男性の仕事のカバンの中身

フリーランスエンジニアの「コンパクト」な仕事の持ち物:31歳男性のカバンの中身

2020年7月4日

東京都にお住いの31歳男性「O.S.」さんの「仕事のカバンの中身」のご紹介です。

「コンパクト」というタイトルの「仕事のカバン」にはどのようなアイテムが入っているのか、「カバンの中身」を見ていきましょう。

「O.S.」さんのプロフィール


現在の仕事の基本情報

  • 業種:IT・通信系
  • 職種:エンジニア
  • 従業員規模:1001名~
  • 年収:400万円~500万円未満
  • 役職:特になし
  • 雇用形態:業務委託(フリーランス)
  • 在籍期間:1年未満

現在の仕事の内容

30代の男性でフリーランスのエンジニアをしており、今の職業は金融機関でのサーバーエンジニアをしていて、主にサーバーの更改やトラブル対応を行っております。

職場は年齢層が広く、和気あいあいと仕事をしていて、特に隣の席の先輩はいつも話がつきない先輩で、飴かキャラメルを毎日いただけます。

土日はフットサルやバレーをよく行っていて、フットサルサークルは自分で運営しており、初心者ばかりのエンジョイチームです。

学生時代は大学まで卓球をしておりましたが、人の紹介でフットサルやバレーをやるようになり、今では毎週の予定となっております。

コロナの影響で自宅でクラウドワークスをすることが日課になっていますが、スキルアップや新しい言語の勉強など、この期間にレベルアップを所存です。

「O.S.」さんの仕事のカバンの中身

フリーランスエンジニアの「コンパクト」な仕事のカバンの中身

仕事のカバンの中身の一覧

  1. ショルダーバック(adidas)
  2. 長財布(Paul Smith)
  3. モバイルポケットシェーバー(ブラウン ポケットゴーシェーバー M60b)
  4. 小物入れようポーチ(知り合いのバーのイベントでもらったもの)

コンセプトは「コンパクト」


仕事のカバンの中身のこだわり

もともと金融機関で経理をやっていたため、新卒用のビジネスバックや手提げカバンを使っていました。

業界あるあるで仕事に関するものは家に持ち帰れないため、カバンはほとんどからの状態で毎日使うことが多かったのですが、フリーランスに転向して心機一転の気持ちで今のカバンに買い変えました。

金融機関での仕事のため、資料の持ち帰りやパソコンの持ち帰りもないため、ますは軽いものを選ぶようにしました。

また荷物の入れ替えもあまりしたくないため、プライベートでも使えるものを選ぶようにしましたので、カバンの中身も必然的に必要最低限のものとなっています。

「O.S.」さんが仕事のカバンを選んだ理由とポイントは?

ショルダーバック(adidas)
もともと金融機関で働いていたため、業界あるあるで仕事に関するものは家に持ち帰れないため、カバンはほとんどからの状態で毎日使うことが多かったです。

フリーランスに転向して今のカバンに買い変えましたが、まずは軽いものを選ぶようにしました。

使っていた手提げカバンは幅があり、重いものだったのでその改善を第一にしました。

また、仕事用とプライベート用に分けてしまうと入れ替えるのが手間になってしまうため、荷物の入れ替えもあまりしたくないため、プライベートでも使えるものを選ぶようにしました。

手提げカバンだとプライベートには合わないため、プライベートにも使えるものを探しました。

小さいほうのバックには常備薬やスマホの充電器などが入っていますが、以前より軽くて、コンパクトなため、周りからも印象が変わったと言われております。

「O.S.」さんの仕事のカバンの中身で一番のお気に入りは?

小物入れようポーチ(知り合いのバーのイベントでもらったもの)
気に入っているアイテムは小物入れ用に使っている小さなバックです、友人のバーのイベントでもらったものです。

もともと他のバックを使用しており、それが壊れてしまったためこちらを使用していますが、ちょうどいい大きさなのが気に入っています。

常備薬、スマホの充電器、歯ブラシ、ティッシュ、筆記用具を入れてもまだ余裕があります。

横がちょうど歯ブラシが入るサイズで、高さは小さいメモ帳が入るサイズで、中には小物ごとにさらに小さいバッグに入れて収納しています。

ロゴのシカについては、印象的ですがまだ誰からもいじられたことがありませんし、持ち物がシンプルなので、この鹿くらいしかアクセントもありません。

基本的にこの小さなバックと財布、スマホさえあればどこへでも出かけられます。

「O.S.」さんの仕事のカバンの中身で意外と活躍しているものは?

モバイルポケットシェーバー(ブラウン ポケットゴーシェーバー M60b)
活躍しているアイテムは携帯髭剃りです。

私は朝昼夕と髭を剃るほど髭が濃いため、髭剃りは欠かせません。

もともとは家に置いていたシャーバーを会社にも持って行っていたのですが、シェーバーでは重く、また電池が切れることもありました。

携帯髭剃りを使用していると、軽くて持ち運びしやすいですし、特に小さいためトイレに持ち運んでも気にされません。(トイレで髭を剃っていると気にはされます。)

置いておいても安定するので使いやすいです。

また充電式ではなく、電池式のため、もし電池が切れてもコンビニなどで購入することが可能です。(充電式ですとコンセントを探したりしなければならないため、意外と充電できなかったりします。)

軽くて、使い勝手がいいので、携帯髭剃りを使用しています。

最後に「O.S.」さんの仕事のカバンの中身の今後について

今のバックに不満はありませんが、あえて挙げるとするとパソコンを入れる大きさがないことです。

仕事とプライベートを同じバックを使用している都合上、プライベートでパソコンを使用する際に持ち運びができないため不便を感じることがあります。

今はパソコン用のバックを別で用意していますが、普段持たないものなので忘れてしまったり、持ちづらかったりします。

できたらパソコンも一緒に運べたらいいかなと感じていますが、基本的にパソコンを持ち運ぶことは少ないので、不便を感じることは今のところ少ないですし、スマホで対応できることばかりなので、問題ありません。

今後パソコンが必要なことが増えたり、パソコンを常に持ち運ぶ仕事に就いた場合はバックを買い替えると思います。







-男性の仕事のカバンの中身

Copyright© デジタルガジェットライフ , 2020 All Rights Reserved.