ワイヤレスイヤホンのレビュー

SONY WF-SP900ワイヤレスイヤホンのレビュー!使ってみた感想は「防水仕様で音楽を存分に楽しめる!」と感じた

新潟県にお住いの40歳男性から2021年1月頃に購入されたSONY WF-SP900ワイヤレスイヤホンを実際に使ってみたレビューをご紹介します。

ワイヤレスイヤホンを欲しいと思ったきっかけ

私は音楽が大変好きな人間ですので、可能な限りあいた時間には音楽を楽しむように過ごしています。

私の別の趣味のひとつに温浴施設、サウナを楽しむということがありますが、これらを楽しんでいる際中にも、音楽を楽しむことが出来ないか。

加えてサウナを楽しむときに不快な、「他の方のおしゃべりや、テレビ等の騒音をシャットアウトすることが出来ないか。」と考えたときにたときに、温浴施設での適応性のあるイヤフォンの使用を考えました。

ワイヤレスイヤホンの候補にあがっていたもの

最も悩んだ点は、実際に温浴施設、サウナにて使用した際に、過酷な環境に製品が耐えうるかという点です。

ネットにてメーカーホームページでの製品説明、同じような環境化にてイヤフォンを使用しているかたのブログ等のリサーチを行いましたが、本環境下における使用を保証している製品は見つけることが出来ませんでした。

そのため自己責任にて使用するにあたり、防水性能、外音遮断性等の必要な機能を備えたものを選別する必要がありました。

SONY WF-SP900

SONY WF-SP800N

SONY WF-SP700N

SONY WF-SP900ワイヤレスイヤホンに決めた理由

SONY WF-SP900ワイヤレスイヤホンの充電ケース
温浴施設、サウナでの使用を考慮した以下の点を「SONY WF-SP900」が最もクリアできていると判断したからです。

  • プールで使用できるほどの防水性能が確保されていること。
  • メモリー内蔵であること。
  • メーカーの信頼性が高いこと。
  • 万が一使用環境により壊れることを想定して、高価すぎないこと。

また、本機にはノイズキャンセリング機能は搭載されていませんが、豊富なイヤーピースが付属されていること等から、特段問題無いと判断しました。

SONY WF-SP900ワイヤレスイヤホンのスペック

SONY WF-SP900ワイヤレスイヤホンのスペック

スペック

  • イヤホン形状:カナル型
  • 外音取り込み機能:有
  • 防水:IPX8・IPX5
  • 連続再生時間:3時間 ※ヘッドホンモード(Bluetooth ON)時最大・6時間 ※プレーヤーモード(Bluetooth OFF)時最大
  • 連続再生時間(ケース込み):12時間 ※ヘッドホンモード(Bluetooth ON)時最大・21時間 ※プレーヤーモード(Bluetooth OFF)時最大
  • 充電時間:2.5時間
  • ハンズフリー通話:対応
  • マイク:有
  • Bluetoothバージョン:4 
  • Bluetoothプロファイル:A2DP・AVRCP・HFP・HSP
  • 対応コーデック:AAC・SBC
  • ドライバーユニット:バランスド・アーマーチュア型
  • 色:ブラック系
  • 重量:7.3g ※片耳
  • 記録容量:4GB
  • NFC機能:対応
  • 公式サイト:https://www.sony.jp/headphone/products/WF-SP900/

私は新品で購入しましたので、価格は21,763円でした。

SONY WF-SP900ワイヤレスイヤホンを実際に使ってみた

SONY WF-SP900ワイヤレスイヤホンの本体
実際に温浴施設、サウナにて使用しています。

(ただし、メーカーにてそのような環境下での使用に対する保証があるわけではありませんので、自己責任にて使用しています。)

なるべく、水分や熱が直接製品に触れることの無いように、タオルによる保護を行って使用しています。

至近距離での大きなおしゃべり、テレビの音量が異常に大きい等の大きな騒音がある場合は、完全に外音をシャットアウトすることは難しいですが、許容範囲内で利用できています。

使ってみて気に入っているところ

気に入っている点は以下の二点です。

まず、過酷な環境下においても現状正常に機能している、という点です。

特にサウナ内における使用においては、高温、高湿と非常に製品にとっては過酷な環境ですが、現段階では問題無く正常に稼働しています。

次に、衝撃等があった場合にも製品を落とすことが無い、という点です。

アークサポーターについて、今まで使用したことが無く特段購入判断材料にも入れていなったのですが、しっかりと耳に製品を保持することを可能にするため落とすことが無く良かったと感じています。

こんな方にはおすすめしたい

  • 水場にて使用される方
  • 運動中に使用される方
  • 高価すぎるイヤフォンを購入することを躊躇される方
  • ネット環境が無い場所での使用を想定される方
  • 特定のアルバムをじっくり聞きこみたい方

使ってみて気に入らなかったところ

気に入らなかった点は以下の二点です。

まず、音量の調節を行いにくい、という点です。

音量調節を行う機能が、物理ボタンではなくタッチタイプとなっているのですが、タッチするポイントが分かりにくいですし、反応感度があまりよくないと感じています。

次に、アルバム単位の曲飛ばしが行えない、という点です。

メモリーフォルダに複数のアルバムを挿入した場合に、アルバム単位の飛ばし機能がないため、進むボタンを連打する必要があるため、操作性が悪いと感じました。

こんな方にはおすすめしない

  • 音質のみを重視する方
  • 軽量な製品を希望する方
  • 長期製品寿命を期待される方
  • たくさんのアルバムを聴きたい方
  • 手間を嫌がる方

SONY WF-SP900ワイヤレスイヤホン購入後の生活

継続して一週間に一度程度、実際に温浴施設、サウナにて本製品を使用しております。(施設の許可は事前に得るようにしています。)

本製品を使用することにより、煩わしいおしゃべりや、大音量テレビからの騒音からほぼ感じることがなくなりました。

大好きな音楽を楽しむシーンがまたひとつ、増やすことができて大満足です。

(主にアンビエントミュージック、クラシックピアノ楽曲、ポストロック等の非ヴォーカル楽曲を流しています。)







-ワイヤレスイヤホンのレビュー

© 2021 デジタルガジェットライフ