マウスのレビュー

Logicool ERGO M575Sワイヤレスマウスのレビュー!使ってみた感想は「一度使ったら手放せない!長時間のパソコン作業にもおすすめ」と感じた

北海道にお住いの42歳女性から2021年1月に購入されたLogicool ERGO M575Sワイヤレスマウスを実際に使ってみたレビューをご紹介します。

ワイヤレスマウスを欲しいと思ったきっかけ

使っていたマウスのホイールが空回りするようになったのがきっかけです。

そのマウスが1年も持たなかったので、値段が高くても長く使えるマウスをネットで探していたところトラックボールマウスの存在を知りました。

でも、実際に使ってみたこともないので本当に使いやすいのかわからなかったし、使いこなせるのかも心配でした。

色々調べているうちに、トラックボールマウスを一度使うと普通のマウスには戻れないという口コミを見つけて、これは欲しいなと思いました。

ワイヤレスマウスの候補にあがっていたもの

M570はM575Sのひとつ前の商品です。

ちょうどAmazonでセールをしていたこともあり安くなっていたので、こちらにしようかかなり迷いました。

期間限定のセールで3千円台になっていたのが魅力的でした。

MX ERGOはM575Sの上位機種になり、MX ERGOとM575Sの大きな違いがボタンの数ですが、M575Sが5つに対してMX ERGOは8つもあるし、そこに自分で好きなように機能を割り当てられるのが便利だなと思いました。

Logicool ERGO M575S

ロジクール SW-M570

ロジクール MX ERGO

Logicool ERGO M575Sワイヤレスマウスに決めた理由

Logicool ERGO M575Sワイヤレスマウスのフィット感
M570の見た感じはM575Sとそれほど変わらないんですが、機能面を調べてみるとM570はBluetoothが使えないことが判明したんです。

普段使っているパソコンがノートパソコンなので、USBポートが一つしかありません。

この一つがマウスのレシーバーで埋まってしまうのはかなり不便になってしまうと思ったので、最終的にM575Sを選ぶことにしました。

もう一つ迷っていたM575Sは機能は充実しているけど、正直高すぎるなと感じました。

トラックボールを使うのも初めてなのに、使いこなせなかったらと考えるとやはりM575Sが最適かなという決断になりました。

Logicool ERGO M575Sワイヤレスマウスのスペック

Logicool ERGO M575Sワイヤレスマウスのスペック

スペック

  • センサーテクノロジー:ロジクール アドバンス オプティカル トラッキング
  • 公称値:400dpi
  • 最大値:最大2000
  • ボタン数:5個(左/右クリック、戻る/進む、ミドルクリック付きスクロールホイール)
  • バッテリータイプ:単三形乾電池x1(同梱)
  • 電池寿命(USBレシーバー使用時):最長24ヵ月
  • 電池寿命(Bluetooth使用時):最長20ヵ月
  • 2.4 GHz USBレシーバー
  • Bluetooth low energyテクノロジー
  • ワイヤレス通信可能範囲:10 mのワイヤレス動作可能範囲 9ワイヤレス通信可能範囲は、使用環境およびパソコンのセットアップによって異なる場合があります
  • グラファイトのプラスチック: 50%のリサイクル材料
  • オフホワイトのプラスチック: 21%のリサイクル材料
  • 紙パッケージ: FSC認定
  • 高さ: 134mm
  • 幅: 100 mm
  • 奥行き: 48mm
  • 重量: 145g
  • 公式サイト:https://www.logicool.co.jp/ja-jp/products/mice/m575-ergo-wireless-trackball.910-005876.html

私は新品で購入しましたので、価格は6050円でした。

Logicool ERGO M575Sワイヤレスマウスを実際に使ってみた

Logicool ERGO M575Sワイヤレスマウスのトラックボールは外せる
今までのマウスがマウス自体を動かすのに対して、トラックボールは親指でボールをクルクル動かすという全く別の動きになりました。

やはり最初はマウスごと動かそうとしてしまったりして、「これは使いこなせるのかな?」という心配もありました。

でも、口コミで実際に使っている人が快適だと言っていたので、そこの域に達したいなとも思っていました。

実際、3日くらいたつとマウスポインターを自分の思い通りの位置に動かせるようになって、「普通のマウスよりめちゃくちゃ楽!」と思うほどになったんです。

一度使ったら普通のマウスに戻れないという感覚がよくわかりました。

きっとこのマウスが壊れてもまた同じものを選ぶと思います。

使ってみて気に入っているところ

一番気に入ったところは腕を動かす必要がなくなったのでマウスの操作がかなり楽になったことです。

親指と人差し指だけでほぼすべての操作ができてしまうので普通のマウスより疲れにくいと思います。

マウス自体を動かす必要もないので、机の上に物が置いてあっても全く邪魔になりません。

狭いスペースしかなくても気にせずパソコン操作ができるのでかなり快適です。

最初はマウスが大きすぎるんじゃないかなと気になっていたんですが、絶妙な傾斜のおかげでボールの操作もしやすいです。

今まで小さめマウスしか使ったことがない私でも使いやすくなっていました。

こんな方にはおすすめしたい

  • パソコン作業時間が長い人
  • 腕の疲れを感じる人
  • トラックボールマウスに興味がある人
  • 机以外でも作業したい人
  • 机の上のものを片付けるのが面倒な人

使ってみて気に入らなかったところ

気に入らなかったところは正直あまりないのですが、しいて言えば普通のマウスより少しだけコピペがやりづらいかもしれません。

文字を選択するときに、たまにちょっとだけズレてしまったりすることもあります。

他にちょっとだけ気になるのは、大きいので持ち運びはしにくいかなと思います。

私はマウスを外に持ち出すことがないのでそれほどデメリットには感じないのですが、頻繁にパソコン作業を外でする人にはあまり向かないかもしれないです。

こんな方にはおすすめしない

  • マウスにお金をかけたくない人
  • 新しいことをすることにストレスを感じる人
  • 外にパソコンを持ち運ぶことが多い人
  • 今使ってるマウスに満足している人
  • ボールをたまに掃除するのが面倒に思う人

Logicool ERGO M575Sワイヤレスマウス購入後の生活

長時間のパソコン作業も苦にならなくなりました。

このマウスを使う前は腕が疲れたことが原因で休憩をとることもあったのですが、それがなくなったので断然作業効率がよくなりました。

腕を動かさなくていいってこんなに楽だったんだとこのマウスを使ってみて初めて知りました。

そして、このマウスは下が平らじゃなくても関係なく使えるので、机がないところに持っていって気軽に作業できるようになりました。

たまに普通のマウスを使うとM575Sのよさがとてもよくわかります。







-マウスのレビュー

© 2021 デジタルガジェットライフ