生活家電のレビュー

パナソニック KX-HC705ベビーモニターのレビュー!使ってみた感想は「簡単操作でしっかり子供の様子が見られて安心!」と感じた

埼玉県にお住いの29歳女性から2020年1月頃に購入されたパナソニック KX-HC705ベビーモニターを実際に使ってみたレビューをご紹介します。

ベビーモニターを欲しいと思ったきっかけ

子供が産まれるのをきっかけに購入しました。

日中は子供と一緒にいることが多く親の目が届きやすいので安心ですが、一方では、子供が寝ているときはリビングと寝室が離れているため子供に異変が起きた場合それに気づくことが感じ取れないので不安に感じていました。

そのため、遠くからでも子供の様子を見られる手段はないかなと考えていたそんなときに、Twitterで育児にとても役に立ったアイテムとして紹介されていました。

紹介していた方はこれまで育児に役立つ情報を発信していたので今回買ってみようと思いました。

ベビーモニターの候補にあがっていたもの

スマホで室内の様子を確認できる機能をもつものがありますが、そこまでの機能は求めていませんでした。

スマホを使ってモニターする場合、ネットの接続をしなければなりませんが、私はその作業が面倒だと思っていました。

スマホの電池の消耗も激しそうですし、データの消費量も増えますし、さらに録画が可能なモニターも目にしましたが我が家には機能が過剰だと感じました。

ただ子供が寝室で寝ている様子を知りたいだけだったので高機能すぎるものは求めていませんでした。

パナソニック KX-HC705

見守りカメラ ハック HAC2162 Wi-Fi ライブカメラ

見守りカメラ ハック HAC2162 Wi-Fi ライブカメラ
created by Rinker
wansview

Panasonic KX-HC600

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)

パナソニック KX-HC705ベビーモニターに決めた理由

パナソニック KX-HC705ベビーモニターの本体
写真で見るよりかなりサイズが小さかったので、これなら場所をとらないのでどこにでも設置が可能です。

カメラはコンセントを挿すだけで特別な設定をする必要はありませんし、Wi-Fiも必要なく、画素は粗くなく暗い寝室でも十分に監視できます。

カメラは小さいにも関わらず、しっかり安定しており転倒の恐れはありません。

モニターは簡単操作なので機械に弱い方でも安心で、上下左右にカメラを動かせ、撮影範囲が想像以上に広いので死角が発生しにくいです。

シンプルな機能で安心感がありこれでこの値段は驚きで、とてもコスパがいいと思い購入しました。

パナソニック KX-HC705ベビーモニターのスペック

パナソニック KX-HC705ベビーモニターのスペック

カメラのスペック

  • 使用環境:温度0℃~40℃ 湿度20%~80%(結露なきこと)
  • 電源:電源ACアダプター AC100V(50Hz/60Hz)DC 5.0V/1000Ma
  • 消費電力:待機時約2.0W 最大時約5.8W
  • 外形寸法(高さ×幅×奥行):約123mm×約77mm×約69mm
  • 質量:約224g
  • 無線通信方式:1.9GHzTDMA-WB
  • 使用可能距離:約100m(見通し距離)
  • 撮像素子:CMOS30万画素
  • 出力映像:QVGA
  • 最低被写体照度:0ルクス
  • 焦点距離:固定(0.4m~∞)
  • 撮影範囲(カメラ画角):水平約37°垂直約28°
  • センサー検知方式:動作検知
  • 動作検知範囲:水平約37°垂直約28°
  • 可動範囲:水平約+136°(右側)~約-136°(左側)/垂直約0°(正面)~約-44°(下側)
  • ACアダプターコード長:約2.9m
  • 公式サイト:https://panasonic.jp/hns/products/hc705.html

モニター機のスペック

  • 使用環境:温度0℃~40℃湿度20%~80%(結露なきこと)
  • 充電環境:温度5℃~40℃
  • 電源:電源ACアダプター(microUSBプラグ使用)、AC100V(50Hz/60Hz・DC5.0V/1000mA)、専用リチウムイオン電池(DC3.7V/2000mAh/7.4Wh)
  • 消費電力:待機時約4.0W(充電時)
  • 使用時間:約5時間(周囲温度20℃、満充電の状態から連続モニターした場合)
  • 充電時間:約8時間(周囲温度20℃、待機状態で充電を行った場合)
  • 外形寸法(高さ×幅×奥行):約37mm×約125mm×約81mm(スタンド使用時約79mm×約125mm×約48mm)
  • 質量:約208g(電池パック含む)
  • 画面表示:約3.5型カラー液晶ディスプレイQVGA(320×240)最大10fps
  • 無線通信方式:1.9GHzTDMA-WB
  • コード長さ:ACアダプターコード約2.9m

私は新品で購入しましたが、価格は16000円ぐらいでした。

パナソニック KX-HC705ベビーモニターを実際に使ってみた

パナソニック KX-HC705ベビーモニターのディスプレイ
子供が寝ているときに使っていて、子供が寝返りをうったり、起きてしまったときなど予測不能な事態にも対応ができます。

自宅は3階建てなので電波が届くかどうかが心配でしたが、それでもちゃんと映像が乱れることはなくしっかり子供の状態を確認できます。

音や温度、動作など過敏に反応してくれますし、細かく通知設定ができるのも嬉しい機能で、それぞれ自分の子供に合わせた設定ができます。

小さな音にもすぐ反応し子供の異変にすぐ気づくことができるので本当に助かります。

使ってみて気に入っているところ

少し画質は粗いですが、暗い部屋でもしっかり子供の表情が見えるので安心です。(モニターの画面が小さいので画質はあまり期待できそうもなかったのですが、これは予想外でした。)

マイク機能もあるので遠隔操作で子供と会話ができますし、さらにこのモニターには音を出すことができるのです。

子供がぐずったときにリラックスできる音や童謡などの音楽を流せるのにはびっくりしました。

シンプルに操作が設定されているので説明書がなくても操作ができるのも嬉しいです。

こんな方にはおすすめしたい

  • 寝室とリビングが離れている
  • 様子をモニターできればいい
  • 機械操作が苦手な人
  • なるべく体力を使いたくない人
  • 家事で手が離せない人

使ってみて気に入らなかったところ

モニターの電池の消耗が激しいです。

通知以外はモニター画面を消しながら1日4時間程度使用していますが、2日過ぎると充電が必要になるのでそれが少し負担だと感じています。

それ以外だと個人的都合になってしまうのですが、モニターの電源をオンにしていると契約しているCS番組がかなり乱れます。(モニターから発する電波がCS番組の受信を妨げているようです。)

モニターを使用する時間帯とCS番組を見る時間帯が重なるとテレビの映像が乱れるのでとても使いづらいです。

まさかベビーモニターでテレビの映像が乱れるとは思っていませんでした。

こんな方にはおすすめしない

  • スマホを使って操作したい
  • CS番組を契約している
  • 録画したい
  • カメラを壁掛けで使いたい
  • 高画質で見たい人

パナソニック KX-HC705ベビーモニター購入後の生活

リビングと寝室の往復をしなくて済むので、だいぶ体への負担が減りました。

かなり部屋が離れているため、寝室の音が聞こえないのではないかすごく不安でしたが、このベビーモニターがあれば些細な音や動作でも知らせてくれるので安心です。

このモニターから電波が発信されているので自宅のテレビの映像が乱れます。

今までは何も気にせずテレビ鑑賞ができたのですが、ベビーモニターを活用するようになってから見たい番組があるときは、モニターのスイッチを入れるタイミングを考えなければならなくなりました。







-生活家電のレビュー

© 2021 デジタルガジェットライフ