モバイルバッテリーのレビュー

Anker PowerCore Fusion 5000モバイルバッテリーのレビュー!使ってみた感想は「自宅では電源コンセントに挿しっぱなしでUSB充電器として使えて便利」と感じた

千葉県にお住いの45歳女性から2020年10月頃に購入されたAnker PowerCore Fusion 5000モバイルバッテリーを実際に使ってみたレビューをご紹介します。

モバイルバッテリーを欲しいと思ったきっかけ

長期に使用していた小米(シャオミ)のモバイルバッテリーの調子がイマイチだったのと、充電器と一体型のモバイルバッテリーが欲しく探していました。

ガジェット好きで詳しい人がANKERを勧めていたの気になり、調べてみたら値段が手ごろでコンパクト、ソケット部分が収納できるので、出張や旅行時の携帯にも便利そうだと思い購入しようと思いました。

カラーバリエーションも黒、白、赤とどの色もそれぞれ魅力的なのも購入のきっかけになりました。

モバイルバッテリーの候補にあがっていたもの

自身はガジェット方面に明るくないので、口コミやレビュー、売れ行きなどを調べていました。

価格帯も幅広く格安のものからそこそこお値段のするものまで、何がどう違うのか?イマイチよくわからなかったので、大手メーカー、よく聞くメーカーなど知名度が高いメーカーのものにしようと絞り込みました。

あまりにも安価なものでスマホやほかの端末のバッテリーを傷めたり、故障の原因などになったら本末転倒ですしね。

元々、スマホやPCなど安価でないですし。

Anker PowerCore Fusion 5000

Anker PowerCore Fusion Ⅲ 5000

Anker PowerCore Slim 10000 PD

Anker PowerCore Fusion 5000モバイルバッテリーに決めた理由

Anker PowerCore Fusion 5000モバイルバッテリーの化粧箱

小さくてかわいい、ソケットの収納が出来る、チャイナ製にしてはレビューの評価も比較的高く、一定数の日本人が購入しているのとモバイル関連の商品を多く出しており、いづれも高評価であったのが決めてです。

無印良品のOEM生産をしているという情報も入手していたので、無印と提携しているなら大丈夫だろう、というのもありました。

デザインもおしゃれで部屋に有っても違和感がなく、価格も3000円ほどで手ごろなのも決め手です。

Anker PowerCore Fusion 5000モバイルバッテリーのスペック

Anker PowerCore Fusion 5000モバイルバッテリーのスペック

スペック

  • 重量:約189g
  • サイズ:約72 x 70 x 31mm
  • 入力:【AC使用時】100-240V=0.5A
  • 【Micro USB使用時】5V=2.1A
  • 出力:【AC使用時】5V=2.1A (各ポート最大2.1A)
  • 【モバイルバッテリー使用時】5V=3A (各ポート最大3A)
  • バッテリー容量:5000mAh

私は新品で購入しましたので、価格は3090円でした。

Anker PowerCore Fusion 5000モバイルバッテリーを実際に使ってみた

Anker PowerCore Fusion 5000モバイルバッテリーの本体を充電している様子
現在、リモートワークで自宅におりますが、モバイルバッテリーは常にそばにおいており、スマホの電池切れの際にはこちらから充電しています。

スマホの充電をしながら、モバイルバッテーリーの充電をしたりと重宝しています。

充電器用のUSBケーブルが不要になったので、コンパクトで見た目もすっきり、外出時の荷物も減りました。

少し重いのが難点ですが、充電速度も速く、5000mAhあるので、iPhoneSE2なら2~2.5回くらいは余裕でフル充電可能です。

使ってみて気に入っているところ

充電器とモバイルバッテリーが一体なので、ケーブルが少なくて済む、モバイルバッテリーを充電するための充電器が不要なところです。

急速充電でき、デザインもおしゃれ、厚みはあるけどカードサイズで比較的コンパクト、価格も手ごろで高評価です。

ANKER製品初めて買いましたが、ガジェット好きな人が勧める理由がなんとなく分かったような気がします。

他のガジェットもANKERでそろえてみたくなる、謎の中毒性も気に入っています。

こんな方にはおすすめしたい

  • 充電器とモバイルバッテリー一体型を探している人
  • 容量は5000mAhで足りそうな人
  • 3000円くらい購入したい人
  • チャイナっぽくないデザインを探している人
  • ちょっとおしゃれなモバイルバッテリーが欲しい人

使ってみて気に入らなかったところ

特に大きく不満な点はありませんが、しいて言えば、以前使用していた小米(シャオミ)の方が薄くて軽かったので、重量に不満ですね。

カードサイズと言いながらも厚みは2cm以上あるので、少しぼってりしている感じがします。

機能的には、USBポートが2個、タイプCのポートが1個で同時充電もできるので不満はありませんが少ないと感じる人もいるかもしれません。

iPhoneユーザーなのでタイプCは使わないのであってもなくてもどちらでも良いです。

こんな方にはおすすめしない

  • 安ければ安い方がという価格重視の人
  • アンチチャイナ製品の人
  • 充電器とモバイルバッテリー一体型にこだわらない人
  • 軽くて薄いモバイルバッテリーを探している人
  • メタルっぽいデザインが好きな人

Anker PowerCore Fusion 5000モバイルバッテリー購入後の生活

コード類を少しでも減らしたくて購入しました。

充電器とモバイルバッテリーが一体型なのでコードも少なくなり、色も従来のシルバーや黒ではなく白を買ったので、見た目も温かみがあるのでとても気に入っています。

あまりガジェット系には興味はありませんでしたが、日々進化しているのを感じました。

テレワークで、今まで以上にPCやモバイルを使う時間が増えているのでより便利に快適にモバイルPC環境を整えるために積極的に活用していこうと思いました。







-モバイルバッテリーのレビュー

© 2021 デジタルガジェットライフ