モバイルバッテリーのレビュー

Hisupeer K20モバイルバッテリーのレビュー!使ってみた感想は「26800mAhの大容量でコスパ抜群」と感じた

2020年7月27日

東京都にお住いの26歳男性から2019年10月頃に購入されたHisupeer K20モバイルバッテリーを実際に使ってみたレビューをご紹介します。

モバイルバッテリーを欲しいと思ったきっかけ

欲しいと思ったきっかけは、旅行をするときにおいて大容量のモバイルバッテリーが必要だと思ったからです。

日常生活を送るにあたっては必要ないと感じるかもしれませんが、二泊三日とか長期の海外旅行、国内両行においては必須のアイテムです。

というのも、モバイルバッテリーを携帯しておけば、いつでも充電をすることが可能となるなるからです。

例えば、飛行機内、ラウンジで離陸を待っているとき、滞在先ですぐに充電ができないときや、特に旅行ともなると、すぐに携帯を充電ができる機会というのは少ないです。

そんな時に、モバイルバッテリーを持っているとかなり便利です。

モバイルバッテリーの候補にあがっていたもの

他の商品と迷っていた理由としては、モバイルバッテリーの容量、重さ、製品の信頼性があります。

まず容量ですが、容量が大きくなればなるほどモバイルバッテリーの重量も重くなっていきますが、オンラインで商品を購入するにあたり実際に手に取って重さを比較するというのが難しく、購入に迷いました。

また、製品の信頼性に関してですが私が購入した商品より、Anker製品の方が信頼性は高いですが、Anker製品の中で希望するバッテリー容量と金額に見合う製品がなかったため、購入に迷いました。

Hisupeer K20

Anker PowerCore 10000

Anker PowerCore Fusion 5000

あわせて読みたい


こちらの記事でAnker PowerCore Fusion 5000モバイルバッテリーのレビューをまとめています。


Hisupeer K20モバイルバッテリーに決めた理由

Hisupeer K20モバイルバッテリーのサイズ感の比較
今回購入した製品の決め手は、バッテリー容量と金額で、私が購入した商品は、26800mAhで2,990円でした。

大容量の割に低下価格ということもあり、コスパ重視の方にはおススメできるかなと思います。

また、急速充電が可能なType-C、USBポートが二つ付き、バッテリー残量が画面に表示されるといった機能も備えています。

重量はそこそこありますが、多機能を兼ね備えておりかつ3,000円位兄での購入が可能な製品は多くはありません。

Hisupeer K20モバイルバッテリーのスペック

Hisupeer K20モバイルバッテリーのスペック

スペック

  • バッテリータイプ:リチウムポリマーバッテリー
  • バッテリー容量:26800mAh/99.16Wh
  • 出力電圧:DC 5V/2.1A(MAX)、5V/1A
  • 入力電圧:(microUSB、Lingtning、Type-C)5V/2A(MAX)
  • 本体サイズ:約169mm×82mm×25mm
  • 本体重量:約450g
  • 本体へ満充電時間:約10時間(2Aの充電器)
  • 使用環境温度:-10℃~45℃

私は新品で購入しましたが、価格は2,999円と安い費用で購入できました。

Hisupeer K20モバイルバッテリーを実際に使ってみた

Hisupeer K20モバイルバッテリーの接続端子
購入した製品の用途ですが、私の場合は海外で滞在することが多かったため、飛行機内、ラウンジ、宿泊先での使用がメインでした。

特に、海外ともなると外出先で充電ができないことが多くあるため、常に持ち歩いていて、観光スポットへ出かけるときはかなり役に立ちました。

移動中にマップを見ることが多くなる、写真や動画を取ることが多い観光では夜まで携帯の充電は持ちませんが、そんな時に、大容量のモバイルバッテリーがあれば充電の心配も必要なくなります。

使ってみて気に入っているところ

実際に商品を使って気に入っている点は、モバイルバッテリー自体の充電が全く必要ないことと、USBポートが二つ付きという点です。

私が使用しているiphoneXでは5~6回ほどフル充電が可能で、バッテリー残量も可視化できるため、どのタイミングで充電すればいいかも分かるのは便利です。

また、USBポートが二つあるため、一つは自分用、もう一つは友達のために使用できるため、同時に2台のスマホを充電できるので重宝しています。

こんな方にはおすすめしたい

  • 外出が多い方
  • バッテリー残量を数字で確認したい方
  • 急速充電をして早く回復させたい方
  • 夕方頃には携帯の残量が50%以下になる方
  • とにかく大容量のモバイルバッテリーを求めている方

使ってみて気に入らなかったところ

私が使用している製品の気に入らないところは、とにかく重さと画面が指紋で汚れるということです。

本体の重量は450gで、iphone11を二つ以上の重さに匹敵しますので、カバンの中に入れて持ち歩くと、モバイルバッテリーの重さを感じ疲れやすくなります。

また、残量が表示される画面ですが、鏡面仕上げとなっているため残量はクリアに表示されますが、指紋の跡がかなり目立つためとても汚れているように感じます。

以上の二つ、重さと画面が気に入らなかった点です。

こんな方にはおすすめしない

  • 重量が気になる方
  • バッテリーの画面の汚れが気になる方
  • よく分からないメーカーの製品は使いたくない方
  • コンパクトサイズのモバイルバッテリーを求めている方
  • 壊れたときの保証が欲しい方

Hisupeer K20モバイルバッテリー購入後の生活

携帯のバッテリー残量を気にすることなく使用できるようになったため、ストレスが減りました。

外出先でもバッテリーを気にすることなくゲームをしたり、マップを開いたり、写真を撮りまくったりと、日常生活の楽しさが倍増し、気兼ねなく外出先でも携帯を使用するようになりました。

バッテリーの残量を気にすることなく生活できるようになり、ストレスが減るというのは精神的にもプラスになっているのかなと感じています。







-モバイルバッテリーのレビュー

Copyright© デジタルガジェットライフ , 2020 All Rights Reserved.