プリンターのレビュー

エプソン カラリオ PX-049Aプリンターのレビュー!使ってみた感想は「家族満足のプリンタ」と感じた

愛知県にお住いの57歳男性から2021年1月頃に購入されたエプソン カラリオ PX-049Aプリンターを実際に使ってみたレビューをご紹介します。

プリンターを欲しいと思ったきっかけ

以前はパソコンを使ってCD-RやDVD-Rへのレーベル印刷等をしていたので、高価なプリンタを所有していました。

しかし、インクジェット方式で6色インク仕様のためインク交換頻度が多く、維持費が高く掛かっていました。

維持費削減のために安価な互換インクを使用するようになり、それが原因でインクつまりが発生して、使用できなくなりました。

そのため買い替えが必要となりましたが、最近では高機能である必要はないと思い、安価なプリンタを探していました。

プリンターの候補にあがっていたもの

これまでプリンタを長く使ってきた経験から、最近のプリンタの性能は十分だとわかっていましたので、低価格優先で満足できるものであれば良いと考えていました。

そのため、メーカは品質重視でエプソンかキャノンと決めており、維持費の面でインク代が安くなるように4色インクの仕様のものを探しました。

エプソンとキャノンでは共に信用のある国産メーカでありライバルでもあるので、性能に特に違いは無く、最後は好みで決めました。

エプソン カラリオプリンター PX-049A

エプソン カラリオプリンター PX-049A

エプソン カラリオ PX-049Aプリンターに決めた理由

エプソン カラリオ PX-049Aプリンターのサイズ感
これまでプリンタを長く使ってきた経験から、最近のプリンタの性能は十分だと思っていましたので、低価格優先で考えていました。

そのため、メーカは品質重視でエプソンかキャノンと決めており、維持費の面でインク代削減の為に4色インクの仕様のものを探しました。

エプソンとキャノンでは共に信用のある国産メーカでライバルでもあるので、性能の違いは特に無く、最後は好みで決めました。

エプソン カラリオ PX-049Aプリンターのスペック

エプソン カラリオ PX-049Aプリンターのスペック

スペック

  • 対応インク:RDH-4CL シリーズ(リコーダー)
  • プリント解像度:5760×1440dpi、消費電力:約12W(スタンドアローンコピー時)
  • インク色数:4色
  • 印刷サイズ:最大A4
  • 給紙方法:[背面トレイ] A4:最大50枚(75g/m2)、ハガキ:最大20枚
  • 接続方法:無線LAN、USB
  • 機能:コピー/スキャン/プリンタ 機能
  • 給紙:背面給紙
  • 液晶:なし / スマホプリント対応
      ワイヤレスでプリント&スキャン、コピーのお手軽モデル
      プリンタ解像度:5760dpi、用紙サイズ:L判~A4
  • 公式サイト:https://www.epson.jp/products/

私は中古で購入しましたので、価格は16,000円でした。

エプソン カラリオ PX-049Aプリンターを実際に使ってみた

エプソン カラリオ PX-049Aプリンターのスキャン面
基本的にはワード、エクセル等で作成した文書の印刷を中心に使用しているので、4色インク仕様ですが、黒色印刷でもよい場合には白黒印刷に徹底することで、インクの交換費用を少しでも抑えるようにしています。

交換要のメッセージが出るまでは交換せず、インクの量が少なくなると残量表示がでますが、その後もしばらく印刷可能な分の最後までインクを使い切るようにしています。

PPC紙を入れる場所が本体上にあり、カバーを掛けて使うタイプなので、使用しない時にはホコリ侵入防止のためPPC紙を外してカバーを閉めるようにしています。

使ってみて気に入っているところ

机の上の棚におくため狭いスペースでしたが、本体が非常に小さく軽量なので、難なく置くことができセッティングが楽でした。

時には部屋を移動することもありますが、持ち運びにも便利なのに、小さい割にA4サイズのスキャナ機能もあるので助かります。

プリンタとしては安価な商品ですが、印刷物の出来栄えは特に気になりませんし、インクジェット方式の4色インク仕様なのでインク交換も比較的安く済むと思っています。

こんな方にはおすすめしたい

  • 置き場が狭い人
  • プリンタを持ち運び移動することが多い人
  • 安価な商品を探している人
  • 色合いに拘りが無い人
  • A4サイズまでの印刷しか必要としない人

使ってみて気に入らなかったところ

印刷時の音は比較的大きく、自宅で使用するには影響ありませんが、夜に使用する際には近所迷惑にならないかが気になります。

PPC用紙は本体上面のカバーを開けてセットする構造なので、使用しない場合はPPC用紙が曲がったり、本体へのホコリの侵入があったりすることが気になるため、PPC用紙を全て本体から戻してカバーを閉じるようにしています。

液晶画面はついていないので、スイッチボタンの操作はそれぞれの記号表示を理解しないと分かりづらいというところです。

こんな方にはおすすめしない

  • A3サイズまでの印刷を必要とする人
  • 色合いを非常に気にする人
  • レーザプリンタを望んでいる人
  • PPC用紙を本体内に収納することを望む人
  • 印刷時の音の大きさを気にする人

エプソン カラリオ PX-049Aプリンター購入後の生活

このプリンタは家族で使用するため、自分専用ではないので使用頻度が多く、使用用途も多種多様です。

そのため、家族みんなの要望を通すと高価なプリンタになってしまうので、ある程度は妥協してもらい、家族が納得できるものを選びました。

その結果、このプリンタにおける家族の不満は殆ど出ず、おおむね満足していますので、よい選択だったと思います。

WIFI機能も付いており、ストレスなくどこからでも即印刷開始できる点も好印象になりました。







-プリンターのレビュー

© 2022 デジタルガジェットライフ