ノートパソコンのレビュー

ASUS ZenBook 13 UX325EAノートパソコンのレビュー!使ってみた感想は「ちょうど良いスペックでテレワークも持ち出しも可能」と感じた

神奈川県にお住いの45歳男性から2021年5月頃に購入されたASUS ZenBook 13 UX325EAノートパソコンを実際に使ってみたレビューをご紹介します。

ノートパソコンを欲しいと思ったきっかけ

自分の会社ではまだまだ浸透していませんが、コロナの状況下でテレワークが進み、テレワーク対応をしている相手方の会社とのズーム会議が多くなりました。

外出時に持ち出し可能なパソコンが提供されておらず、今後のためにも自分で対応でき、自宅に持ち帰ることのできるパソコンを買いました。

外出時にもクラウドワークができたり、スマホで対応していたものがパソコンでできるようになり、便利になりました。

ノートパソコンの候補にあがっていたもの

特に高機能なものを探していたわけではありませんでしたが、ある程度仕事でも影響の出ない程度のスペックが欲しいと思っていました。

はじめはMacを検討をしていましたが、やはり仕事の連携を考えるとWindowsをはずすことはできないと思い、MacはあきらめてWindowsベースのものを選びました。

スマホとの連携部分ではMacは捨てがたいと思いましたが、結果的にはWindowsでよかったと思っています。

ASUS ZenBook 13 UX325EA

Apple Macbook Air retina 13 2021

Dell Inspiron 15 5000 5505

ASUS ZenBook 13 UX325EAノートパソコンに決めた理由

ASUS ZenBook 13 UX325EAノートパソコンのスクリーン

悩みはiOSかWindowsかという部分だけで、ある程度のスペックがあれば機種はあまり考えていませんでした。

いくつかの店舗を周りながら、パソコンの金額と定員の対応を見ながら決めようと思っていました。

店舗によってはリース対応のようなサブスクリプションでパソコンを買って、時期が来たら変えることもできるシステムも検討の一つに入れましたが、結果的には購入した方がいいかなと思い、定員の対応も良かったケーズデンキで購入しました。

ASUS ZenBook 13 UX325EAノートパソコンのスペック

ASUS ZenBook 13 UX325EAノートパソコンのスペック

スペック

  • OS:Windows 10 Home 64ビット
  • CPU:【UX325EA-EG124T / UX325EA-EG124TS】 インテル® Core™ i7-1165G7 プロセッサー / インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー2.0対応:最大4.7GHz / インテル® スマート・キャッシュ 12MB【UX325EA-EG109TS / UX325EA-EG109T】インテル® Core™ i5-1135G7 プロセッサー / インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー2.0対応:最大4.2GHz / インテル® スマート・キャッシュ 8MB
  • グラフィックス機能:インテル® Iris® Xe グラフィックス (CPU内蔵)
  • 表示機能:13.3型ワイドTFTカラー液晶 / ノングレア / 1,920×1,080ドット (フルHD)
  • メインメモリ:【UX325EA-EG124T / UX325EA-EG124TS】16GB LPDDR4X-4266【UX325EA-EG109TS / UX325EA-EG109T】8GB LPDDR4X-4266
  • 記憶装置:SSD 512GB (PCI Express 3.0 ×2接続)
  • インターフェース:HDMI ×1 / Thunderbolt 4 (Type-C) ×2 / USB3.2 (Type-A/Gen1) ×1 / microSDXCメモリーカード / microSDHCメモリーカード / microSDメモリーカード / ヘッドホン・ジャック ×1
  • 入力機能:キーボード / 89キー日本語キーボード (イルミネートキーボード) / ポインティングデバイス / マルチタッチ・タッチパッド
  • サウンド機能:ハイ・デフィニション・オーディオ準拠 / ステレオスピーカー内蔵 (1W×2) / アレイマイク内蔵
  • Webカメラ:92万画素赤外線(IR)カメラ内蔵
  • 通信機能:LAN-1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T (RJ45) / 無線LAN-IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax / Bluetooth® 機能 / Bluetooth® 5.0
  • 電源:ACアダプターまたはリチウムポリマーバッテリー (4セル)
  • バッテリー:【UX325EA-EG124T / UX325EA-EG124TS】バッテリー駆動時間: 約14.4時間 / バッテリー充電時間: 約2.2時間
    【UX325EA-EG109TS / UX325EA-EG109T】バッテリー駆動時間: 約13.9時間 / バッテリー充電時間: 約2.2時間
  • 消費電力: 最大約65W
  • 質量とサイズ:高さ:13.9mm / 幅:304mm / 奥行き:203mm / 質量:約1.15kg
  • 主な付属品:ACアダプター / 製品マニュアル / 製品保証書 / USBイーサネットアダプター / 専用スリーブ / USB Type-Cオーディオジャックアダプター
  • 公式サイト:https://www.asus.com/jp/Laptops/For-Home/ZenBook/ZenBook-13-UX325-11th-Gen-Intel/

私は新品で購入しましたので、価格は120000円でした。

ASUS ZenBook 13 UX325EAノートパソコンを実際に使ってみた

ASUS ZenBook 13 UX325EAノートパソコンの正面

職場で間に合わなかった仕事の処理を自宅でしたり、出張先で少し時間が空いた時の事務処理、相手方へのプレゼンなど主に仕事に使っていることが多いです。

そのほか、子供の習い事のデータ管理、クラウドワークスの空き時間での対応、スマホとの連携による写真の整理などを行っています。

これまでもスマホでできないことはなかったのですが、ノートパソコンで処理をするようになってからは圧倒的に処理時間が早くなったと思います。

使ってみて気に入っているところ

画面大きさ、タッチパネルの打ちやすさ、データ処理の速さなどとても満足しており、持ち運ぶことが多いので、軽いという点が一番気に入っています。

はじめのうちはパソコンに慣れるまで心配していましたが、設定も簡単にでき、使いやすいさについても大変満足しています。

パソコン自体にそこまで詳しくないので、実際には店員に相談しながら比較しましたが、スペック的な面から言っても金額的にも満足できるものでした。

こんな方にはおすすめしたい

  • 持ち運ぶことが多くて、そとで仕事を行う人
  • 職場がWindowsを中心に使っている
  • あまり大きなパソコンは不要な人
  • 事務処理が多くて、画像処理はあまりない人
  • パソコン自体にあまり詳しくない人

使ってみて気に入らなかったところ

思ったよりは設定が楽でしたが、やはりどのパソコンでもそうですが、使い方に慣れるまで大変でした。

また、デザイン的にはやはりMacの方が格好いいですし、ぱっと見ならMacを選んでいたと思うので、その点は少し残念なところではあります。

使い勝手や仕事の関係を優先して選んでいたので仕方ないのですが、大きな後悔はしていません。

こんな方にはおすすめしない

  • やる作業が明確で特に必要な作業が決まっている人
  • 大きな画面での作業が必要な人
  • 画像処理、アニメーション関係の仕事の人
  • とにかく安いパソコンでいいという人
  • iOSとの連携を重視する人

ASUS ZenBook 13 UX325EAノートパソコン購入後の生活

「空いている時間を有効に使うことができる」という点では、大きく生活が変わったと思います。

外出時にデータ処理、仕事、検索がしやすくなり、特にキャンプや車中泊に行く機会が多いので、時間が空いた時に気軽にパソコンでできることが増えました。

あまりプライベートでのパソコンを使う事を考えていませんでしたが、今では子供の習い事、スポーツの練習へのデータ管理、動画編集など新しいことにいろいろとチャレンジをしています。







-ノートパソコンのレビュー

© 2022 デジタルガジェットライフ