ワイヤレスイヤホンのレビュー

Apple AirPods Proワイヤレスイヤホンのレビュー!使ってみた感想は「AirPodsより5,000円高いだけなのに生活がより快適に」と感じた

大阪府にお住いの20歳男性から2020年4月頃に購入されたApple AirPods Proワイヤレスイヤホンを実際に使ってみたレビューをご紹介します。

ワイヤレスイヤホンを欲しいと思ったきっかけ

欲しいと思ったきっかけは3つあります。

1つ目は、Apple純正の有線のイヤホンを使用していましたが、通学中、鞄や服などに線が引っかかり、不便だった点です。

2つ目は、電車での通学時間が長く、電車の中でイヤホンを使用するので、騒音を防ぐノイズキャンセリング機能を搭載したイヤホンが欲しいと思ったからです。

3つ目は、AirPod pro は様々な芸能人が利用しており、自分も使用することに憧れを感じたからです。

ワイヤレスイヤホンの候補にあがっていたもの

まずは音質についてです。

当方は、通学時間などで音楽を聴く頻度が高いので、なるべくクリアな音声で音楽を楽しみたいと思い音質の良さをそれぞれ比較して悩んでいました。

また、Appleの製品を選ぶか、それ以外の商品を選ぶのかという点でも悩みました。

当方はiPhoneを使用していて、同じApple製品で揃えたいというこだわりがあったのと、AirPodsProのワイヤレスの接続がとても簡単だと記載されていたので、購入しようと思ったのですが、Apple以外の製品で音質がより良いものがあったので悩みました。

Apple AirPods Pro

Apple AirPods 第2世代

SONY WF-1000XM3

Apple AirPods Proワイヤレスイヤホンに決めた理由

Apple AirPods Proワイヤレスイヤホンの充電ケース
1つ目は、ノイズキャンセリング機能が搭載されているということです。

当方は、電車をよく利用しており、電車の中でイヤホンを使用しているので、ノイズが気になっていたところAirPods proという商品と出会えたのでそれに決めました。

2つ目は、携帯とイヤホンが同じApple製品なので、接続がとても簡単だという点です。

他社の製品では、接続するたびにボタンを押すなど不便なものもありましたが、AirPods proは耳に装着するだけで接続できるので、この製品を選びました。

Apple AirPods Proワイヤレスイヤホンのスペック

Apple AirPods Proワイヤレスイヤホンのスペック

スペック

  • ノイズキャンセリング機能:有
  • 外音取り込み機能:有
  • 防水:IPX4
  • 急速充電:5分充電/1時間再生
  • ハンズフリー通話:対応
  • マイク:有
  • Bluetoothバージョン:5 
  • オーディオテクノロジー:アクティブノイズキャンセリング/外部音取り込みモード/アダプティブイコライゼーション/均圧のための通気システム/専用の高偏位Appleドライバ/専用のハイダイナミックレンジアンプ
  • センサー:デュアルビームフォーミングマイクロフォン/内向きのマイクロフォン/デュアル光学センサー/動きを感知する加速度センサー/音声を感知する加速度センサー/感圧センサー
  • チップ:H1ベースのSiP(System in Package)
  • コントロール:感圧センサーを1回押して再生、一時停止、電話に応答/2回押して次の曲にスキップ/3回押して前の曲にスキップ/長押しでアクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードを切り替え/「Hey Siri」と話しかけるだけで、曲の再生、電話の発信、経路のチェックなどの操作が可能
  • AirPods Pro(左右各)のサイズ:高さ:30.9mm/幅:21.8mm/厚さ:24.0mm
  • AirPods Pro(左右各)の重量:5.4g
  • Wireless Charging Caseの高さ:45.2mm/幅:60.6mm/厚さ:21.7mm
  • Wireless Charging Caseの重量:45.6g
  • 充電ケース:Qi規格の充電器とLightningコネクタに対応
  • AirPods Proのバッテリー:1回の充電で最大4.5時間の再生時間(アクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードをオフにした場合は最大5時間)/1回の充電で最大3.5時間の連続通話時間
  • AirPods Pro with Wireless Charging Caseのバッテリー:24時間以上の再生時間/18時間以上の連続通話時間/充電ケースでの5分間の充電で約1時間の再生時間(または約1時間の連続通話時間)
  • 通信機能:Bluetooth 5.0
  • 公式サイト:https://www.apple.com/jp/airpods-pro/

私は新品で購入しましたが、価格は27800円でした。

Apple AirPods Proワイヤレスイヤホンを実際に使ってみた

Apple AirPods Proワイヤレスイヤホンの本体
例えば、ランニングをする際に使用しています。

有線のものだと服に引っかかりとても不便でしたが、無線なので、その心配はなく、思いっきり走ることができます。

イヤホンもしっかりと耳にフィットするので、激しい運動をしない限り、耳から落ちる心配はありません。

また電車の中でも使用していて、電車の中ではノイズキャンセリング機能を使用し、他の人の喋り声や電車の音をカットして快適に音楽を聴いたり、動画を見たりしています。

使ってみて気に入っているところ

気に入っているところは、ノイズキャンセリング機能があるということです。

以前使っていたものは、ノイズを防ぐ機能がなく、電車の中やショッピングモールの中など、騒音がある場所では音がはっきり聴こえずストレスに感じていましたが、AirPods proのノイズキャンセリングは優秀で、これらの騒音をほとんど消してくれます。

そのおかげで、音楽や映画などを快適に楽しむことができるのでとても気に入っています。

また、耳に装着するだけで接続される点もとても便利です。

こんな方にはおすすめしたい

  • 通学時間が長い人
  • iPhoneを使用している人
  • ノイズキャンセリング機能搭載のイヤホンが欲しい人
  • 初めてワイヤレスイヤホンを購入する人
  • スタイリッシュなデザインが好きな人

使ってみて気に入らなかったところ

気に入らなかったところは、イヤホンを充電する必要があるということです。

もちろんBluetoothでのワイヤレスイヤホンはどの製品も充電が必要なのですが、元々有線のイヤホンを使っていたので、一定間隔で充電をする必要があるのは少し不便に感じました。

また、AirPods pro自体はとても小さく、紛失しやすいと感じています。

専用のケースに入れる時に落としてしまったり、ポケットの中に入れたままで数分探したりと、有線のイヤホンに比べて紛失する頻度が少し増えた気がします。

こんな方にはおすすめしない

  • イヤホンにお金をかけたく無い人
  • iPhoneを使用していない人
  • より高い音質を希望している人
  • イヤホンを充電するのが面倒だと思う人
  • 激しい運動をする際にイヤホンを使用する人

Apple AirPods Proワイヤレスイヤホン購入後の生活

ストレスフリーな生活を送れるようになりました。

通学時間がとても長く、電車の騒音がとても苦手でしたが、購入品のノイズキャンセリング機能によって騒音を消すことができ、音楽を聴きながら快適な通学時間を過ごしています。

また、快適に音楽を聴くことができるので、イヤホンを使用する時間も以前より長くなりました。

通学などの移動中、ランニング中、本を読みながらなど、様々な生活のシーンで購入したイヤホンを取り入れています。







-ワイヤレスイヤホンのレビュー
-

© 2021 デジタルガジェットライフ