マウスのレビュー

ENDGAME GEAR XM1ゲーミングマウスのレビュー!使ってみた感想は「神エイムが欲しい人必見!軽くてフィット感物群!」と感じた

高知県にお住いの22歳男性から2020年に購入されたENDGAME GEAR XM1ゲーミングマウスを実際に使ってみたレビューをご紹介します。

ゲーミングマウスを欲しいと思ったきっかけ

私はr6sというFPSをしているのですが、大会でも上位に入ることもあり、最高3位までいきました。

しかし、プロチームの方のエイム力には及ばず、悔しかったので、自分が使うデバイスはちゃんと選ぼうと思い、今まで10個以上ゲーミングマウスを買ってきました。

ですが、どれも「あとちょっとここがこうだったらいいな」という思いに答えてくれず、しっくりこなかった期間が長く続きました。

そんな時、自分がやっているゲームの有名なプロゲーマー達がTwitterで良いといっていたので気になり、購入しました。

ゲーミングマウスの候補にあがっていたもの

左右対称や非対称はあまりこだわりはなかったのですが、手が小さいので、手が小さくてもしっかりフィットして、いちいち持ち直したりしなくてもいいマウスを探していました。

razer death adder eliteや zowie s2もAmazonで評価が高いので悩みましたが、とにかくマウスは手にフィットすることが私の中での基準でした。

実際に全部買って試しましたが、1番ストレスなくマウス操作に集中できたのがxm1でした。

ENDGAME GEAR XM1

created by Rinker
エンドゲームギア(Endgame Gear)

Razer DeathAdder Elite

BenQ zowie s2

created by Rinker
ベンキュージャパン

ENDGAME GEAR XM1ゲーミングマウスに決めた理由

ENDGAME GEAR XM1ゲーミングマウスのサイドボタン
左右対称や非対称はあまりこだわりはなかったのですが、手が小さいので、小さくてもしっかりフィットして、いちいち持ち直したりしなくてもいいマウスを探していました。

決めた理由というか、こればっかりは実際に買って触って初めて分かるので、気になるマウスは一通り触ってきました。

有名どころもほぼ網羅しましたが、XM1のフィット感は群を抜いてよく、またクリック感もちょうどよく最高のマウスだと思いました。

表面の加工もグリップ感があり、優秀です。

ENDGAME GEAR XM1ゲーミングマウスのスペック

ENDGAME GEAR XM1ゲーミングマウスのスペック

スペック

  • 形状:左右対称 右利き用 有線
  • ボタン:5個
  • センサー:PixArtPMW3389 光学式
  • CPI(DPI):50-16,000CPI (ソフト+底面ボタン切替)
  • ポーリングレート:250 / 500 / 1000Hz (底面ボタン長押し切替)
  • クリック遅延:1ms以下
  • 最大加速度:50G
  • 最大認識速度:11.43m/s (450IPS)
  • リフトオフディスタンス:2mm or 3mm (ソフト切替)
  • スイッチ:オムロン (5000万回耐久)
  • 重量:70g
  • 大きさ:122.14 × 65.81 × 38.26mm (L W H)
  • ケーブル:約180cm ビニール
  • 接続:USB2.0 USBタイプA
  • 素材:ABS樹脂、テフロン (ソール)
  • 表面処理:ドライグリップコーティング
  • ソフトウェア:対応 (ダウンロード)
  • 公式サイト:https://archisite.co.jp/products/endgame-gear/xm1/

私は新品で購入しましたが、価格は6974円でした。

created by Rinker
エンドゲームギア(Endgame Gear)

ENDGAME GEAR XM1ゲーミングマウスを実際に使ってみた

ENDGAME GEAR XM1ゲーミングマウスのLEDセンサー
dpiは400、800、1600、3200の4種類と昔のゲーミングマウスみたいですが、実際dpiはそこまで細かく選ぶ必要がなくとりあえず400か80〇でいいと言う感じです(FPSにおいては)

左右対称でフィット感がとても良く、クリック感やホイールのノッチ、表面のグリップ感も最高でした。

何より特筆すべきなのは、マウスのお尻が少し高くなっている事です。

ほとんどのマウスがお尻が高くないので、手のひらが浮く感じになり、それが個人的に嫌でしたが、このマウスはその欠点を補ってくれているのでとても良いです。

使ってみて気に入っているところ

まずは表面の質感ですが、ラバー加工のような感じで手汗でも滑らずしっかりグリップしてくれます。

クリック感もよくセパレートタイプなので持ち方を変えても問題が起きませんし、サイドボタンも親指に触れて誤爆する事もないのでとても快適でした。

サイドボタンの誤爆はかなり気になるので助かります。

あと、このマウスの特徴はお尻が高くなっているので、手にしっかりフィットしてずれません。

高くなっているおかげでサイドボタンも上に来て誤爆を防げれるようになってます。

こんな方にはおすすめしたい

  • サイドボタンの誤爆が気になる方
  • お尻の高いマウスを求める方
  • 手が小さい方
  • 思い通りのエイムを手に入れたい方
  • 1万円以下で求めている方

使ってみて気に入らなかったところ

このxm1はほとんど完璧に近い完成度で人を選ばないマウスですが、形状は左右対称でも右利きのみなのが少し残念です。

あとはマウスソールが少し大きく、角が立っているのでマウスパッドによっては引っかかる印象があるかもしれません。

コードは最近では当たり前になってきているヒモのような質感で、柔らかいですが、やっぱり少しだけクセが取れないので、そこも少し残念です。

ワイヤレスが出れば買って損はしないマウスだと思います。

こんな方にはおすすめしない

  • ワイヤレスしか無理という方
  • dpiを細かくいじりたい方
  • お尻が高いのが嫌な方
  • 左右対称の形が嫌な方
  • 左利きの方

ENDGAME GEAR XM1ゲーミングマウス購入後の生活

エイムの安定感が大幅に向上しました。

ローセンシからハイセンシまで色々試しましたがとても安定し、キルレシオも0.3ほど上がり、ゲームのランクも最高までいきました。

手にフィットしすぎてマウスを持ってることを忘れるかのような握り心地で、もっと早く発売されていればと思いました。

普段使いにもとてもよく、ゲーミングマウス特有のピカピカ光る事もないのでシンプルでカッコいいです。

ヘッドショット率も少し上がったのでこのマウスのおかげです。

created by Rinker
エンドゲームギア(Endgame Gear)







-マウスのレビュー

© 2021 デジタルガジェットライフ