マウスのレビュー

LOGICOOL SW-M570ワイヤレストラックボールのレビュー!使ってみた感想は「トラックボールマウスデビューできた」と感じた

2019年4月15日

山口県にお住いの30代女性から2018年12月頃に購入されたLOGICOOL ワイヤレストラックボール SW-M570を実際に使ってみたレビューをご紹介します。

ワイヤレストラックボールを欲しいと思ったきっかけ

それまで使用していたワイヤレスマウスの動きがだいぶおかしくなってきたのと、毎日の作業で腱鞘炎がかなりひどくなってきたので購入しました。

ワイヤレスマウスをもう一度買おうかと思ったのですが、以前よりトラックボールが気になっていたため、手にも優しいとの事でしたので思い切って変えてみました。

実際に見てみると思ったよりかなり本体サイズが大きく、使い勝手も違うのでマウスと併用しながら使っておりましたが、今ではもうすっかり慣れてしまいました。

ただ、使い方が悪いのか、肝心の腱鞘炎にはあまり効果がないのが少し残念です。

ワイヤレストラックボールの候補にあがっていたもの

プリンターはずっと買い換えなければと思っていたのですが、普段印刷をする場面があまりないのと、もう少し値が下がらないかと思っているのと、あとは機種別に一長一短あるので丁度良いものが出てこないかなと思い、なかなか購入に到っておりません。

ワイヤレスマウスの方は、それまでのマウスがあまりにもカチカチとクリック音がうるさいので、安い価格の静音マウスがあればと思っていました。

見た目も薄くて軽そうで、トラックボールとどちらにしようかすごく迷いました。

LOGICOOL ワイヤレストラックボール SW-M570

プリンターA4インクジェット複合機 カラリオEP-881AB

BLENCK GYT-27 ワイヤレスマウス

BLENCK GYT-27 ワイヤレスマウス
created by Rinker
DeliToo JP

LOGICOOL ワイヤレストラックボール SW-M570に決めた理由

LOGICOOL ワイヤレストラックボール SW-M570の裏側の蓋の部分
「とにかく見た目がカッコイイ」これ一点です。

購入してしばらくはスクロールホイールも硬くて、正直失敗したかなと思いましたが、今はもう慣れたのであまり後悔はしておりません。

どっしりとしたルックスとキュートな青いボールが気に入っております。

LOGICOOL SW-M570ワイヤレストラックボールのスペック

LOGICOOL SW-M570ワイヤレストラックボールのスペック

スペック

  • トラックボール本体サイズ (横x奥行x高さ)mm:145(L) x 95(W) x 45(H)
  • 本体重量g:142
  • レシーバーサイズ (横x奥行x高さ)mm:Unifyingレシーバー 14.4 x 18.7 x 6.1
  • レシーバー重量g:2
  • カラー:シルバー&ブルー
  • センサー方式:レーザー
  • 解像度dpi:540
  • 対スピード性能 インチ/秒:最大20
  • 総ボタン数:5
  • スクロールホイール:有
  • 水平スクロール:無
  • 使用電池:単三形乾電池 x 1
  • 電池寿命:最大18ヶ月
  • 操作距離:最大10 m
  • 無線方式:アドバンス2.4GHz(Unifying対応)
  • 対応ソフトウェアバージョン:SetPoint 6.1 & LCC 3.3
  • 接続I/F:USB

私は新品で6,000円前後で購入することができました。

LOGICOOL ワイヤレストラックボール SW-M570を実際に使ってみた

LOGICOOL ワイヤレストラックボール SW-M570のトラックボールの部分
最初はとにかくドラッグのしづらさに閉口しましたが、普通の事務作業をするには何ら問題なく使えております。

Excelをよく使うのですが、そちらも全く問題はございません。

グラフィック等の細かなお仕事をされる方には向いていないと思いますが、ネットサーフィンをされる方にはもってこいです。

慣れるととにかく使いやすくて、自分でボタンをカスタマイズ出来るのも魅力ですね。

使ってみて気に入らなかったところ

気に入らなかったところを上げるとすれば、4点あります。

①クリック音が意外とやかましい
②スクロールホイールが最初は硬い
③意外と親指を使うので、付け根~手首の橈骨側がしんどい
④慣れるまで時間が掛かる

特に今まで普通のマウスしか使ってこなかった方は、最初あまりにも使い勝手が違うのでかなりイライラさせられると思います。

クセで持ち上げてカーソル移動しようとして、「重ッ!あ、間違えた…」となる事がたびたびありました。

元がつまみ持ちをしてしまう方なので手で包むようにして操作するのになかなか慣れないですね。

使ってみて気に入っているところ

気に入っているところは4点あります。

①カッコイイ
②「進む」「戻る」ボタンがとにかく使いやすい
③ボールでのカーソル移動が慣れると楽
④レシーバーが収納できる

4つめは、外に持って出る機会がないのであまり関係ないですが、スマートに収納できるのは良いと思います。

2つめの「進む」「戻る」ボタンが一番の推しポイントで、もうこの機能は一度慣れてしまうと戻れません。

しかしなんと言っても一番はやはり「ルックス」で、今までのマウスも決して悪くはないのですが、PC付属のものなので、いかにも「付属のマウス」感が滲み出ていてあまり好きではありませんでした。

使ってみておすすめではないと思う人

軽い、シュッとしたデザインがお好きな方や、従来のマウス操作を変えたくない方にはオススメできませんね。

マウスのようにコロコロと本体を動かす訳ではないので、その安定感が良いのですが、実際にマウスと比べてみると、どしっとした感じで最初は私も戸惑いました。

あと、そもそもがトラックボールマウスがカッコイイと感じない方は全く気に入らないと思います。

私はカッコイイと思いますが、周りにはあまりそう感じる人がいないみたいで残念です。

使ってみておすすめだと思う人

トラックボールマウスに興味がある方におすすめで、ロジクールのものはかなりレビューも高評価ですが、実際使いやすいです。

サポートはまだ利用した事がございませんが、しっかりしているみたいですし、腱鞘炎に悩んでおられる方、少しですが、普通のマウスよりかはましになりますよ。

マウスと違い、デスクだけでなくソファ等の柔らかいところでも関係なく使えるので、寝転がりながらネットをされたい方などにもおすすめできるのではないかと思います。

LOGICOOL ワイヤレストラックボール SW-M570購入後の生活

以前のマウスが古かったからか、電池をとにかく喰うやつだったのですが、こちらに変えてから朝から深夜まで作業しまくっても全然電池切れの心配をする事が無くなりました。

最大の悩み、マウス腱鞘炎については残念ながら劇的改善とまではいきませんでしたが、「ややまし」になっただけで御の字です。

次回買い換える機会があれば、もしかすると静音マウスにするかもしれませんが、今のところトラックボール派から変わる気はないです。







-マウスのレビュー

Copyright© デジタルガジェットライフ , 2020 All Rights Reserved.