スピーカーのレビュー

Harman Kardon SOUNDSTICKS Ⅲスピーカーのレビュー!使ってみた感想は「ハーマン・カードンの愛らしさ」と感じた

2019年5月22日

山形県にお住いの10代女性から2018年11月頃に購入されたHarman Kardon SOUNDSTICKS Ⅲスピーカーを実際に使ってみたレビューをご紹介します。

スピーカーを欲しいと思ったきっかけ

家にテレビが無く、代わりにモニターで映画やテレビを見ていたのですが、音量や音質に限界がありかなり至近距離でないと音が聞き取りづらかったため購入に至りました。

また、テレビよりも映画を頻繁に見たり、友人を招いての映画鑑賞会もしばしばあったために音に躍動感が必要だと感じたからです。

引っ越したばかりで部屋に家具が少ないということもあり、大きめのスピーカーで尚且つ見た目にインパクトのあるものが欲しいと思いました。

スピーカーの候補にあがっていたもの

Harman Kardon社のスピーカーはどれも見た目が奇抜なものが多く、中でもAURA PLUSはシンプルでスタイリッシュかつワイヤレススピーカーであるという点に惹かれました。

どこにでも置けるため、使用するときの状況に応じて手軽に移動できるのも良い点です。

Echoのスマートスピーカーは持ち運びに便利でAlexaの機能も兼ね備えているので、スピーカー以外の用途に使用したり複数個購入して部屋ごとに設置するのも良いかと考えたからです。

Harman Kardon SOUNDSTICKS Ⅲ

created by Rinker
ハーマンカードン(Harman Kardon)

Harman Kardon AURA PLUS

Harman Kardon AURA PLUS
created by Rinker
ハーマンカードン(Harman Kardon)

Amazon Echo 第2世代 スマートスピーカー

Harman Kardon SOUNDSTICKS Ⅲスピーカーに決めた理由

Harman Kardon SOUNDSTICKS Ⅲスピーカーの外箱
洗練されたフォルムにサブウーハーも付いており、何より見た目がスピーカーらしくないところが気に入りました。

電源を入れた際に内部が光ることから「青クラゲ」の愛称でも呼ばれており、デザインにこだわりのある人々からも根強い人気を誇っていたのも決め手となっています。

また、使用していないときでもインテリアの一部として空間に溶け込んでいるので、家具全体の中でも悪目立ちをしない点も良いです。

Harman Kardon SOUNDSTICKS Ⅲスピーカーのスペック

Harman Kardon SOUNDSTICKS Ⅲスピーカーのスペック

スペック

  • オーディオ入力:Bluetooth×1、外部入力(3.5mmステレオ ミニ)×1
  • Bluetooth:バージョン:Bluetooth2.1+EDR
  • 伝送範囲:Class 2(通信距離約10m、障害物がない場合)
  • 対応プロファイル:A2DP、AVRCP
  • 最大出力:総合40W (サテライト:10W×2、ウーファー:20W×1)
  • サテライト(使用ユニット):25mm径ネオジウムドライバー左右各4個
  • サブウーファー(使用ユニット):150mm径ネオジウムドライバー×1
  • 周波数特性:44Hz - 20KHz
  • サテライト(サイズ):直径51mm、高さ254mm
  • サブウーファー(サイズ):直径232mm、高さ258mm
  • サテライト(重量):0.7kg×2
  • サブウーファー(重量):2.2kg(本体のみ)
  • 電源:AC電源アダプター(100〜240V 50Hz/60Hz)

新品価格だと6万円ぐらいなのですが、私は中古で28,037円で購入することができました。

created by Rinker
ハーマンカードン(Harman Kardon)

Harman Kardon SOUNDSTICKS Ⅲスピーカーを実際に使ってみた

Harman Kardon SOUNDSTICKS Ⅲスピーカーのスピーカーユニット部分
主に映画観賞に使用していて、パソコンからモニターに接続し、ミラーリング機能でAmazonプライム・ビデオを視聴する際にBluetoothの機能を使っています。

一人でお酒を飲みながらや、友人との映画鑑賞会に活用しています。

また、スマートフォンでユーチューブを見たりするときや、友人が家に遊びに来ているときの沈黙が気まずくならないようにBGMをかけたりするときに使用しています。

本を読み上げるアプリを使用する際にも活用しています。

使ってみて気に入らなかったところ

本体のウーハーの内部が空洞になっていて、上部にある穴から音を出す構造になっているのですが、ほこりやごみが入ってしまうとウーハーを分解することができないのでそのまま汚れが堆積してしまいます。

そのため、上部にある穴をティッシュや穴より少し大きめのボールなどで塞がないといけないので、折角の音のクオリティが少し下がってしまいます。

また、サイズもとても大きく持ち運びには不便なので、使用用途が限られてきます。

使ってみて気に入っているところ

丸くて愛らしいフォルムに美しい造形をしているので、見るだけで「おしゃれなものを持っている」と嬉しくなります。

友人が遊びに来た際にも「スピーカーらしくないね」「どこから音が出てるの?」などとスピーカーに興味を持ってもらえる点も良いです。

また、内部のライトが激しい光ではなく優しい光であるので、就寝をする際の間接照明として活用できる点も良いです。

電源ボタンが後ろ側の特に目立たない位置についていることも良いです。

使ってみておすすめではないと思う人

重低音が響く反面、音の中でも悪目立ちしてしまうので音質にこだわる人には不向きかと思います。

また、可愛らしい空間や生活感のある空間の中では、独創的な作りをしていることが裏目に出て浮いてしまうかもしれません。

お風呂や料理中、などに音楽を聞きたい方も、持ち運べない点を好ましく思わないと思います。

部屋数が多い人や、スピーカーとしてだけではなくAlexaも搭載しているものを探している方にも向かないと思います。

使ってみておすすめだと思う人

「とにかくデザインにこだわりたい」「人と被らないスピーカーが欲しい」「シンプルな部屋にしたいが物足りない」そんな人にオススメなのではないでしょうか。

個性的なものを求めている方や、重低音を効かせた音楽をよく聞く方も良いと思います。

サブウーファーが二つ付いているので、それぞれを足元に置いたり手元に置いたりと、音の聞こえる位置を細かく調節することができるので、音楽やボイスを空間的に楽しみたい方にも向いているのではないでしょうか。

Harman Kardon SOUNDSTICKS Ⅲスピーカー購入後の生活

音楽無しでは生活できない体になりました。

映画を観る際にもモニターだけの音声ではイマイチ満足できず、なかなか物語に没頭することができなくなってしまいました。

以前は仕事中のBGMをスマートホンで流していましたが、音が一方向からしか流れて来ないことと別アプリを起動した際に音楽が止まってしまうことも間々あったので、それらの不満を全て改善してくれるスピーカーを導入したことは、もはや私のライフスタイルにはなくてはならないものとなりました。

created by Rinker
ハーマンカードン(Harman Kardon)







-スピーカーのレビュー

Copyright© デジタルガジェットライフ , 2021 All Rights Reserved.