空調家電のレビュー

『アイリスオーヤマ サーキュレーター衣類乾燥除湿機 KIJDC-L50』のレビュー!使ってみた感想は「 安価で小型狭い場所に最適」と感じた

熊本県にお住いの27歳女性(主婦)が2022年5月頃に購入された『アイリスオーヤマ サーキュレーター衣類乾燥除湿機 KIJDC-L50』のレビューをご紹介します。

購入した家電を実際に使ってみて良かったところやイマイチなところをまとめておりますので、家電を購入する前に評価や口コミが気になっている方は参考にしてください。

気に入っているところ

  • 除湿機能
  • 首振り機能
  • サーキュレーター搭載

『アイリスオーヤマ サーキュレーター衣類乾燥除湿機 KIJDC-L50』を欲しいと思ったきっかけ

アイリスオーヤマ サーキュレーター衣類乾燥除湿機 KIJDC-L50のファン

引っ越し先に浴室乾燥機が付いていなかったため衣類乾燥機を購入しようと思ったことがきっかけです。

マンションのため、音が静かでスピーディーに乾き、電気代も安いものを検討していました。

また、衣類乾燥以外の用途としても使用可能であるかも条件のひとつとして挙げておりました。

そこで色々な乾燥機を調べました。

そこで条件にぴったりなこちらの商品を見つけ購入に至りました。

なお価格も手頃で補償もしっかりしていたことも購入のきっかけです。

『アイリスオーヤマ サーキュレーター衣類乾燥除湿機 KIJDC-L50』の特徴

アイリスオーヤマ サーキュレーター衣類乾燥除湿機 KIJDC-L50のスペック

強力乾燥風と除湿のふたつの機能でスピーディーに衣類を乾かしてくれる商品です。

サーキュレーターを除湿機に搭載してあるので、部屋干しの湿気を効率的に除湿し、乾かしたい部分にピンポイントで風を当てることにより短時間で乾燥してくれます。

また、自然乾燥と比較すると乾燥時間はおおよそ1/6となり部屋干しのイヤな臭いや雑菌の繁殖を防ぐこともできます。

首振り機能も搭載されているため、ムラなく広範囲の洗濯物を乾かしてくれます。

『アイリスオーヤマ サーキュレーター衣類乾燥除湿機 KIJDC-L50』のスペック

スペック

  • 除湿方式(除湿機):デシカント方式
  • 除湿可能面積(木造一戸建住宅・和室):6畳
  • 除湿可能面積(プレハブ一戸建住宅・洋室):10畳
  • 除湿可能面積(コンクリート集合住宅・洋室):13畳
  • 除湿能力(50Hz):5L/日
  • 除湿能力(60Hz):5L/日
  • タンク容量:2.5L
  • 運転モード:サーキュレーター/除湿
  • 重量:7.8kg
  • 幅:287mm
  • 高さ:640mm
  • 奥行き:234mm
  • 消費電力:590W
  • 電源:AC100V(50/60Hz共用)
  • 消費電力:590W
  • 定格除湿能力:5.0L/日 ※室温20℃・相対湿度60%を維持し続けたときの1日あたりの除湿量
  • サーキュレーター風量切替モード:弱・中・強
  • 除湿切替モード:弱・強・おまかせ
  • 首振りモード:50°/70°/90°
  • 除湿可能面積の目安:木造:6畳(10m2)・ プレハブ:10畳(16m2)・鉄筋:13畳(21m2)
  • 水タンク容量:約2.5L
  • コードの長さ:約1.6m
  • 切タイマー:2/4/8時間
  • 商品サイズ(W×D×H):287×234×640mm
  • 商品重量:7.8kg
  • 公式サイト:https://www.irisohyama.co.jp/circulator-dryer/ddc-50/

私は新品で購入しましたので、価格は28,000円でした。

『アイリスオーヤマ サーキュレーター衣類乾燥除湿機 KIJDC-L50』を実際に使ってみて良かったところ

私が『アイリスオーヤマ サーキュレーター衣類乾燥除湿機 KIJDC-L50』を実際に使ってみて良かったところは大きく3つあります。

良かったところ

  • 除湿機能
  • 首振り機能
  • サーキュレーター搭載

除湿機能

ランプで湿度を実感できるようになっています。

温度と湿度を測定して、空気中に含まれる水分量の目安をランプの色でお知らせしてくれます。

洗濯物やお部屋が乾燥しているかどうかが一目で分かり湿度が約30%以下のとき、および温度が約38℃以上のときは、湿気ナビランプは消灯します。

またおまかせ運転モード搭載しているので、部屋の湿度が55%より高い場合は除湿を行い、低い場合は自動的に送風に切り替え、湿度60%を超えると繁殖しやすくなるカビの繁殖を抑えてくれます。

首振り機能

サーキュレーターの首振り機能によりワイド送風で広範囲をムラなく乾燥してくれます。

振り幅約3.4mの首振り機能で、広範囲に強力な乾燥風が送れるので、洗濯物が多い時にも乾きムラを抑えます。

また3段階で首振りの範囲を変えられます。

ファン部分の角度も変えることができるので洗濯物の高さや、乾かしたい部分にピンポイントかつ効率的に風を当ててくれるので、ダラダラと何時間も使用せずとも短時間で洗濯物を乾かすことが可能になっています。

サーキュレーター搭載

サーキュレーターの風の強さは3段階で調節でき、夜間など音が気になるときは弱にするなど生活に合わせて使用できます。

またお部屋の送風・換気として、サーキュレーター単独で運転すれば、お部屋間の送風や換気など、一年中使用できるようです。

部屋の空気を循環させることで、冷暖房効率が上がり、節電に繋がります。

冬には暖かい空気を足元へ部屋の角に風を送って、上にたまる暖かい空気を循環し、夏には冷気を部屋全体へエアコンを背にして、下にたまる冷たい空気を循環してくれます。

『アイリスオーヤマ サーキュレーター衣類乾燥除湿機 KIJDC-L50』を実際に使ってみてイマイチなところ

私が『アイリスオーヤマ サーキュレーター衣類乾燥除湿機 KIJDC-L50』を実際に使ってみてイマイチなところは1つあります。

イマイチなところ

  • 重さがある点

重さがある点

重い点が気に入らない部分です。

コンプレッサーなので重さがあることは承知の上で購入しましたが、部屋とから部屋への移動など抱えないといけないので力のない女性や子どもには結構重く感じると思います。

また取手部分も割と小さいため抱えにくさもあります。

他メーカーの衣類乾燥機は、キャスターが付いていたり、専用の台が付いていたりするものもあります。

重さがある商品なので、移動の点も考慮してキャスターなど付けてあるとよりよいと思いました。

『アイリスオーヤマ サーキュレーター衣類乾燥除湿機 KIJDC-L50』を実際に使ってみた感想

浴室に突っ張り棒をし、洗濯物をそこに干し、下からサーキュレーターの風を当てて除湿機能をおまかせに設定し使用しています。

除湿機能をおまかせに設定することで、除湿が充分なときはサーキュレーターのみの運転に切り替わるため節電にも繋がっています。

首振り機能も3段階で調節可能なので、洗濯物の量に合わせて使用しています。

衣類乾燥機を稼動中はどうしても室温が上がるため夏の時期は換気するなど、工夫が必要だと感じます。

『アイリスオーヤマ サーキュレーター衣類乾燥除湿機 KIJDC-L50』の評価や口コミ

他の方が『アイリスオーヤマ サーキュレーター衣類乾燥除湿機 KIJDC-L50』を購入してどのように思われているのか、評価や口コミを調べてみました。

台風が近づいていたので家の中の脱衣所で洗濯物を乾かしました。よく乾きました。
https://amzn.to/3dm93ek

少し作動音が大きい事と貯水タンクが小さいのが気になりますが、しっかり乾燥してくれます。
https://amzn.to/3RN89Xj

雨が長続きすると洗濯物の乾燥に困り、空き部屋に干しても嫌な臭いが付いてしまうので思い切って乾燥機を購入することにしました。無名のメーカーはリスクがあると思ったのでやや値段は高いですがアイリスオーヤマを信じて購入したわけです。実際に使ってみますと風量もありますし除湿した水分を結構取るので湿度の高い雨の日でもカラッと乾燥できます。8畳間の窓を閉め切って乾燥させますが室内は灼熱地獄のような暑さになってしまうのが難点です。排気熱を外に排出できるダクトもセットでつけてくれればさらに良かったと感じました。
https://amzn.to/3LpZoQC

おわりに

外気の汚れが気になり、なかなか外干し出来ないので、部屋干しを効率的に行えるので重宝しています。

サーキュレーターや除湿機能も搭載されているため、天気や湿度気にすることもなく洗濯物を干せるので洗濯物を溜め込むことが無く衛生的だと思います。

音も静かなため時間を問わず使用できるので、急なお洗濯の際も凄く助かっています。

また今の季節にはサーキュレーターのみを使用し部屋の空気の循環を行えるのでエアコン代の節約にも繋がっています。







-空調家電のレビュー