映画のレビュー

【ネタバレ注意】映画『黄龍の村』のレビュー|映画を見た感想は「ブラックユーモアの聖地とも言えるラストには大満足」

千葉県にお住まいの40歳の男性(流通・小売系:物流センターの検品担当)が2021年10月頃に「映画館」で鑑賞した映画『黄龍の村』のレビューをご紹介いたします。

映画の感想や見どころをネタバレ込みで解説しておりますので、映画を予定している方や、評価や口コミが気になる方はぜひ参考にしてください。

この映画の見どころ

  • ドキュメンタリータッチの映像とリアルな人間関係
  • 腹が減っては戦ができぬ
  • ルール無用のサバイバル開始

映画『黄龍の村』を見ようと思ったきっかけ

ベストセラー小説や人気コミックを原作にした話題の上映作には、あまり興味が湧きませんでした。

大手のシネコンで全国ロードショーされるキラキラした青春映画や、笑って泣ける恋愛ものにも物足りなさを感じていました。

そんな時、街角のミニシアターでひっそりと上映されていたのがこの異色の1本、監督は阪元裕吾でした。

公開当時は全くの無名で、若干25歳ながらも、世界に羽ばたく鬼才としての可能性を感じさせてくれました。

映画『黄龍の村』の内容

友人たちとバーベキューを満喫していた北村優希でしたが、レンタルした8人乗りのRV車が帰り道にパンクしてしまいました。

携帯電話の電波も届かず、Wi-Fiも使えないほど人里離れた場所で、看板には「龍坂村」とだけ書かれています。

そんな状況で声をかけてきたのは地元の人らしき高齢男性です。

修理が終わるまで自宅に招き、食事と一晩の宿を提供してくれるというのです。

翌朝、異変に気がついた優希が家を飛び出したときに目にした恐るべき光景とは何でしょうか。

作品情報

  • ジャンル:ホラー・アクション
  • 製作国:日本
  • 製作年:2021年
  • 公開年月日:2021年9月24日
  • 上映時間:66分
  • 製作会社:東映ビデオ・丸壱動画・OSOREZONE(制作プロダクション:丸壱動画/制作協力:ダブ)
  • 配給:ラビットハウス
  • 公式サイト:https://koryunomura.com/

映画『黄龍の村』の見どころをネタバレ覚悟で解説

本記事では、映画『黄龍の村』の見どころを大胆にもネタバレ覚悟で3つに分けて解説します。

この映画の見どころ

  • ドキュメンタリータッチの映像とリアルな人間関係
  • 腹が減ってはバトルができぬこと
  • ルール無用のサバイバルの開始

ドキュメンタリータッチの映像とリアルな人間関係

オープニングでは、缶チューハイを片手にハイテンションで騒ぐ8人の男女が映し出されます。

スマートフォンのカメラで撮影されたような手ブレ感が、まるでその場に居合わせているかのような気持ちを引き立てます。

主人公の優希は助手席に、運転席には親友の孝則、後部座席には梶原、睦夫、啓作という男性陣、間を挟むように女子のうらら、真琴、なごみ。

初見では和気あいあいとしている彼ら彼女たちですが、微妙な好き嫌いやパワーバランスが存在していることを見逃さないでください。

腹が減ってはバトルができぬこと

空腹状態に陥った優希たちは、愛想がよく警戒心のない村人たちと出会います。

晩ごはんにはツヤツヤのご飯と、こだわり抜いた具材で満たされた鍋料理という豪華なものが振る舞われます。

ジューシーな肉に舌鼓を打つ一同ですが、それがビーフやチキンでないことには少々気になるでしょう。

この先には予想不可能なハプニングが待ち受けているため、腹ごしらえをした方がよいかもしれません。

ルール無用のサバイバルの開始

杖をついて歩くおじいさんが、あっという間に格闘技の達人に変わる急展開には驚かされるでしょう。

その一方で、現代のギャルのうららや、スレンダーな真琴がパワフルなアクションで応戦します。

強く美しい女性との奮闘ぶりを目の当たりにし、軟弱な若者とされる優希も負けていられません。

生き残りをかけた壮絶なぶつかり合いの末に、どちらが勝つのか予想しながら観るのが楽しいですよ。

映画『黄龍の村』を見終わった感想

東京生まれと地方出身者、新世代と旧世代、都会と田舎、男と女... 共存しきれない二つの価値観や、ジェネレーションギャップといった問題が物語の根底に流れており、考えさせられる作品です。

山奥の怪しげな儀式から古来から伝わる忌まわしき因習まで、禁断のテーマにも容赦なく斬り込んでいます。

グロテスクなシーンもパロディを交えつつ、さらりと描かれているので、悲壮感はありません。

毒をもって毒を制するといった爽快感、ブラックユーモアの聖地とも言えるラストには大満足でした。

映画『黄龍の村』で印象に残った名言

映画『黄龍の村』で特に印象に残った名言を紹介します。

「梶原」のセリフ

青春時代をずっと犠牲にし、この日のために訓練してきた。

映画『黄龍の村』の評価や口コミ

他の方が映画『黄龍の村』を見てどう思われているのか、評価や口コミを調べてみました。

みなさんの映画を見た感想が面白いですね!

おわりに

映画『黄龍の村』の感想と見どころをネタバレ覚悟で解説してまいりました。

魅力的だと感じた方はぜひご覧ください。

次に観る予定の映画は『ベイビーわるきゅーれ』です。

坂元監督の別の作品ですが、こちらは女子高生でありながら殺し屋の二人組を主人公に招待しています。

大都会を舞台とした彼女たちの大暴れが期待できます。







動画配信サービスでもっと動画を楽しもう!

Netflix(ネットフリックス)

『Netflix』はハイクオリティのオリジナル作品が魅力のVODサービスです。

  • 質の高いオリジナルコンテンツが充実
  • 洋画・海外ドラマが豊富
  • レコメンド機能で観たい作品を探してくれる
  • オフライン再生ができる
  • ニーズに合わせた3つの料金プラン
月額料金(税込)ベーシック:990円
スタンダード:1,490円
プレミアム:1,980円
無料トライアルなし
配信数非公開
配信ジャンル洋画
邦画
国内ドラマ
海外ドラマ
アニメ
バラエティ
オリジナルコンテンツ
オフライン再生

Amazon Prime Video(アマゾン・プライム・ビデオ)

『Amazon Prime Video』は、コスパの良さが魅力のVODサービスです。

  • 月額500円のコスパの高さ
  • 初回登録時は30日間の無料トライアルあり
  • 話題性の高いオリジナルコンテンツ
  • 追加定額でPrime Videoチャンネルに加入できる
  • Amazonプライム会員特典が便利
月額料金(税込)月間プラン:550円
年間プラン:4,900円
無料トライアル30日間
配信数非公開
配信ジャンル洋画
邦画
国内ドラマ
海外ドラマ
アニメ
バラエティ
オリジナルコンテンツ
オフライン再生

U-NEXT(ユーネクスト)

『U-NEXT』は、配信作品数No.1のVODサービスです。

  • 見放題作品数が脅威の22万本以上
  • 初回登録時は31日間無料トライアルあり
  • 毎月1,200円分ポイント還元※月額プランのみ
  • 漫画や雑誌も読める
  • 4K画質で作品を楽しめる
月額料金(税込)月額プラン:2,189円
月額プラン1490:1,639円
無料トライアル31日間
配信数220,000万本以上
配信ジャンル洋画
邦画
国内・海外ドラマ
アニメ
バラエティ
音楽
ドキュメンタリー
キッズ
オフライン再生

DAZN(ダゾーン)

『DAZN』は、1万試合以上のスポーツが見放題な特化型VODサービスです。

  • 130以上のスポーツコンテンツが見放題
  • 日本国内での独占配信が多数
  • 見逃し配信で視聴できる
  • 初回登録時は1ヶ月間の無料トライアルあり
  • オリジナルコンテンツが充実
月額料金(税込)通常プラン:1,925円
年間プラン:19,250円
無料トライアル1ヶ月間
配信数非公開
配信ジャンルスポーツ
スポーツドキュメンタリー
スポーツバラエティ
オフライン再生

Hulu(フールー)

『Hulu』は、映画・ドラマ・バラエティなど、ラインナップのバランスが良いVODサービスです。

  • 独占配信の海外ドラマが多数
  • 日本テレビ系のドラマ・バラエティが観れる
  • 初回登録後2週間の無料トライアルあり
  • リアルタイム視聴・見逃し視聴ができる
  • オフライン再生で通信制限を気にせず視聴
月額料金(税込)1,026円
無料トライアル14日間
配信数70,000本以上
配信ジャンル洋画
邦画
国内・海外ドラマ
アニメ
バラエティ
音楽
スポーツ
オリジナルコンテンツ
オフライン再生

-映画のレビュー