モバイルバッテリーのレビュー

soopii 5000mAh PB147ACWモバイルバッテリーのレビュー!使ってみた感想は「3種類のケーブル内蔵、ワイヤレス充電もできる多機能が素晴らしい」と感じた

東京都にお住いの35歳男性から2020年3月頃に購入されたsoopii 5000mAh PB147ACW(6in1)モバイルバッテリーを実際に使ってみたレビューをご紹介します。

モバイルバッテリーを欲しいと思ったきっかけ

スマホを2台持ちし、さらにワイヤレスイヤホン、デジカメ、ゲーム機を持ち歩いているのですが、よく充電を忘れてバッテリー切れになって困ってしまうことがよくありました。

そこでモバイルバッテリーを探していたのですが、スマホ(iPhone)はLightning端子、スマホ(Android)とワイヤレスイヤホンはUSB-B miniプラグ、デジカメはUSB-C端子、と見事にバラバラ。

それにモバイルバッテリー1台では、端末1台を充電していると、ほかの端末は充電できないので複数必要、となると荷物が増えてしまい二の足を踏んでいました。

しかし、それらの課題を一発で解決するモバイルバッテリーがあると聞いて、興味を持ちました。

モバイルバッテリーの候補にあがっていたもの

バッテリーの容量と、ケーブルの有無で悩みました。

バッテリー容量は多いに越したことはないのですが、毎日の持ち歩きを考えるとあまりに重すぎるほどのバッテリー容量は不要と考えました。

実際に持ってみると、300グラムを超えるとずっしりしてしまうので200グラム台前半の商品で探しました。

それと、持ち歩くガジェットの種類が多いのと、それぞれの充電端子が異なるので、ケーブルも最低3種類持ち歩く必要がありました。

ケーブルをつけ外しする手間とその重量も考えると、バッテリー本体から直接ケーブルが生えているバッテリーの方がスマートだと感じました。

soopii 5000mAh PB147ACW

OMKUYモバイルバッテリー

Luxtude 10000mAh モバイルバッテリー

soopii 5000mAh PB147ACWモバイルバッテリーに決めた理由

soopii 5000mAh PB147ACWモバイルバッテリー本体
まずバッテリーの容量と重量のバランスが絶妙でした。

5000mAhは少ないように見えますが、バッテリー重量が230グラムほどなので重すぎず、毎日の持ち運びでは許容範囲です。

それと、3種類の充電ケーブルをすべて内蔵している点もよかったです。

これまではそれぞれの端子に合わせたUSBケーブルを3本持ち歩いており、とても煩わしかったですが、このモバイルバッテリーは3本とも本体から直接生えているのでケーブルを別途持ち運ぶ必要がないので大変助かります。

さらに、ケーブル3本と同時に、ワイヤレスのQi規格で充電もでき、同時に4台に給電することができるのも選んだ理由です。

soopii 5000mAh PB147ACWモバイルバッテリーのスペック

soopii 5000mAh PB147ACWモバイルバッテリーのスペック

スペック

  • バッテリータイプ:リチウムポリマーバッテリ
  • バッテリー容量:5000mAh
  • ACプラグ入力:110V-240A~0.15A
  • ライトニング 出力(内蔵): 5V/2.1A(MAX)
  • Type-C 出力(内蔵): 5V/2.1A(MAX)
  • マイクロUSB出力(内蔵): 5V/2.1A(MAX)
  • USB出力ポート:5V/2.1A(MAX)
  • Qiワイヤレス充電対応: 5V/1A(MAX)
  • マイクロUSB入ポート力: 5V/2.1A(MAX)
  • MAX出力:2.1A
  • サイズ:横75 x 縦160 x 厚み9mm、重量240g

私は新品で購入しましたが、価格は3580円程度でした。

soopii 5000mAh PB147ACWモバイルバッテリーを実際に使ってみた

soopii 5000mAh PB147ACWモバイルバッテリーの内蔵ケーブルを出した状態
持ち歩いているガジェットの、バッテリーが切れる前に給電しながら使っています。

よくバッテリーが切れるのが、スマートフォンとワイヤレスイヤホン、デジカメです。

スマートだとのLightning端子、ワイヤレスイヤホンの充電ケースはUSB-B miniプラグ、デジカメはUSB-C端子なので、それぞれに直接接続し、モバイルバッテリーの本体ボタンを一度押すだけで給電がスタートするので大変便利です。

また同僚のiPhoneも同時に充電しなければならなくなったときは、ワイヤレス(Qi)で充電させてあげたこともあるので、最大4ガジェットに同時給電できました。

使ってみて気に入っているところ

一番気に入っているのは、持ち歩きしやすいこと。

サイズや重さもありますが、持った時の手触りや重量配分が心地よく、持ち歩く気持ちを起こさせてくれます。

そして充電ケーブル3本が内蔵されているの、でケーブルを持ち歩く必要がないことも快適です。

よく充電ケーブルを忘れて、空っぽのスマートフォンと満タンのモバイルバッテリーを手に途方に暮れたことがある身としては、ケーブルを忘れる心配がないということは、精神衛生上大変素晴らしいです。

また、ワイヤレス充電ができることも気に入っているポイントです。

こんな方にはおすすめしたい

  • 毎日持ち歩くモバイルバッテリーを探している人
  • 充電したいガジェットが複数あって、端子がバラバラな人
  • モバイルバッテリーでもワイヤレス充電をしてみたい人
  • 3種類の端子に対応したモバイルバッテリーが欲しい人
  • 手ごろな価格で、持ち運びしやすいモバイルバッテリーが欲しい人

使ってみて気に入らなかったところ

3種類のケーブルが本体から直接生えているのですが、ややケーブルが短いです。

特にUSB-B miniプラグが短めで、ガジェットの端子の位置によってはかなり無理をしないと挿せないことがあります。

コードリールにして欲しい、とまでは言いませんが、もう少し長さがあると取り回しがしやすくなると思います。

またワイヤレス充電(Qi)は、モバイルバッテリー上面の円形の部分に置くのですが、配置されているゴム状のパーツの幅が狭く、あまり滑り止め効果がないも惜しいところです。

iPhoneのように滑りやすい端末は、気をつけないとズレてしまい充電できていなかったことが何度かありました。

それ以外は特に不満はありません。

こんな方にはおすすめしない

  • とにかく大容量のモバイルバッテリーが欲しい人
  • モバイルバッテリーの充電ケーブルは自前で用意したい人
  • モバイルバッテリーから直接ケーブルが生えていると不安な人
  • 持ち歩くガジェットの種類が少ない人
  • 手持ちガジェットの充電端子の種類がバラバラでない人

soopii 5000mAh PB147ACWモバイルバッテリー購入後の生活

バッテリー切れの心配がなくなったことが大きいですが、それ以上に、充電ケーブルの持ち歩きを忘れる心配がなくなったことが大きいです。

これまで、何度も充電ケーブルを忘れてしまったので、このモバイルバッテリーさえ持っていれば充電できるという安心感は絶大です。

また、モバイルバッテリー本体にプラグがあり、給電が終わったら自動的に本体の充電が始まるので、モバイルバッテリー自体の充電を忘れる心配がないのも安心できるポイントです。

外出時の心配事が減ったので、気分を軽く外出ができます。







-モバイルバッテリーのレビュー

Copyright© デジタルガジェットライフ , 2020 All Rights Reserved.