ワイヤレスイヤホンのレビュー

TaoTronics SoundLiberty 97ワイヤレスイヤホンのレビュー!使ってみた感想は「高コスパで高性能のBluetoothイヤホン」と感じた

埼玉県にお住いの47歳男性から2021年4月頃に購入されたTaoTronics SoundLiberty 97ワイヤレスイヤホンを実際に使ってみたレビューをご紹介します。

ワイヤレスイヤホンを欲しいと思ったきっかけ

欲しいと思ったきっかけは、TVでの評価がすごく高く、コスパに優れていたからです。

その番組では、音楽家でピアニストの清塚信也さんが音質・密閉間・使用感などを高く評価しており、「これは本当の時のリアクション!」と思い、購入に至りました。

また、知人に同じ製品を使っている人がいたので、音質・密閉間・使用感などを確認しました。

ワイヤレスイヤホンの候補にあがっていたもの

音質もさることながら、見た目・使用感もかなり気にしました。

Apple AirPods 第2世代はかなりおしゃれですし、私が使っているスマホもiphoneだったのもあり、Apple AirPods 第2世代はすごく魅力的でした。

ですが、値段・使用感等をいろんな方に聞いて回り、また、TVなどではあまりおすすめに出てこないこともあり、値段に見合ってモノが欲しいと思いました。

TaoTronics SoundLiberty 97

TaoTronics SoundLiberty 97

Apple AirPods 第2世代

Apple AirPods 第2世代

KAYOWINE A7

KAYOWINE A7

TaoTronics SoundLiberty 97ワイヤレスイヤホンに決めた理由

TaoTronics SoundLiberty 97ワイヤレスイヤホンのケース

購入を決めた理由は、TVで出ていた清塚信也さんが「コスパ・音質・密閉間の面で全く他とそん色のない高コスパな製品」だと絶賛していたからです。

プロのピアニストが音質を絶賛していたので、「これは買いだ」と思い、購入する方向となりました。

また、TAOTRONICS SoundLiberty 97を使用している友人二人に話を聞き、音質・電池の持ちを絶賛していたこともあり、購入に至りました。

TaoTronics SoundLiberty 97ワイヤレスイヤホンのスペック

TaoTronics SoundLiberty 97ワイヤレスイヤホンのスペック

スペック

  • イヤホンタイプ : カナル
  • Bluetoothチップ : QCC3020
  • Bluetoothバージョン : Bluetooth 5.0
  • Bluetoothプロファイル : HSP \ HFP \ A2DP \ AVRCP
  • Bluetooth コーデック : APT-X/SBC/AAC
  • 装着方式 : 完全ワイヤレス
  • 駆動方式 : ダイナミック型
  • 通話ノイズキャンセリング : cVc8.0
  • 充電端子 : TYPE-C
  • イヤホンバッテリー : 50mAh
  • 充電ケースバッテリー : 350mAh
  • 充電時間 : 1-2H
  • 再生時間 : 単体9H(70%音量) / 36H(合計)
  • 防水 : IPX8
  • ペアリング : Relay / Snapdragon845より上の携帯電話でtws +をサポート
  • ホールスイッチ : はい
  • 接続距離 : RF 10m
  • Bluetooth周波数帯域 : 2.402~2.480GHz
  • マイク周波数帯域 : 100-10KHz
  • ドライバーユニット : Φ6
  • イヤフォン(左右各)重量 : 4.2g
  • 総重量 : 約34.1g
  • イヤホンサイズ : 25.28×12.92×17mm
  • ケースサイズ : 57.75×46×28.1mm
  • 公式サイト:https://www.taotronics.jp/tt-bh097

私は新品で購入しましたので、価格は4280円でした。

TaoTronics SoundLiberty 97ワイヤレスイヤホンを実際に使ってみた

TaoTronics SoundLiberty 97ワイヤレスイヤホンの本体とケース内部

TAOTRONICS SoundLiberty 97は基本的には通勤用に使っておりますが、いちいちペアリングを変えるのもめんどくさいと思ってしまうこともあり、通勤~帰宅後のシャワーまで使っています。

防水もIPX8(ある程度継続的に水没しても内部に浸水せず使用することができる)としっかりされており、シャワー・お風呂などに使用しても全く問題ないです。

使ってみて気に入っているところ

気に入らないところと矛盾するのですが、TAOTRONICS SoundLiberty 97は、一度ペアリングをしておくと再度ペアリングしなくていいのと、ケースから即出して使える点が気に入っています。

密閉間・音質・持久力も申し分なく、通勤時~帰宅まで長い時間の使用にも全然耐えられます。

再充電が出先でするのはなかなか大変なので、これはありがたいです。

こんな方にはおすすめしたい

  • めんどくさがりの人
  • 時間を節約したい人
  • 外でも音楽を聴きたい人
  • 動画をよく見る人
  • 長時間再生したい人

使ってみて気に入らなかったところ

気に入らなかった点は、TAOTRONICS SoundLiberty 97にはケースがついているのですが、ケースから出した瞬間に電源が入り、スマホ等に勝手にペアリングしてしまうことです。

たまに、充電のためイヤホンをケースにしまっているときも、接触が悪いとペアリングしっぱなしとなって充電がされない場合があり、さすがにこれだけは解消してほしいです。

こんな方にはおすすめしない

  • すぐ外す人
  • 没入感が嫌いな人
  • 時間が無限にある人
  • 動画を見ない人
  • 音楽を聴かない人

TaoTronics SoundLiberty 97ワイヤレスイヤホン購入後の生活

基本ワイヤレスとなったので、コードのわずらわしさはなくなりました。

また、TAOTRONICS SoundLiberty 97は充電もかなり持つもので、ちょこちょこ充電をすることもなく、ストレスフリーになりました。

どんな場所・どんな時でも時間があれば、長時間、動画や音楽を楽しむことができるようになりました。







-ワイヤレスイヤホンのレビュー

© 2021 デジタルガジェットライフ