでモバイルで持ち歩くには抵抗がありますが、このG40のモデルは14インチでキーボードにテンキーがついていないので、軽量化されています。

Microsoft Officeでいろいろな作業をすることがあるのですが、特に支障なく作業をすることができるディスプレイサイズのパソコンだと思います。

標準のスペックだとメモリの容量に少々不安があったので、私のパソコンはメモリを増設しています。

コンセントがないお店で仕事をする時があるのですが、バッテリーは5時間ぐらい持つので、優先順位をつけて作業をすれば、問題はありません。

「chacha」さんの仕事のカバンの中身で意外と活躍しているものは?

モバイルバッテリー(hoco .accessory UPB03 POWER BANK)
意外と活躍しているアイテムはモバイルバッテリーになります。

外出先で電源が確保できない場合、何らかの作業を擦る時はパソコン・スマートフォンの順番で作業してバッテリーを減らしていくことになるのですが、作業以外でも普通にスマートフォンを使用するので、ほぼパソコンとスマートフォンのバッテリーが同時になくなります。

そうなると非常に不便な状況になり、何もできなくなってしまいますが、モバイルバッテリーを購入後はその不安がなくなり、私のモバイルバッテリーはスマートフォンの満充電が2回できる容量なので活躍しています。

モバイルバッテリーを持っていれば、スマートフォンの充電をし忘れた時や充電器を忘れた時にも使用できます。

最後に「chacha」さんの仕事のカバンの中身の今後について

カバンの中身で減らしたいものは紙の書類で、紙の書類は量が多くなればなるほど重くなるのでさすがにリュックでも体力的につらい時がありますし、書類の量が多くなれば他の物が物理的に入らなくなります。

1泊の出張がある場合、紙の書類が多いため、1泊分の着替えなどが入らないことがよくありますし、紙の書類の種類が多くなると、探すのにも時間がかかり、時間効率も悪くなります。

パソコン1台持っていればコミュニケーションする情報量としては十分なのですが、紙でのやりとりを希望する企業も少なくはありません。

ペーパーレスの時代ですが、まだまだ日本企業は紙の文化が根強いので、できるだけ早くペーパーレス化になってほしいと思います。







-男性の仕事のカバンの中身

Copyright© デジタルガジェットライフ , 2020 All Rights Reserved.