男性の仕事のカバンの中身

企画営業職「社会人2年目のミニマルスタイル」な仕事の持ち物:23歳男性のカバンの中身

2020年6月7日

東京都にお住いの23歳男性「けん」さんの「仕事のカバンの中身」のご紹介です。

「ミニマリストスタイル」というタイトルの「仕事のカバン」にはどのようなアイテムが入っているのか、「カバンの中身」を見ていきましょう。

「けん」さんのプロフィール


現在の仕事の基本情報

  • 業種:サービス系
  • 職種:営業職
  • 従業員規模:1001名~
  • 年収:300万円未満
  • 役職:特になし
  • 雇用形態:正社員
  • 在籍期間:2年未満

現在の仕事の内容

2019年に大阪の大学を卒業し、時を同じくして就職を機に上京してきましたが、現在の職について2年目になります。

現在はサービス企業において、スポーツイベントの運営を行うプロジェクトチームにて、受注先との折衝とそれに伴うオペレーションの業務を担当しています。

仕事柄、スポーツの分野に興味があり、私自身も高校まで野球をやっており、今でもスキューバダイビングなどで体を動かしています。

仕事柄ブラックと思われがちな業界ですが、会社自体は比較的ホワイトな企業で、そこまであからさまな体育系ではなく、むしろ優しすぎて変化をすることを嫌う中高年の集まりと化しているレベルで平和な職場です。

話がそれてしまいましたが、仕事もそれなりに好きなことをやれてプライベートとそこそこ両立できるような毎日を送っているサラリーマンであるという程度で思っていただけると幸いです。

「けん」さんの仕事のカバンの中身

営業職のミニマリストスタイルな仕事のカバンの中身

仕事のカバンの中身の一覧

  1. 3Wayビジネスバッグ ブリーフケース(ANA DESIGN BLACK LINE)
  2. モバイルバッテリー(PZX 12000mAh)
  3. 2つ折り財布(Morelli)
  4. ノートパソコン(DELL New Vostro 14 3000(3491) プレミアムモデル)
  5. 名刺入れ(ノワール)
  6. クリップボード(Penco CLIP BOARD MASTER PEACE 235㎜×175㎜)

コンセプトは「コンパクトと収納ポケットの多さ」


仕事のカバンの中身のこだわり

仕事カバンについては東京の通勤電車に乗るのに大きなバックは不便だと思い、あまり大きくなりすぎないようなサイズにしたいというのが大前提でした。

このバックの大きさでA4サイズの紙を折ることなくすっぽり入る程度の大きさです。

出張先に持っていく資料が多くなることもあり、自分の荷物はそこまで多くしたくないため、写真のようにPC、手帳、財布、その他小物数点で仕事に必要最低限のものに抑えています。

中身は小物が中心のため、収納ポケットの数が比較的あればいいなと思い、サイズの次に優先順位を付けました。

仕事柄PCを持ちながら外回りをすることがあるので、PCの収納スペースがついていることは必須でした。

今のバックはサイズもちょうどよく、収納ポケットもたくさんあるので気に入っています。

「けん」さんが仕事のカバンを選んだ理由とポイントは?

3Wayビジネスバッグ ブリーフケース(ANA DESIGN BLACK LINE)

仕事に使うバックは、リュックとして使える機能がついていることを前提に選びました。

このバックはリュックと手持ち、付属のストラップを使えばショルダーとしても使えますので、場面によって使い分けができるので使い分けができるのはありがたいです。

そのほかの点については上記でも少し触れましたが、大きすぎず必要最低限のものが入る程度のサイズであること、所持品が小物が多いので収納ポケットとPCの収納ポケットがついているのも選ぶポイントでした。

実はこのバックは2つ目で、その前はユニクロの「3WAYバッグ」を使っていました。

収納ポケットが多くて便利だったのですが、型掛けのベルトが簡単に伸びてしまい、型があまりしっかりしておらず、立てておいても簡単に倒れてしまうので買い替えようと決意して今のバックを使ってます。

このバックはベルトも頑丈でPCを入れても全く伸びません(しかも調整も簡単にできます)、それに型もしっかりしていて立てておいてもちゃんとそのまま立ってくれます。

そしてありがたいことに防水加工になっており、中身に染みることがないのも気にいってます。

「けん」さんの仕事のカバンの中身で一番のお気に入りは?

クリップボード(Penco CLIP BOARD MASTER PEACE 235㎜×175㎜)

Penco CLIP BOARD MASTER PEACE A5サイズのバインダー用のボードで、普段はこれを手帳代わりに使っています。

バインダー機能以外にも小さい用紙を入れるためのポケットがついています。

まりとスケジュールが直近にならないと決まらない事情もあり、カレンダー付のノートを持ち歩くよりは使い捨てのメモ用紙をどこでも使えるようにできる状態にしておいた方が便利な為、このボードを使っています。

他の人に用紙を回すときや置手紙にも利用できるので気に入ってます。

デスクで利用することもあれば、外の現場視察などで使うこともあり、下敷きがわりに使うこともあるので助かってます。

大きなスケジュール等は携帯のカレンダー機能を使っているため、携帯に集約できる情報はできるだけ集めて、手持ちのものをコンパクトにできるようにしています。

「けん」さんの仕事のカバンの中身で意外と活躍しているものは?

モバイルバッテリー(PZX 12000mAh)
PZX 12000mAh 大容量 モバイルバッテリー、一回の充電でスマホを4回分の満タン充電することが可能です。

仕事柄外出先では毎回と言っていいほどPCを使っています。

メールをチェックのためにインターネットにつなぐことも日常茶飯事のため、テザリングを毎日長時間利用しています。

それに加えて電話をかけたりと、スマホの充電がかなり速いペースで消耗しています。

スマホが使えなくなると電話ができなかったり、メールも使えなくなりと散々な結果になるのは避けたいため、1日中オフィスにいる日でも、必ずと言っていいほど常に持っています。

毎日使うたびに充電するのは正直面倒なので、ある程度容量があって充電も速いので、今のバッテリーは重宝しています。

最後に「けん」さんの仕事のカバンの中身の今後について

特に変えたいと思うのはないのですが、強いて言うのであれば折り畳み傘をついかしておきたいと思っています。

東京なので通勤するときは屋根伝いで通勤できるのであまり気にする必要はないのですが、外回りの時に雨が降ったりするとさすがに通勤の時のようには行きません。

実はバックの中にはペットボトルのホルダーと外側に折り畳み傘のホルダーがついていますが、機能を存分に使えておらずじまいでした。

幸いなことにあまり雨の日が多くなく、必要な時があまりなかったのですが、急に必要な時に備えて追加したいアイテムです。

一般男性がすっぽり覆えるくらいの大きさの折り畳み傘(ビニール傘の75㎝程度の大きさ)のものが欲しいのですが、なかなか見つからずだったので早く見つけて持ち運びたいと考えています。







-男性の仕事のカバンの中身

Copyright© デジタルガジェットライフ , 2020 All Rights Reserved.