PCモニターのレビュー

AOC AG322FCX/11ゲーミングモニターのレビュー!使ってみた感想は「144Hzの応答速度とLEDの光は病みつき!」と感じた

山形県にお住いの26歳男性から2020年1月頃に購入されたAOC AG322FCX/11ゲーミングモニターを実際に使ってみたレビューをご紹介します。

ゲーミングモニターを欲しいと思ったきっかけ

地元のパソコン工房でセールをしていたので衝動買いをしました。

普段からオンラインゲームをやっていて、主にやっているタイトルは「Apex Legends」「Alliance of Valiant Arms」「Monster Hunter World」「Rocket league」などです。

今まではBENQの27インチ60Hz(型式は忘れました)のモニターをメインで使っていました。

ネトゲ仲間から「144Hzモニターを使えば強くなれる!」という話を聞いて興味はあったものの、27インチ以上の144Hzとなると金額的に手が出ませんでした。(相場は4万円程)

今回購入したAOCのモニターはセールで3万円をきっており、冬のボーナスも余っていたため購入に踏み切りました。

あまり聞きなれないメーカーですが、動作も発色も問題はなく、現在も快適にゲームをプレイできていて、27インチ以上のゲーミングモニターとしてはコスパは最強だと思います。

ゲーミングモニターの候補にあがっていたもの

本当はEIZOのハイスペックモニターが欲しかったのですが、金額的に断念せざるを得ない状況でした。

安い144HzモニターはASUS、MSI、BENQなどゲーマーにとって聞き慣れたメーカーが沢山あるのですが、おそらく知り合いで誰も使っていないであろうモニターを使ってみたいと思いました。

しかし、失敗したらどうしようという気持ちもありました。

誰もが知っている定番のモニターを買うか、聞いたことのないメーカーで冒険するか悩みました。

AOC AG322FCX/11

EIZO FlexScan EV2760

MSI Optix G271

AOC AG322FCX/11ゲーミングモニターに決めた理由

AOC AG322FCX/11ゲーミングモニターの化粧箱
1番は「144Hz」「27インチ以上」「かっこいい」という条件の中で1番安かったからです。

モニターの下フレームにLEDが内蔵されてあり、LEDは赤・青・緑の3色から選ぶことができ、点灯モードも変えることができますので、厨二心をくすぐられました。

LEDが邪魔な場合はもちろんオフにすることもできます。

当時はRazerのデバイスでパソコン周りを統一していたこともあり、緑色に光るモニターは魅力的に感じました。

AOC AG322FCX/11ゲーミングモニターのスペック

AOC AG322FCX/11ゲーミングモニターのスペック

スペック

  • 液晶モニターサイズ:31.5型
  • パネルタイプ:ノングレア(反射防止)
  • 有効表示領域(横x縦):698.4 (H)×392.85 (V)mm
  • 推奨解像度:1920x1080@60Hz(VGA)、1920x1080@144Hz(Daul-Link DVI)/HDMI/DP)
  • 最大表示色:約1,677万色
  • 視野角:水平178°垂直178°
  • 輝度:250 cd/m2
  • コントラスト比:3,000:1
  • スーパーハイコントラスト比(DCR):80,000,000:1
  • 応答速度:21ms
  • 応答速度(オーバードライブ時):4ms
  • HDCP対応:対応
  • 消費電力(Typ.):使用時:45W・スタンバイ時:0.5W以下
  • VESA DPM:対応
  • 接続方式:D-Sub15ピン・DVI・DisplayPort・HDMI
  • プラグ&プレイ:VESA DDC2B & DDC2B/CI
  • ヘッドフォン端子:対応
  • VESAマウント:100x100mm
  • ケンジントンスロット:対応
  • 本体重量:9.0kg
  • 本体寸法(W)×(H)×(D):721.2 x 529.6 x 242.9
  • チルト:-5.5~23.5度
  • 公式サイト:https://agon.aocmonitorap.com/jp/product_ag322fcx.php

私はセールなどもありましたので、新品で価格は29800円で購入することができました。

AOC AG322FCX/11ゲーミングモニターを実際に使ってみた

AOC AG322FCX/11ゲーミングモニターの付属品
ゲーム用途で買ったモニターですので、もちろんゲームをメインとして使っていますが、ゲーム中は何のストレスもなくプレイすることができます。

思いがけない副産物なのですが、モニターは31.5インチで大きめなので映画やアニメを寝転んで観るのも適しています。

最近は週末にAmazon Prime Videoの洋画とアニメを見ることにハマっていますが、寝転んで観ているため、寝落ちすることが度々ありますが至福のひと時ですね。

使ってみて気に入っているところ

「購入した商品に決めた理由」でも述べましたが、モニターの下フレームにLEDが内蔵されていて、視覚的にも楽しめるとこrです。

やはり、Razerでパソコン周りを統一していたので、パソコンデスクを見栄えで楽しむこともできるのは、プライベートならではの楽しみです。

ゲームを楽しむためにも、見た目はとても重要な要素ですね。

こんな方にはおすすめしたい

  • 安いゲーミングモニターが欲しい人
  • 144Hz駆動のゲーミングモニターが欲しい人
  • 大きいゲーミングモニターが欲しい人
  • かっこいいゲーミングモニターが欲しい人
  • 誰も使っていないモニターを使ってみたい人

使ってみて気に入らなかったところ

個人的にモニターが湾曲している必要はないと思います。

慣れれば湾曲モニターも一般的なモニターもどちらも一緒だという考えなのですが、仕事では会社で普通のモニターを使い、家では湾曲モニターを使っていると目がおかしく感じる時があります。

パソコンをあまり使わない仕事の方は、どちらのモニターを使っても問題はないと思います。

デスクワークをしている方は仕事もプライベートも同じ形状のモニターを使ったほうがいいと思います。

こんな方にはおすすめしない

  • 発色を気にする作業を行う人
  • ゲームをしない人
  • LEDが邪魔だと思う人
  • 湾曲モニターが嫌いな人
  • 安全・安心の有名メーカーの商品を使いたい人

AOC AG322FCX/11ゲーミングモニター購入後の生活

60Hzモニターから144Hzモニターに変わったことにより、敵の動作がより先に見える為、キルレートが上がりました。

FPS、TPS、格闘ゲームなどの瞬発力が必要となるゲームには最適のモニターで、自分が強くなれるとその分モチベーションも上がりますし、モチベーションが上がるとゲームのやりこみ度も上がります。

やりこみ度が上がれば長時間ゲームに熱中できますが、つまり何が言いたいかというと、「ゲームのやり過ぎには気を付けような!」







-PCモニターのレビュー

© 2021 デジタルガジェットライフ