キッチン家電のレビュー

ティファール アプレシアプラス KO6301P電気ケトルのレビュー!使ってみた感想は「便利で安全な電気ケトル」と感じた

北海道にお住いの24歳男性から2021年4月頃に購入されたティファール アプレシアプラス KO6301P電気ケトルを実際に使ってみたレビューをご紹介します。

電気ケトルを欲しいと思ったきっかけ

コーヒーやお茶を家で飲むのはたいてい朝食のときと夕飯のときくらいなので、今まではやかんに水を入れてガスで沸かしていました。

保温もできる電気ポットもあるのですが、ポットでお湯を沸かしても使い切れずに残ったお湯を捨てたりしてました。

また、ポットのお湯よりはその場で沸かしたお湯の方がおいしく感じるので、使う分だけやかんでお湯を沸かしていたのですが、ガスだと沸騰したらすぐに火を消さないと危ないので電気ケトルが便利なのではないかと思い、購入することにしました。

電気ケトルの候補にあがっていたもの

今まで電気ケトルはビジネスホテルの部屋に置いてあるのを使ったことがあるくらいだったので、まずはネットで口コミを読みました。

ティファールとタイガーのものが評判が良いようなので、実際に家電量販店に行って見てみました。

正直、お湯がちゃんと沸けばメーカーにこだわりはなかったのですが、タイガーは頑丈そうですが少しごつい感じ、ティファールはシンプルで手に持った感じがしっくり来たので、ティファールの電気ケトルにしました。

ティファール アプレシアプラス KO6301P

タイガー 電気ケトル PCL-A100 AS

ティファール KO4418JP

ティファール アプレシアプラス KO6301P電気ケトルに決めた理由

ティファール アプレシアプラス KO6301P電気ケトルの外観

タイガー製かティファール製かで少し迷いましたが、タイガーは少しごつい感じがして、手に持った感じがティファールの方がしっくり馴染んだのでティファールの0.8リットルの電気ケトルに決めました。

注ぎ口の先端がとがっていて、細くお湯を注げるのもポイントです。

フタが本体とくっついているのも、水を入れるときに便利だと思いました。

値段はタイガーの方が1,000円くらい安かったのですが、毎日使うものなので使いやすそうなティファールにしました。

ティファール アプレシアプラス KO6301P電気ケトルのスペック

ティファール アプレシアプラス KO6301P電気ケトルのスペック

スペック

  • 本体サイズ(高さ×幅×奥行):約190×220×150mm(全体)
  • 電源コード長さ:約1.3m
  • 本体重量:約0.84kg(全体)
  • 容量:0.8L
  • メモリ付き窓:有
  • 沸騰時間(1杯):約53秒
  • 沸騰時間(満水):3分45秒
  • 保温機能:無
  • 蒸気セーブ/カット機能:無
  • カルキ飛ばし機能:無
  • 給湯ロック:無
  • 転倒防止機能:無
  • 空炊き防止機能:無
  • 公式サイト:https://www.t-fal.co.jp/products/kettles/kettles/aprecia_plus_white630/

私は新品で購入しましたので、価格は4,750円でした。

ティファール アプレシアプラス KO6301P電気ケトルを実際に使ってみた

ティファール アプレシアプラス KO6301P電気ケトルの使用感

お湯を使うときは、ポットに保温してあるお湯ではなくその都度沸かしたいタイプなので、この電気ケトルは想像以上に便利です。

お湯の量がわかる目盛りの部分にコーヒーカップのイラストが書いてあるので、パッと見てカップ1杯分、カップ2杯分と沸かす量を確認できるのも良いです。

ガスと違って電気なので危なくないし、朝のコーヒーや夕飯の食後のお茶を飲むときに使っています。

手元のスイッチを押すと、ものの数分で沸騰するので、簡単で速いです。

使ってみて気に入っているところ

電気ケトルは初めて購入しましたが、思った以上に便利です。

使う分だけ水を入れてスイッチを入れると数分で沸騰し、勝手に電源が切れるので、ガスと比べて安全です。

注ぎ口が細く、ケトルを多少傾けてもドバッとお湯が飛び出してくることがないのがとても気に入っています。

注ぎ口にもカバーがついていて注ぐときに水の力で開くので衛生的で、軽くて持ちやすく安定しているので、使いやすいです。

こんな方にはおすすめしたい

  • ティファールユーザーの方
  • 電気ケトルを使ってみたい方
  • 電気ケトルを買い替えたい方
  • 電気で安全にお湯を沸かしたい方
  • 使う分だけお湯を沸かしたい方

使ってみて気に入らなかったところ

ケトルのフタが本体とくっついているので、水を入れるときにパカッと開いて片手で持ったまま使えて便利だし、何かの拍子にフタが外れて熱湯が飛び出して危険ということもなく良いのですが、お手入れをするときはちょっと不便かもしれません。

ケトルの中の汚れを洗うのに、フタがジャマです。

水しか沸かさないのでケトルの中はそんなに汚れませんが、たまにはキレイにしたいのです。

腕というか手は入るのでポットの中を洗うことはできますが、フタがジャマなのが残念です。

こんな方にはおすすめしない

  • いちいちお湯を沸かすのが面倒な方
  • お湯を保温したい方
  • 日本のメーカーが好きな方
  • たくさんお湯を使う方
  • ガスでグラグラに沸騰したお湯を使いたい方

ティファール アプレシアプラス KO6301P電気ケトル購入後の生活

欲しい分だけすぐにお湯が沸いて、ガスと違って電気なので安全で、とても便利に使っています。

食卓テーブルの上に置いても、シンプルなデザインのケトルなのでなじみます。

やかんで沸かしていたときは、やかんそのものも熱くなるし沸騰したら自分で火を止めなくてはならなかったし、今思えばずいぶん面倒なことをしていました。

キッチンのガスレンジで沸かすのと違い、家の中のどこでも使えるのも便利なので、やかんはすっかり使わなくなってしまいました。







-キッチン家電のレビュー