男性の仕事のカバンの中身

福祉の経営者の「タブレットと手帳のみでシンプル」な仕事の持ち物:44歳男性のカバンの中身

2020年3月3日

東京都にお住いの44歳男性「ノニル」さんの「仕事のカバンの中身」のご紹介です。

「タブレットと手帳のみでシンプル」というタイトルの「仕事のカバン」にはどのようなアイテムが入っているのか、「カバンの中身」を見ていきましょう。

「ノニル」さんのプロフィール


現在の仕事の基本情報

  • 業種:サービス系
  • 職種:福祉
  • 従業員規模:~10名
  • 年収:300万円~400万円未満
  • 役職:代表取締役
  • 雇用形態:経営者
  • 在籍期間:5年以上

現在の仕事の内容

1995年頃からIT業界に就職して、企業の基幹業務といわれる業務を大型の汎用コンピューターを使った仕事をしてきました。

大手企業や公的機関の大量データを扱い日々処理をこなす業務を行う中、コンピューターが誤作動する可能性があるとされた『2000年問題』を経験しました。

その後、通信系の業務へ転向し大規模サーバーの運営管理に従事してきましたが、目まぐるしく変化するIT業界でも通信の世界は日々変化が激しく、数ヶ月で新サービスが始まるなど常に進化を求められる時代でした。

そこで起きた大事件は『アメリカ同時多発テロ事件』です。

夜勤業務で事件が起きた瞬間も仕事をしていたのですが、パニックの影響をもろにうけ、通信回線やサーバーに対する膨大な負荷に伴う対応に追われたことが印象に残ります。

7年程前に家庭環境の変化に伴い、福祉の業界へ転職を行い、数年の現場経験を経て、現在は管理者とし一部の役職を兼務しています。

利用者との面談や行政など関係各所とのやりと、現場の職員とのかけはしとなる仕事をしています。

「ノニル」さんの仕事のカバンの中身

いつでもメモをとれる環境を考えた仕事のカバンの中身

仕事のカバンの中身の一覧

  1. ビジネスバック(OUTDOOR PRODUCTS)
  2. ノートパソコン(ASUS T103HA)
  3. フリクションボールペン(パイロット)
  4. 4&1多機能ペン(三菱鉛筆 ジェットストリーム)
  5. のど飴(龍角散 ハーブ&マイルドミルク味)
  6. ペンケース(ダイソーにて購入)
  7. 手帳(ハイタイド 手帳 2020年 A6 NA2)

コンセプトは「いつでもメモをとれる環境」


仕事のカバンの中身のこだわり

タブレットPCでしっかりとメモをとって、PCが使えない場所では手書きでノートにメモをとります。

会議や打ち合わせは2時間~3時間のボリュームがある場合が多く、手書きのメモでは情報を取り切れないこともあり、タブレットPCを活用するようにしました。

以前はもう少し大きめのノートPCを持ち歩いていたのですが、ノートPCが大きくなると必然とカバンのサイズも大きくなりその分重くなってしまいます。

電車での移動もあるため、できるだけコンパクトに小さい物にしたいと考えがありました。

また、対面で人と話すこともあるのでのど飴を常備していますが、のど飴はフルーツものではなく、のど飴と書かれたもので他人にみられてもわかりやすいものを選んでいます。

「ノニル」さんが仕事のカバンを選んだ理由とポイントは?

ビジネスバック(OUTDOOR PRODUCTS)
以前は少し大き目のノートPCを持ち歩いていたので、大き目のノートPCがすんなり入るビジネスバックとして選びました。

また、資料を印刷して相手先の分も用意して持ち歩いていたので、大量の書類が入る大きさが欲しかったこともあります。

勉強会の研修に行くと大量の資料を配布されて、持ち帰る際にバックに入れて持ち帰る事を考えると容量が大きいバックはとても助かります。

以前は背中にしょるリュックサックタイプをつかっていたのですが、電車の車内で隣の人にあたってしまったり、混雑時には出し入れする事が難しいという点から、ショルダータイプに変えました。

ショルダータイプであれば容易に斜め掛けに切り替えたり、前にもってきて中を開けることも出来るようになって使いやすくなりました。

ビジネスバック(OUTDOOR PRODUCTS)

「ノニル」さんの仕事のカバンの中身で一番のお気に入りは?

4&1多機能ペン(三菱鉛筆 ジェットストリーム)
三菱鉛筆の多機能ペン「ジェットストリーム 4&1」が気に入っており、優先すべき「書きやすさ」書類に使う場合でもしっかりとインクが安定して書くことができます。

太さも0.5mと0.7mがありますが、文字を書くのが得意な方ではないのでペン先はとにかく細いと助かりますので、私は0.5mを使います。

合わせてにじみ具合ですが、ほぼ全くないと言っていいほど「にじみ」がなく、紙質にもよると思いますが普段使っていて文字がにじんでしまって困ったことがないくらいです。

持ち手のグリップですが、硬すぎず柔らかすぎずという個人的好みにフィットしている点、そして多機能で一番助かるシャープペンシルとの併用です。

多機能で、黒・赤・シャープペンシル付き・にじみなし、お手頃価格とここまでそろって大満足している一品で、デスクから自宅・移動用と複数用意して使うほど愛用品です。

「ノニル」さんの仕事のカバンの中身で意外と活躍しているものは?

2in1ノートパソコン(ASUS T103HA)
ノートパソコンの「ASUS T103HA 」が意外と活躍していて、お値段5万円弱の2-in-1ノートPCです。

ディスプレイ一体型の本体は620g、取り外しできるキーボードが250gと軽量で、重さを感じないくらいの軽さです。

OSがwindows10 HOMEで4Gのメモリーなので、ネット環境も当然ながらOfficeを使った作業も問題なく動き、バッテリーも実際に使った感じだと、1日外出して夕方戻るまでは十分切れる心配もなく使えています。

キーボードの取り外しがとても容易で軽く引くだけで外せますし、取り付ける場合は本体とキーボードの接触部に磁力がついているので引き合って即くっつきますので、ずれてしまう不安もなく近づけるだけでピッタリはまってくれます。

タッチパネルなのでネットや動画をみるときはタブレットとして、文字をうつときはサクッとキーボードを取り付けられて仕事がとてもやりやすいです。

私自身文字を入力するときはタッチパネル式にどうしても違和感があり、とてもストレスを感じていました。

私同様タブレットでタッチパネルのキーボードが苦手だなと思う方はとても重宝すると思います。

最後に「ノニル」さんの仕事のカバンの中身の今後について

カバンそのものを変えてみたいと思っています。

これまでは、仕事で使うものはスーツにビジネスバックという感覚で仕事をしてきたのですが、スーツを着る機会も減り始め真っ黒なビジネスバックが目立つようになりました。

新しく買い替える条件としては、タブレットPCが入る大きさで、A4のファイルがぎりぎりはいる大きさで必要なものを減らしたく、入る容量が少なめのサイズで構いません。

色合いも真っ黒ではなく、大人しめの色合いで灰色かに水色か黄色が少し入った程度おしゃれなデザインのバックがいいです。

仕事とはビジネスとはこうあるべきという考えから少しラフな考えに切り替えて、次回購入するカバンはビジネスバックから離れてみたいと思っています。







-男性の仕事のカバンの中身

Copyright© デジタルガジェットライフ , 2020 All Rights Reserved.