男性の仕事のカバンの中身

【特集】50代男性の仕事のカバンの中身の紹介(総勢6名)

社会人になってから様々な仕事を経験され50代ともなると、仕事で使うアイテムは厳選されていき、自分に合った洗練されたカバンの中身になっていきますよね。

そのため、他の方が様々な経験を経て洗練された「仕事のカバンの中身」はどのようなものか、気になる方も多いのでしょうか。

今回は「50代男性」の「仕事のカバンの中身」を多種多様な職業の方々6名を大特集しましたので、仕事の持ち物で悩まれている方は、是非、参考にしてください。

営業部門の管理職:51歳男性のカバンの中身

営業一筋27年のできる男が機能性とコストパフォーマンスな仕事のカバンの中身

大手総合商社のグループ会社にて、営業部門の管理職としてお仕事されている方ですが、なんと営業一筋27年ということで、大ベテランですね。

コンセプトは「使い易さとコストパフォーマンス」ということで、仕事の持ち物は機能性とコストパフォーマンスを中心に揃えられていて、まさに仕事ができる男という印象を感じさせてくれますね。

仕事のカバンは「Manhattan PASSAGE(マンハッタンパッセージ)のスカイオフィスのビジネスバッグ」を愛用されていますが、「軽い」「小物ポケットが多い」「肩掛け用のベルトが取り外しできる」という3点がポイントとのことです。

仕事のカバンの中身で一番のお気に入りは「ウォーターマンのボールペン」で、意外と活躍しているものは「100円ショップで購入したナイロンケース」とのことです。

マーケティング企画:53歳男性のカバンの中身

どこでも仕事ができる環境づくりをした仕事のカバンの中身

エレクトロニクス関連業界で企画及びマーケティング業務を約20年経験されていて、多角的なマーケティングや企画業務に精通しているベテランの方です。

コンセプトは「どこでも仕事ができる環境づくり」ということで、ボイスレコーダーとノートパソコンにモバイルバッテリーと、いつでもどこでも仕事ができる環境作りをされている仕事の持ち物ですね。

仕事のカバンは「VICTORINOXのVX Sport Collection 31105001のリュック」を愛用されていて、ブランドのバッグが好きだということもありますが、リュックの厚みを調整できるのでコンパクトにすることもできるところが良いとこのことです。

カバンの中身で一番のお気に入りは「lenovoのノートパソコン」で、意外と活躍しているものは「hocoのモバイルバッテリー」とのことです。

健康補助食品の代理店の経営者:54歳男性のカバンの中身

必要な数だけ入る仕事のカバンの中身

現在は基礎化粧品と健康補助食品の代理店をされていますが、なんと10年前に脱サラされ、職場は自宅ですが、同じ仕事をするパートナーや近所の方、友人知人が毎日訪れてくるので笑顔と笑いが絶えないとのことです。

コンセプトは「現状をキープ」ということで、自営業をされてからはお弁当を入れなくなり、何でも詰められる大きなカバンから必要な物だけが必要な数だけ入るカバンへと変化し現在に至るようです。

仕事のカバンは「ED KRUGER(エドクルーガー)の」2WAYビジネスバッグ」を愛用されていて、色は無難な黒で、柔らかい素材よりもハードの方が気にせずに使えて丈夫な牛革が気に入っているとのことです。

カバンの中身で一番のお気に入りは「レノボジャパンのSIMフリータブレット10.1型(LTE対応)」で、意外と活躍しているものは「oooyTrend電子メモパッド8.5インチ」とのことです。

再生ファンド会社の営業:55歳男性のカバンの中身

営業職の宿泊を伴なう出張も対応できる仕事のカバンの中身

現在、再生ファンド会社でご勤務されていて難度の高いお仕事をされている方で、業務スタイルとしては週のうち4日が出張、1日がオフィスワーク、土日は休みと普段は移動が多いとのことです。

コンセプトは「必要なものをコンパクトに収納」ということですが、宿泊を伴なう出張にも対応できるように工夫された仕事の持ち物ですね。

仕事のカバンは「Wherever You 60 SAKOSのビジネスリュック」を愛用されていて、持ち歩いても疲れないことが一番の理由で使い続けているとのことです。

カバンの中身で一番のお気に入りは「シンジル&タクセルの折り畳み傘と傘袋」で、意外と活躍しているものは「スマートフォンの充電器およびケーブルとタップ」とのことです。

電気メーカーの企画職:55歳男性のカバンの中身

いつでもどこでもライティングができる仕事のカバンの中身

現在、電気メーカーで企画の仕事をされているk多で、事業のプロモーションで年に数回行われる展示会の企画・運営を行ったり、新製品の販売プロモーションなど幅広くご活躍されているようです。

コンセプトは「いつでもどこでもライティング」ということで、副業としてライティングもされているため、普段からストレスなく取り組むことができるように工夫された仕事の持ち物ですね。

仕事のカバンは「エレコムのユーティリティPCバック」を愛用されていますが、大容量のバックであることはもちろんなのですが、それ以上にとても大きな容量を持っているところが気に入っているとのことです。

カバンの中身で一番のお気に入りは「ASUSのノートパソコン」で、意外と活躍しているものは「大容量のモバイルバッテリー」とのことです。

フリーランスグラフィックデザイナー:55歳男性のカバンの中身

出来るだけモノを少なくするよう心掛けた仕事のカバンの中身

現在は、個人でデザイナーとして仕事をされている方で、小さな印刷物からカタログやパンフレット、その他ラベルやロゴ、グッズのデザインなど、自分でできると思った依頼のデザインは積極的にお引き受けされているとのことです。

コンセプトは「出来るだけモノを少なくする」ということで、黒で統一されていて仕事の持ち物も厳選されていてスタイリッシュな印象がありますね。

仕事のカバンはブランドは不明ですが、値段は13,000円~15,000円の間ぐらいでA3までの書類が入る大きさの安価なものを基本に探していたところ、合致したものがあったため愛用されているとのことです。

カバンの中身で一番のお気に入りは「フィッシャーのスペースペン」で、意外と活躍しているものは「100円ショップで購入したメモ帳」とのことです。

まとめ

50代男性の仕事で使われている通勤で使われている仕事のカバンの中身ですが、いかがだったでしょうか。

多種多様な職業で仕事に合わせて考えられたカバンの中身は、様々なアイデアがあってとても参考になりますね。

充実した仕事をするために、是非、自分にあったカバンの中身を選んでいきましょう。







-男性の仕事のカバンの中身

Copyright© デジタルガジェットライフ , 2020 All Rights Reserved.