マウスのレビュー

Logicool M560ワイヤレスマウスのレビュー!使ってみた感想は「仕事の持ち運び用に便利」と感じた

埼玉県にお住いの43歳男性から2021年3月頃に購入されたLogicool M560ワイヤレスマウスを実際に使ってみたレビューをご紹介します。

created by Rinker
Logicool(ロジクール)

ワイヤレスマウスを欲しいと思ったきっかけ

仕事中に有線マウスのコードが邪魔になったり、ノートパソコンを持ってよく外出などしていたため、その都度のUSBの抜き差しがとても面倒でした。

特に仕事では書き物と併用してマウスを使っていたので、PCを使うときは右手での操作をし、書き物とPCを同時並行で進めるときは、左手でマウスを持ってボールペンを右手に持つことをしてるので、コードがあると非常に面倒でした。

最近のノートパソコンにUSBポートが沢山ついているので、1個くらいマウス専用になっても問題ないと思い、購入しました。

ワイヤレスマウスの候補にあがっていたもの

机が狭いので、ポインターが届いていない場合はマウスを持ちあげて再度動かす必要がありましたが、トラックボール式はマウスの位置は動かさずにポインターを無限に動かすことができるので、非常に迷いました。

やはりトラックボールのほうが価格が高く、サイズや重量もあるので、購入にはまだ早いかなと判断しました。

今後の技術開発で小型化が進めば再検討したいと思います

Logicool M560

created by Rinker
Logicool(ロジクール)

Logicool ELGO M575GR

ELECOM M-XT3DRBK

Logicool M560ワイヤレスマウスに決めた理由

Logicool M560ワイヤレスマウスのサイド

トラックボール式か悩みましたが、トラックボール式は値段が少々高めなのと、今までのマウスの使用方法から随分と変わるので、使いにくかったら痛い出費になると思い躊躇しました。

毎日鞄に入れて移動するので大きさや重さは非常に重要だったのですが、トラックボール式の大きさと重さがネックになりました。

今までの操作性は変わらず、煩わしいコードの絡まりやUSBの抜き差しの手間だけを改善できるものが欲しいと感じ、こちららの製品に決定しました。

ボタンが多いのを購入したのはチャレンジ精神です。

Logicool M560ワイヤレスマウスのスペック

Logicool M560ワイヤレスマウスのスペック

スペック

  • マウス本体サイズ (横×奥行×高さ)mm : 68 × 112 × 39
  • マウス重量(電池含む) g : 104
  • レシーバーサイズ (横×奥行×高さ)mm : Unifyingレシーバー 14.4 × 18.7 × 6.1
  • レシーバー重量 g : 2
  • センサー方式 : レーザーグレードトラッキング
  • 解像度dpi : 1000
  • 総ボタン数 (チルト機能含む) : 7
  • スクロールホイール : 有(高速スクロール機能付)
  • チルト機能 : 有
  • 使用電池 : 単三形乾電池×1本
  • 電池寿命 : 最大18ヶ月
  • 操作距離 : 約10m
  • 無線方式 : アドバンス2.4GHzテクノロジー(Unifying対応)
  • 対応OS : Windows 7、Windows 8
  • 接続I/F : USB
  • パッケージ内容:マウス、Unifyingレシーバー、単三形乾電池x1(装着済み)、取扱説明書

私は中古で購入しましたので、価格は980円でした。

created by Rinker
Logicool(ロジクール)

Logicool M560ワイヤレスマウスを実際に使ってみた

Logicool M560ワイヤレスマウスの裏側

一番は手に一番馴染んだ点で、自分の手の大きさとマウスの大きさが合っていて、疲れなさそうと思いました。

重さも気にならないレベルで鞄に入れてもかさばらず、反応速度も違和感なくスムーズに動きます。

ボタンによく使う機能を登録しておけば、いちいちキーボードを打たなくてもボタン1個で操作可能なので、とても便利な機能だと思います。

価格も安く、USBのレシーバー部分も気にならないので、ずっと刺しっぱなしで放置していますが、電池もかなり持ちます。

使ってみて気に入っているところ

USBは刺しっぱなしでも邪魔にならず、有線時代のように外出時に抜き差しの繰り返しがなく非常に気に入っています。

マウスの電源を切ることをよく忘れるのですが、それでも電池はかなり持ちます。

また見た目以上に軽く、非常に手に馴染んでいるので、疲れにくくて違和感もありません。

有線では動かす範囲に限界がありましたが、無線になってからはコードを気にせず動かせるので、ほぼ限界無しで気兼ねなく使っています。

こんな方にはおすすめしたい

  • 机が狭い方
  • 移動や外出が多く、マウスを持ち歩く方
  • 左右どちらの手でもマウスを使う方
  • コピーやペーストなどの機能をよく使う方
  • 1日のほとんどをパソコン使用しているかた

使ってみて気に入らなかったところ

いろいろな部分にボタンがついているのですが、一部のボタンが押しづらい所にあるので、そこのボタンを押すときは少し苦労します。

また、最初はボタンの数は十分だと思っていましたが、いざ使ってみるともっといろいろな機能をボタンに登録したほうが仕事の効率が上がるので、ボタンの数が足りないかなと思っています。

どのボタンがどの機能を持っているかはすぐに慣れますが、慣れるともっと欲しいと思ってしまうほど、PCを使う人にとってボタンは便利な機能です。

こんな方にはおすすめしない

  • タイピングがメインの方
  • タッチパッドで十分な方
  • 電源のONとOFFをすることを面倒と思う方
  • 電池の交換が面倒な方
  • マウスを使ったことがない方

Logicool M560ワイヤレスマウス購入後の生活

断然に仕事のスピードが速くなりました。

特にボタンが多いことでマウスからキーボードへ手を移動させたり、右クリックで機能を選択する必要がなく、一発でやりたい機能を引き出せるので、塵も積もれば大きな時間の短縮になります。

左右両方の手でマウスを操作するので、その度にUSBの抜き差しをしなくていいのでかなり楽です。

鞄にしまうときもUSBをさしっぱなしでどこかに引っかかることもないので、年中つけっぱなしで過ごしています。

created by Rinker
Logicool(ロジクール)







-マウスのレビュー

© 2021 デジタルガジェットライフ