ノートパソコンのレビュー

Jumper EZbook 3 Proノートパソコンのレビュー!使ってみた感想は「3万円以下でコスパ抜群の使い心地」と感じた

埼玉県にお住いの29歳男性から2020年1月頃に購入されたJumper EZbook 3 Proノートパソコンを実際に使ってみたレビューをご紹介します。

ノートパソコンを欲しいと思ったきっかけ

以前は15.6インチのvaioを使用していたが、Windows7のサポート終了と、テレワークの本格実施が予定されたことで、買い替えを余儀なくされました。

自宅と会社で持ち運ぶことを考慮し、出来るだけ軽いモデルが欲しいと思いつつも、surface goのように小さいモデルだと画面も小さくなるので、最低でもディスプレイが13インチあるようなモデルを探していました。

そのとき、いくつかのITサイトのレビューで中華製PCのコスパの良さが紹介されていて、迷わず購入しました。

ノートパソコンの候補にあがっていたもの

MacBook Proは購入価格が最大のネックになりました。

品質や携帯性は文句の付けようがなかったのですが、消耗品であることや、毎年新モデルが出ることによる値崩れのリスクを考慮して、購入は見送ることにしました。

長年Windowsを使用していたので、キーボード配列やショートカットキーが変わることもネックでした。

surface goは軽いものの、画面が10インチと小さいこと、その割には値段が高いことが購入見送りの理由でした。

Jumper EZbook 3 Pro

Apple MacBook pro 13-inch 2019

Apple MacBook Pro 2019
created by Rinker
Apple(アップル)

マイクロソフト Surface Go

Jumper EZbook 3 Proノートパソコンに決めた理由

Jumper EZbook 3 Proノートパソコンの液晶ディスプレイ
13.3インチと画面が大きいながらも質量1.3kgと比較的軽いことです。

そのほか、HDDではなくeMMCを搭載していることで、起動時や操作時が比較的高速になるかなと期待が持てたことも大きな決め手でした。

日本製のモデルでは、これくらいのスペックだと10万円前後の高額になってしまいますが、中華製のPCだと3万円を切る価格で購入することができました。

アフターサポートはやや不安でしたが、最悪諦めがつく金額なので思い切って買いました。

Jumper EZbook 3 Proノートパソコンのスペック

Jumper EZbook 3 Proノートパソコンのスペック

スペック

  • OS:Windows10 Home(日本語選択可)
  • CPU:Intel APOLLO LAKE J3455 Quad Core1.1GHz
  • グラフィック:Intel Graphics 500
  • RAM:6GB DDR3 RAM
  • ストレージ:eMMC64GB(128GBも選択可)M.2 SSDスロットルから拡張可
  • TFカード: MicroSD(最大128GB)
  • ディスプレイ:13.3インチ/IPS(16:9)1920×1080(FHD)
  • Wi-Fi:802.11b/g/n wireless internet
  • Bluetooth:4.0
  • インカメラ:200万画素
  • バッテリー容量:9600mAh Polymer Battery
  • ACアダプター:100-240V 12V 3A
  • サイズ:31.50×20.85×1.50cm
  • 重量:1.39kg

私は新品で購入しましたが、価格は29800円でした。

Jumper EZbook 3 Proノートパソコンを実際に使ってみた

Jumper EZbook 3 Proノートパソコンのキーボード
実際は自宅に固定しての使用が主になっていますが、週1回くらいは会社へ持ち運び使用しています。

自宅では常にacアダプターに挿し、給電しながら使用していますが、会社ではバッテリーを使用しながら業務しており、バッテリーの持ちはあまり良くなく、2時間持つかどうか、というところです。

インターネットの閲覧やos起動時はeMMCの効果か非常に高速で、ストレスなく業務を行うことができていますので、コストパフォーマンスに優れていると感じています。

使ってみて気に入っているところ

画面が13.3インチとちょうど良いサイズで、リュックにすっぽり収まるサイズで、1.3kgとそれなりに軽いので、腰への負担もあまりありません。

HD画素数できれいに表示され、満足しています。

中華製PCであり日本語表示がきちんとされるのか心配でしたが、標準で日本語imeが搭載されており、なんら問題ありませんでした。

この価格帯でeMMCが搭載されているので、重たい作業をするときも比較的快適に操作することができます。

こんな方にはおすすめしたい

  • コストパフォーマンスに優れている機種がほしい
  • ある程度ITリテラシーがある
  • サポートの質は重視しない
  • 筐体に高い金額を出したくない
  • HDDモデルは嫌だ

使ってみて気に入らなかったところ

バッテリーの持ち時間があまりなく、外出時の出先での作業には向かないなと感じています。

また、コロナウイルスの影響でweb会議を行うことが増えましたが、カメラの品質は良くなく、画像が不鮮明になります。

さらにカメラのついている位置が悪く、輪郭をきれいに映すためには、ノートパソコンスタンドなどで高さを調整する必要があるものと思います。

その他、キーボードの部品に安物が使われているのか、ガチャガチャと安っぽい音がします。

こんな方にはおすすめしない

  • 中華製は信用できない
  • サポートを手厚く受けたい
  • バッテリーの持ちは譲れない
  • ブランドを重視する
  • web会議を頻繁に行う

Jumper EZbook 3 Proノートパソコン購入後の生活

購入する前は2.0kg以上あるvaioを持ち運んでおり、重い荷物となっていましたが、重量が半分ちょっとになりましたので、持ち運びが大変楽になりました。

また、HDDモデルからeMMC搭載モデルとなり、起動時や操作時のもたつきがなくなり、ストレスが軽減されています。

Windows7からWindows10になり、セキュリティ面での懸念もなくなりました。

聞いたことない会社で大変不安でしたが、いまは概ね満足しています。







-ノートパソコンのレビュー

© 2021 デジタルガジェットライフ