モバイルバッテリーのレビュー

【2020年度】モバイルバッテリーのおすすめ10選と選び方

2020年5月15日

インターネットが当たり前の時代になり、iPhoneなどのスマホやiPadなどのタブレットなどモバイル機器が充実してきました。

外出先でもスマホで何でもできることが当たり前になってるがゆえに、バッテリー切れになってしまったら死活問題にもなりかねないので、充電切れが心配で満足に使えていないという方も多いでしょう。

しかし、様々な種類のモバイルバッテリーが世の中にでてきているため、「どのモバイルバッテリーが良いのか選び方がわからない」という方に向けて、モバイルバッテリーの選び方とおすすめをご紹介します。

モバイルバッテリーとは

モバイルバッテリーとは
モバイルバッテリーとは、持ち運びをして外出先で使用するモバイル機器向けの充電器のことです。

英語では「portable battery charger」と表記され、別の呼び方としては「携帯充電器」「モバイル充電器」「ポータブルバッテリーチャージャー」と言われています。

外出先でスマートフォンやタブレットなどモバイル機器のバッテリー残量がなくなり、周辺に充電できる環境がない場合でも、モバイルバッテリーを備えておくことで手軽に充電することができます。

モバイルバッテリーの選び方

モバイルバッテリーの選び方
モバイルバッテリーは様々なモデルがでていて充実していますが、「選び方がわからない」という場合は下記の4点がポイントになります。

選び方のポイント

  • バッテリー容量
  • サイズ(大きさ・薄さ)・重量(重さ)
  • 出力
  • 機能・仕様

上記4つの選び方のポイントを解説していきます。

バッテリー容量

モバイルバッテリーの容量
モバイルバッテリーの容量は「mAh(ミリアンペアアワー)」という単位で表記されています。

また、充電する際には「ロス率」という言葉がありますが、表記されている公称容量に対して実際に充電できる実測容量は製品にもよりますが、ロス率は約20%~40%前後が目安になります。

(表記が10000mahの場合、実際に充電できる容量は6000mah~8000mahとなります。)

モバイルバッテリーを選ぶ際の目安になるかと思いますので、参考に歴代のiPhone(スマホ)やiPad(タブレット)のバッテリー容量は下記となります。

iPhoneのバッテリー容量

  • iphone7:1960mAh
  • iphone8:1,821mAh
  • iphone SE:1821mAh
  • iphone X:2,716mAh
  • iphone XR:2,942mAh
  • iphone XS:2,658mAh

iPadのバッテリー容量

  • iPad Pro 11:7,812 mAh
  • iPad Pro 12.9(第3世代):9,720 mAh
  • iPad Pro 10.5:8,134 mAh
  • iPad Pro 9.7:7,306 mAh
  • iPad Air(第3世代):9,720 mAh
  • iPad(第7世代):8,227 mAh
  • iPad mini(第5世代):5,124 mAh

上記のiPhone(スマホ)やiPad(タブレット)のバッテリー容量を踏まえると選ぶべきバッテリー容量は下記となります。

バッテリー容量の目安

  • 3,000mAh:スマホは約1回分・タブレットは約3分の1
  • 5,000mAh:スマホは約1.5回分・タブレットは約2分の1
  • 10,000mAh:スマホは約3回分・タブレットは約1回分
  • 15,000mAh:スマホは約4回分・タブレットは約1.5回分
  • 20,000mAh:スマホは約5回分・タブレットは約2回分

サイズ(大きさ・薄さ)・重量(重さ)

モバイルバッテリーのサイズ
モバイルバッテリーは普段から持ち歩くことになりますので、持ち運びがしやすいサイズかがポイントになります。

安易に何回も充電できる大容量を選んでしい、サイズが大きすぎたり重かったりすると持ち運びが億劫になってしまうと本末転倒になってしまいます。

バッテリー容量と合わせてサイズは確認していき、スマホ1回分のバッテリー容量でも「軽量で小さい」ものや「コンパクトで薄い」などバリエーションがありますので、使用するシチュエーションに合わせて選びましょう。

出力

急速充電ができるモバイルバッテリー
モバイルバッテリーの出力は、電力は「W(ワット)」、電流は「A(アンペア)」で表記され、「V(ボルト=パワー)×A(アンペア=量)=W(ワット=電力)」で決まります。

電圧(V)が高いほど充電は安定し、電流(A)が高いほど充電スピードが速くなります。

スマートフォンの電圧(V)は基本的には5Vとなっているようなので、目安としては「ボルトは5V以上」「アンペアは2A以上」のものを選ぶことをおすすめします。

また、最近では充電時間が早い「2.4A」や「5A」などのモデルも出てきていますので、効率的に充電したい方は、ワット数やアンペア数もチェックしてみましょう。

機能・仕様

モバイルバッテリーの機能
モバイル機器が充実してきた現代では、モバイルバッテリーの需要は非常に高くなっており、様々な「機能」や「仕様」が充実してきました。

下記の一覧は、モバイルバッテリーを選ぶ際に最低限知っておくべき「機能」や「仕様」になります。

機能や使用の一覧

  • ポート数:2ポート以上搭載していると同時充電なども可能
  • USB-C対応:次世代のUSB規格として制定された最新のコネクタ規格
  • USB PD(Power Delivery):最大100Wの大きな電力供給を可能にするUSB電力拡張規格でノートPCへの受給電にも対応
  • Quick Charge(QC):急速充電規格で通常のUSB充電よりも速く充電できる(最新バージョンはQuick Charge 3.0)
  • VoltageBoost:充電速度低下の原因となるケーブル抵抗を抑えてハイスピード充電をサポート(Anker独自の技術)
  • PowerIQ:USBポートに接続したモバイル機器を自動識別して、最大のスピードで充電できるように電力供給を自動調整してくれる(Anker独自の技術)
  • QI(チー):国際標準規格のワイヤレス充電機能
  • ソーラーチャージャー:太陽光で自動的に電力を作り本体へ蓄電してくれる

モバイルバッテリーのおすすめ10選

モバイルバッテリーを使用目的に合わせてモバイルバッテリーのおすすめを10つご紹介します。

また、アマゾンや楽天、Yahoo!ショッピングでモバイルバッテリーの売れ筋ランキングをご参考にすると、自身にあったモバイルバッテリーを選びやすくなるでしょう。

TNTOR WT-230 Plus 2500mAhモバイルバッテリー|薄い!軽い!

TNTOR WT-230 Plus 2500mAhモバイルバッテリー|薄い!軽い!

スペック

  • サイズ:91.3mmx64.1mmx4.0mm
  • 重量:57.7g
  • バッテリー容量:2500mAh
  • 出力:5v=1A

史上一番薄いとされているモバイルバッテリーで、厚さ4mmと超薄型でクレジットカード4枚分の厚さしかありません。

財布、ポケット、ハンドバッグに入れることが可能で、高品質のスチール製は滑らかで触り心地も良く、自動給電でプラグアンドプレイ、ボタンなし、自動的に適切な電流に一致させて、給電が始まる仕様になっています。

また、Micro-USBケーブル内蔵し、別にケーブルを用意しなくても充電することが可能で、iPhone&Android対応でLIGHTNING変換アダプタも3つ付属されています。

Anker PowerCore 5000モバイルバッテリー|軽量で小さい!

Anker PowerCore 5000モバイルバッテリー|軽量で小さい!

スペック

  • サイズ:10.8cm x 3.3cm x 3.3cm
  • 重量:136g
  • バッテリー容量:5000mAh
  • 出力:5V=2A

スティック型ながら5000mAhの大容量を搭載し、コンパクトサイズで驚くほど小さく軽量で、わずか高さ10cm・幅3cmほどで、ポケットやカバンにも簡単に収まります。

また、Anker独自技術である「PowerIQ」と「VoltageBoost」により、お使いのすべての機器に対し、最大2Aで急速充電(フルスピード充電技術)が可能です。

パッケージ内容にトラベルポーチが付属しますので、モバイルバッテリーとケーブルを1つにまとめて持ち運べてとても便利です。

Anker PowerCore Fusion 5000モバイルバッテリー|コンセント付き2in1!

Anker PowerCore Fusion 5000モバイルバッテリー|コンセント付き2in1

スペック

  • サイズ:約72 x 70 x 31mm
  • 重量:約189g
  • バッテリー容量:5000mAh
  • 出力:5V=2.1A(Micro USB使用時)/5V=3A(モバイルバッテリー使用時)

モバイルバッテリーと2ポートUSB充電器がひとつになった台で2役こなすハイブリッドなモバイルバッテリーです。

こちらもAnker独自技術のPowerIQとVoltageBoostにより、あらゆるUSB機器にフルスピード充電が可能で、折りたたみ式プラグを採用しているので持ち運びに便利です。

また、USB充電器として使用しながらAnker PowerCore Fusion本体を充電でき、そのままモバイルバッテリーとして持ち歩くことができます。

あわせて読みたい


こちらの記事でAnker PowerCore Fusion 5000モバイルバッテリーのレビューをまとめています。


MOXNICE MON(1043)10000mahモバイルバッテリー|コンパクトでおしゃれ!

MOXNICE MON(1043)10000mahモバイルバッテリー|コンパクトでおしゃれ!

スペック

  • サイズ:約82 x82 x15mm
  • 重量:約160g
  • バッテリー容量:2500mAh
  • 出力:5V=2.1A

便利な手のひらサイズでありながらも、10000mAhで大容量というコンパクトなモバイルバッテリーです。

ポケットやカバンの中に入れて持ち運びやすいですし、各ポート2.1Aの合計で4.2A出力が可能なので、2台同時充電可能な仕様になっています。

デザインに工夫がされており、頑丈で高級感があり、おしゃれなデザインから女性にもひそかに人気があるところが見受けられるモバイルバッテリーです。

Anker PowerCore 10000モバイルバッテリー|コスパ抜群の定番モデル

Anker PowerCore 10000モバイルバッテリー|コスパ抜群の定番モデル

スペック

  • サイズ:約92 x 60 x 22mm
  • 重量:約180g
  • バッテリー容量:10000mAh
  • 出力:5V=2.4A

AnkerのAmazonランキング大賞「2017(上半期) ~2018(年間)」までの4期連続ベストセラー1位を獲得しているコスパ抜群のロングセラーモデルです。

10000mAh以上のモバイルバッテリーでは2020年4月時点で「世界最小&最軽量クラス」で、大きさはクレジットカードサイズ、重さも卵3つ分ほどのわずか約180gで、いつでもどこでも気軽に持ち運べます。

Anker独自技術PowerIQとVoltageBoostも搭載されており、機内持ち込み可能なので(機内持ち込みのルールは2019年5月時点)、国内外の長時間のフライトだけでなく、旅行や出張の際にも便利です。

Anker PowerCore Essential 20000モバイルバッテリー|超大容量

Anker PowerCore Essential 20000モバイルバッテリー|超大容量

スペック

  • サイズ:約158 x 74 x 19 mm
  • 重量:約343g
  • バッテリー容量:2500mAh
  • 出力:5V=3A (各ポート最大2.4A)

20000mAhの超大容量で、スマホは約5回分・タブレットは約2回分の充電をすることができますので、モバイル機器をたくさん持ち運ぶ方にお勧めです。

Anker独自の多重保護システムを搭載しているため、長い期間で安心して使用することができ、スタイリッシュなメッシュ加工や洗練されたブルーのLEDライトなど細部までこだわり、上質なデザインと使いやすさを両立ています。

これまでのAnkerシリーズ同様にAnker独自技術PowerIQとVoltageBoostでフルスピード充電の急速充電が可能です。

Anker PowerCore+ 26800 PDモバイルバッテリー|ノートパソコンにも充電できる急速充電

Anker PowerCore+ 26800 PDモバイルバッテリー|ノートパソコンにも充電できる急速充電

スペック

  • サイズ:約180 x 80 x 24 mm
  • 重量:約580g
  • バッテリー容量:2500mAh
  • PD出力:5V=3A、9V=3A、15V=3A、20V=2.25A
  • USB-A出力:5V=3A(各ポート2.4A)

最大45W出力のUSB-Cポートからノートパソコンへのフルスピード充電が可能で、最大15W出力のUSB-Aポートも2つ搭載し、スマートフォン、タブレット端末への充電にも最適です。

バッテリー容量は26800mAhなので、iPhone 11 Proを6回以上、iPad Proを2回以上、 MacBookなどを1回以上充電できるので、ノートパソコン持っている人にもおすすめできる超大容量のモバイルバッテリーです。

付属のPowerIQ3.0対応USB-C急速充電器をPower Delivery対応のUSB-Cポートに接続の場合、わずか3時間半でバッテリー本体への満充電が可能なので、日常の使いやすさにも配慮されたモデルです。

iWALK Link Me Plus 3300mAhモバイルバッテリー|iPhoneユーザーにおすすめ

iWALK Link Me Plus 3300mAhモバイルバッテリー|iPhoneユーザーにおすすめ

スペック

  • サイズ:7.2cmx4.2cmx2.3cm 91.mm364.1mmx4.0mm
  • 重量:75g
  • バッテリー容量:3300mAh
  • 出力:5V=1.5A

Lightningコネクター内蔵型なので、充電ケーブルを持ち歩かなくてもiPhoneやiPodに充電できるので便利なので、Appleユーザーにおすすめのモバイルバッテリーです。

大きさは口紅とほぼ同じサイズの究極の小型サイズで、おしゃれ性と携帯性を持ち合わせており、3300mAhというバッテリー容量はスマホ約1回フル充電可能なので、日常用の予備電源として最適です。

また、スマホに充電しながら本体への給電もすることが可能なので、就寝前にバッテリー本体とスマホをつないで充電すれば、朝には2台のデバイスが準電が完了しているので使い勝手が良いです。

cheero Power PlusのDANBOARDシリーズのモバイルバッテリー|ダンボー好きなら!

cheero Power PlusのDANBOARDシリーズのモバイルバッテリー|ダンボー好きなら!

Cheero(チーロ)からでているダンボーシリーズのモバイルバッテリーです。

バッテリー容量も3000mAhから10000mAh以上など幅広くラインナップされているので、どうせもつなら好きなキャラが良い!という方にピッタリなモバイルバッテリーです。

エレコムのホワイトフェイスシリーズのモバイルバッテリー|かわいいデザインなら!

エレコムのホワイトフェイスシリーズのモバイルバッテリー|かわいいデザインなら!

エレコムからでているホワイトフェイスシリーズのモバイルバッテリーです。

こちらもバッテリー容量も3000mAhから10000mAh以上など幅広くラインナップされており、スティック型からスクエア型など形も選びいやすくなっています。

ホワイトフェイスのかわいいデザインに魅かれて使っているユーザーもいるので、かわいいものが良い!という方におすすめです。

まとめ

モバイルバッテリーのおすすめ10選をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

モバイル機器が充実してきた現代ではモバイルバッテリーは必需品と言っても過言ではないほど需要が高まってきていますので、使用用途に合わせて適切にぶことで、快適なデジタルライフになるでしょう。

是非、自分にぴったりのモバイルバッテリーを選んでください。







-モバイルバッテリーのレビュー

Copyright© デジタルガジェットライフ , 2020 All Rights Reserved.