生活家電のレビュー

東芝 CDラジオ TY-C260CDラジオのレビュー!使ってみた感想は「スタイリッシュな白いラジオ」と感じた

三重県にお住いの45歳女性から2021年1月頃に購入された東芝 CDラジオ TY-C260CDラジオを実際に使ってみたレビューをご紹介します。

CDラジオを欲しいと思ったきっかけ

高齢の母が、足腰が弱ってきたので部屋の移動をせずにラジオが聞きたいという要望がきっかけでした。

母の寝室にはテレビが設置できない環境なので、本人の要望で情報収集するのにラジオがいいとのことでした。

寝室が狭いのでベッド廻りに設置できるコンパクトな置き型ラジオにした方が良いのではないか、という事でこの商品を見つけました。

CDラジオの候補にあがっていたもの

価格と、部屋移動時に高齢の母が持ち運べる軽量タイプかどうかなどです。

防災タイプも魅力的なではありましたが、現在我が家ではすぐに必要ではないと判断し、通常使タイプを選択しました。

そして防水タイプも捨てがたい機能ですが、母はあまり長風呂ではなく台所の水仕事もしないことから、この機能も希望から外すことにしました。

東芝 CDラジオ TY-C260

東芝 CDラジオ TY-C260

パナソニック FM/AM 2バンドレシーバー RF-300BT(モノラル)

パナソニック FM/AM 2バンドレシーバー RF-300BT(モノラル)

ソニー SRF-19(アナログ)

ソニー SRF-19(アナログ)

東芝 CDラジオ TY-C260CDラジオに決めた理由

東芝 CDラジオ TY-C260CDラジオのサイズ感
寝室が狭いのでベッド廻りに設置できるコンパクトな置き型ラジオを探し、この商品を見つけました。

置く部屋が広ければ良いのですが、引っかけて使用するタイプは嫌だったのであくまでコンパクトな置き型商品にこだわったのと、手ごろな価格であったことです。

部屋に置いておいても邪魔にならない大きさと白くてスタイリッシュなシンプルデザインなので、長い目で見ても使用していける品物です。

東芝 CDラジオ TY-C260CDラジオのスペック

東芝 CDラジオ TY-C260CDラジオのスペック

スペック

  • リピート再生:1曲/全曲
  • プログラム再生(最大):20曲
  • ランダム再生:○
  • 受信周波数:FM/76.0~108.0MHz、AM/531~1710kHz
  • デジタルシンセチューナー:○
  • プリセット選局:FM10+AM5
  • スピーカー:5.0cm×2
  • 入出力端子:[外部入力/ヘッドホン出力]Φ3.5ステレオミニジャック
  • 実用最大出力:1.5W+1.5W
  • 電源:AC100V 50/60Hz DC9V、単3形乾電池×6本(別売)
  • 電池持続時間:CD再生時/3時間、ラジオ受信時/14時間
  • 消費電力:10W
  • 寸法:W27.2×H14.6×D6.2cm(突起物含まず)
  • 質量:約1.2kg(乾電池含まず)
  • 製品内容:電源コード
  • 公式サイト:https://tlet.co.jp/pro_cdradio/ty_c260/

私は新品で購入しましたので、価格は5480円でした。

東芝 CDラジオ TY-C260CDラジオを実際に使ってみた

東芝 CDラジオ TY-C260CDラジオの操作ボタン
主に起きてすぐに電源が入れられる距離の、ベッドの脇に置いてテレビではなくラジオで朝のニュースを聞いています。

これが朝起きて顔を洗う前の日課になっているようです。

テレビと違い、目ではなく聴覚という五感を働かせるのにちょうど良いと思っています。

母もこんなに毎日ラジオ漬けになるとは思っていなかったようで、曜日や時間ごとの番組を楽しみに聞き入っています。

使ってみて気に入っているところ

メリットの一つはデザイン性が高いということです。

シンプルでスタイリッシュな清潔感のある白い本体とコンセントコードまで全て白で統一されていて、部屋に置いた時にインテリア性を高めます。

うちは素敵な我が家というわけではないのですが、わざわざ野暮ったいデザインの家電にお金を出して買いたいかと問われればNo!です。

なるべく長く使いたいので、使っていて邪魔にならないさりげなくシンプルなものを選びたいと思った時に、この商品はちょうど良いものでした。

こんな方にはおすすめしたい

  • コンパクトなサイズです。
  • ラジオのお気に入り放送局を15局まで登録できるという事です。
  • デザイン性が高くシンプルな見た目です。
  • 白い家電で統一しているなどです。
  • 価格がお求めやすいです。

使ってみて気に入らなかったところ

デメリットの一つはデザインがスタイリッシュ過ぎて電源ボタンがどれか高齢者にはわかりづらいところです。

ラジオ本体の全体が白いので、電源ボタンも溶け込むように白く(突起物にはなっていますが、浅いボタン)、目が悪い高齢者にはわかりづらいようです。

高齢の母は何度教えてもどこが電源が見えにくいようで、ついには自分で油性マジックで電源ボタンを黒く塗りつぶしていました。

同色のボタンというものが高齢者にはとても重要な視覚問題につながるようです。

こんな方にはおすすめしない

  • しいていえば音質です。
  • 電源ボタンがどれか高齢者にはわかりづらいです。
  • CD機能は要らないからラジオオンリーにして欲しかったです。
  • 防災タイプではないです。
  • 防水タイプではないです。

東芝 CDラジオ TY-C260CDラジオ購入後の生活

情報が入手しやすくなりました。

テレビだけに頼りがちな高齢者の情報収集にラジオが加わったことで、ニュースや歌番組の楽しみ方が一つ増えました。

曜日・時間帯ごとの番組を楽しむようになり、特にテレビでは歌謡曲があまり聞けなくなっているので、ラジオでは歌番組で懐かしい歌が聞けて嬉しいようです。

昨日も好みの懐かしい演歌を聞き入っていました。







-生活家電のレビュー

© 2022 デジタルガジェットライフ