映画のレビュー

【ネタバレ注意】映画『プラダを着た悪魔』のレビュー|映画を見た感想は「次第におしゃれになっていく過程が非常に好き」

埼玉県にお住いの20歳の女性(大学生)が2022年10月頃に「TSUTAYA」で鑑賞した映画『プラダを着た悪魔』のレビューをご紹介いたします。

映画の感想や見どころをネタバレ覚悟で解説していますので、映画を観る前に面白さを知りたい方、評価や口コミが気になる方は、参考にしていただけますと幸いです。

この映画の見どころ

  • テンションが上がる洒落たファッション
  • 主人公の成長過程
  • 仕事と生活の両立の難しさ

映画『プラダを着た悪魔』を見ようと思ったきっかけ

私が映画『プラダを着た悪魔』を見ようと思ったきっかけは、家にポップコーンのお菓子があったからです。

映画を見ながらこのポップコーンを食べたら最高の休日になると思い立ち、TSUTAYAに向かいました。

洋画コーナーに置いてあった「プラダを着た悪魔」という題名が目に入ってきたので、手に取り、直感で観ることにしました。

以前から題名は聞いたことがありましたが、具体的な内容までは知りませんでしたので、興味が湧きました。

さらに、主演のアンハサウェイさんが美しい方だったのも、興味が湧いた理由の一つです。

映画『プラダを着た悪魔』の内容

おしゃれに無関心なジャーナリスト志望の主人公、アンドレアはニューヨークの一流ファッション誌の編集部でカリスマ編集長ミランダの下でアシスタントとして働くことになります。

一見、世界中の誰もが憧れるような夢の仕事のようですが、編集長のミランダは鬼上司と称されるほどの理不尽な要求をする人で、アンドレアは毎日そんなミランダの無理難題な要求に振り回されます。

しかし、主人公はそういった要求にもなんとか応え、奮闘し、葛藤と成長を経て、自分の人生を生きる決断をするという物語です。

作品情報

  • ジャンル:ドラマ
  • 製作国:アメリカ
  • 製作年:2006
  • 公開年月日:2006年11月18日
  • 上映時間:110分
  • 製作会社:表記なし
  • 配給:20世紀フォックス

映画『プラダを着た悪魔』の見どころ、ネタバレ覚悟で解説

映画『プラダを着た悪魔』の見どころは大きく3つに分けられます。

この映画の見どころ

  • テンションが上がる、洒落たファッションの数々
  • 主人公の成長過程、勇気と活力が得られる
  • 仕事と生活の両立、その難しさ

テンションが上がる、洒落たファッションの数々

主人公アンドレア(演:アン・ハサウェイ)の成長とファッションの変化が描かれたシーンが見どころです。

物語の中盤、ついに編集部の仕事に慣れたアンドレアが洒落たファッションを身にまとい、ニューヨークの街を踊るように歩くシーンは見ているだけで心が躍ります。

特に、車や通行人が主人公を横切るタイミングで洋服が次々と変わる演出は、洗練された感性を物語っています。

服装やおしゃれを愛する方にとっては、テンションが上がるシーンとなるでしょう。

主人公の成長過程、勇気と活力が得られる

無理難題すぎる要求を突き付ける鬼上司ミランダに立ち向かうアンドレアの様子が見どころです。

アンドレアが言い渡された試練は、出版前のハリーポッターの新作をミランダの双子のために手に入れること。

しかも、当日中に持ってこなければ仕事から解雇されるというほどの厳しい条件でした。

しかし、アンドレアは以前に知り合った著名エッセイストの力を借りて、出版前の新作原稿を何とか手に入れることに成功します。

仕事と生活の両立、その難しさ

印象的なのは、ラストシーンで主人公が携帯電話を噴水に投げ入れる場面です。

激務から解放され人間として成長した彼女が、自分の意志を確固たるものにするという決意がその一瞬に込められています。

「携帯」は現状の仕事との決別を象徴しており、彼女が私生活と未来をより大切にしようと決断した瞬間です。

そして、本来憧れていたジャーナリストとしての新たな挑戦を決意した彼女の表情は晴々としており、その変貌ぶりが見て取れます。

映画『プラダを着た悪魔』の感想

ファッションや自分自身の体型に無頓着だった主人公が、仕事を通じて成長し、次第におしゃれになっていく過程が非常に好きです。

周囲の環境や人間関係の変化に伴い、自分自身の考え方や価値観が変わるのは決して悪いことではなく、自然なことだと思います。

そのため、変化を受け入れた主人公と変化を望まない恋人との対立はやむを得ないことだと感じました。

この映画は、何かに取り組みたい人を元気づける良い作品だと感じます。

映画『プラダを着た悪魔』で印象に残った名言

映画『プラダを着た悪魔』を視聴して特に印象に残った名言です。

「ナイジェル」のセリフ

君は努力していない、愚痴を並べているだけです。

映画『プラダを着た悪魔』の評価や口コミ

他の方が映画『プラダを着た悪魔』を見てどう思われているのか、評価や口コミを調べてみました。

恋がしたくなります!でも両立は難しいですよね!
Amazonの口コミ

エミリーってどこかで見たことある女優だと思ったら本名そのままで役名つけてたんですねl。トム・クルーズ共演のオール・ユー・ニード・イズ・キルとか、クワイエット・プレイスで知りました。好きな女優さんです。
Amazonの口コミ

あまり観ないタイプの映画ですが、洒落たタイトルに惹かれて鑑賞。主人公アンディのキュートさと、多彩なファッションが目の保養でした。でも一番の見どころは、メリル・ストリープの役作り。こういうキャラもできるんだなあ。見応えのある画と、陽気ですっきり明快でありながら、内省もできるストーリー。いい映画だと思います。上司の要求を上回って始めて評価される(指示をこなすだけでは評価されない)のがサラリーマンの現実ですし、上司の要求って要するに「自分が今抱えている問題をどうにかしてほしい」なんですよね。一見、非現実的な職場ですけど、ハリー・ポッター新刊調達ミッションは「無理難題」の例え話。ナイジェルのコーディネートは「有識者の協力を得ることの大切さ」・・・等々、身近な話に解釈できます。仕事への向き合い方を示しつつ、「自分が本当に在りたい姿は?」と問いかけてくる内容。自分のランウェイを颯爽と歩くラストのアンディは、最高に輝いてて、説得力のある画でした。「笑顔を見せたのは2001年の〇〇のときだけ」という台詞とリンクして、気持ちのいい余韻を残してくれました。それにしてもナイジェル可哀想だわー、あんなに可愛くはしゃいでたのに・・・。いつか利子付きでお返ししてもらえる日が来ることを祈ります。続きを読む
Amazonの口コミ

社会に出た時、人は自然とスタイルを決めて生きていく事になる。仕事に打ち込むか、プライベートを重視して最低限に働くかこの作品はどちらの選択肢も分かりやすく見せてくれる。両者の対比のバランスも素晴らしく絶妙なので、あっという間に映画の世界に惹き込まれていくのが自分でも分かりました。作中であと少し頑張ればエリートバリバリキャリアモリモリエリート街道まっしぐらという所まで来ても、平凡を良しとする大学の同期や同棲している彼氏は才のある主人公に対して遠回しに目を覚ませと諭して来ます。このあたりの描写は非常に生々しく、私を圧倒しました。そして同時に、胸に鋭く刺さりました。この”リアリティ”はまさしく現実そのもので人間上を目指す限り嫌というほど体験するものだからです。目を背けようにもこれはプラダを着た悪魔という作品であるため、見続けるしかありません。結果的に視聴者に対してどちらを選ぶべきなのかと過去の追体験にも似た巻戻りからくる「強迫観念」を感じました。正直見ていて苦しく、辛かったです。でも、この作品は自分ではありません。せめて主人公は幸せになってくれ・・・と祈りながら見ていました。作品では無事に主人公としての「一つの答え」に辿り着くわけですが個人的にはモヤモヤしました。恐らく価値観の違いだと思います。世の中そんなに綺麗に収まらねーよと思ったのが正直な感想です、ただ対照的に主人公が掴み取ったモノに対して羨ましくも感じました。私もあの時同じ選択をしていれば、今とは違った景色を見れたのだろうかと思う程にインパクトがあったのです。最後のミランダと主人公のシーンがあるのですがここの二人は最高にかっこよく、見てよかったなと思えるポイントだと思います。非常に良い作品だと思います。新社会人とか、学生の方などに特におススメですね人生の指標になります。社会人だと生きる目的を再確認出来るかもです。続きを読む
Amazonの口コミ

ランウェイ誌編集長のアシスタントをジャーナリストになる前の腰掛け程度に考えていたアンドレアが少しずつ変わってゆく姿は観ていて爽快で自分も頑張ろうというモチベーションにつながります。また、どんな仕事も人が何を求め必要としているかを考え行動すること、そしてさらにその先まで考えることができれば必ず報われますが、そのために愛する人や仲間を犠牲にするのは違うと悟ったアンドレアが最後に取った行動には共感が持てました。ハイ・ファッションに身を纏った若きアン・ハサウェイに目が移りがちですが、メリル・ストリープこそがこの映画を成立させたのだと思っています。彼女が出演した映画のなかで一番好きかもしれません。
Amazonの口コミ

みなさんの映画を見た感想が面白いですね!

おわりに

映画『プラダを着た悪魔』についての私の感想や見どころを、ネタバレ覚悟で解説してきました。

「面白い」と感じられた方は、ぜひご覧ください。

次に観る予定の映画は『マイ・インターン』です。

この映画は、若き女社長ジュールズと、70代の新人社員ベンがシニアインターンとして採用されてから徐々に信頼関係を築き、成長していく物語です。







動画配信サービスでもっと動画を楽しもう!

Netflix(ネットフリックス)

『Netflix』はハイクオリティのオリジナル作品が魅力のVODサービスです。

  • 質の高いオリジナルコンテンツが充実
  • 洋画・海外ドラマが豊富
  • レコメンド機能で観たい作品を探してくれる
  • オフライン再生ができる
  • ニーズに合わせた3つの料金プラン
月額料金(税込)ベーシック:990円
スタンダード:1,490円
プレミアム:1,980円
無料トライアルなし
配信数非公開
配信ジャンル洋画
邦画
国内ドラマ
海外ドラマ
アニメ
バラエティ
オリジナルコンテンツ
オフライン再生

Amazon Prime Video(アマゾン・プライム・ビデオ)

『Amazon Prime Video』は、コスパの良さが魅力のVODサービスです。

  • 月額500円のコスパの高さ
  • 初回登録時は30日間の無料トライアルあり
  • 話題性の高いオリジナルコンテンツ
  • 追加定額でPrime Videoチャンネルに加入できる
  • Amazonプライム会員特典が便利
月額料金(税込)月間プラン:550円
年間プラン:4,900円
無料トライアル30日間
配信数非公開
配信ジャンル洋画
邦画
国内ドラマ
海外ドラマ
アニメ
バラエティ
オリジナルコンテンツ
オフライン再生

U-NEXT(ユーネクスト)

『U-NEXT』は、配信作品数No.1のVODサービスです。

  • 見放題作品数が脅威の22万本以上
  • 初回登録時は31日間無料トライアルあり
  • 毎月1,200円分ポイント還元※月額プランのみ
  • 漫画や雑誌も読める
  • 4K画質で作品を楽しめる
月額料金(税込)月額プラン:2,189円
月額プラン1490:1,639円
無料トライアル31日間
配信数220,000万本以上
配信ジャンル洋画
邦画
国内・海外ドラマ
アニメ
バラエティ
音楽
ドキュメンタリー
キッズ
オフライン再生

DAZN(ダゾーン)

『DAZN』は、1万試合以上のスポーツが見放題な特化型VODサービスです。

  • 130以上のスポーツコンテンツが見放題
  • 日本国内での独占配信が多数
  • 見逃し配信で視聴できる
  • 初回登録時は1ヶ月間の無料トライアルあり
  • オリジナルコンテンツが充実
月額料金(税込)通常プラン:1,925円
年間プラン:19,250円
無料トライアル1ヶ月間
配信数非公開
配信ジャンルスポーツ
スポーツドキュメンタリー
スポーツバラエティ
オフライン再生

Hulu(フールー)

『Hulu』は、映画・ドラマ・バラエティなど、ラインナップのバランスが良いVODサービスです。

  • 独占配信の海外ドラマが多数
  • 日本テレビ系のドラマ・バラエティが観れる
  • 初回登録後2週間の無料トライアルあり
  • リアルタイム視聴・見逃し視聴ができる
  • オフライン再生で通信制限を気にせず視聴
月額料金(税込)1,026円
無料トライアル14日間
配信数70,000本以上
配信ジャンル洋画
邦画
国内・海外ドラマ
アニメ
バラエティ
音楽
スポーツ
オリジナルコンテンツ
オフライン再生

-映画のレビュー