書籍のレビュー

【書評】『ハーバードの人生を変える授業』のレビュー|書籍を読んだ感想は「一生の宝となる書籍からの知見」

東京都にお住まいの56歳女性(翻訳通訳者)が2023年1月頃に読んだ『ハーバードの人生を変える授業』のレビューをご紹介します。

本書の概要や内容をわかりやすく要約し、まとめていますので、書籍から学んだことや感想、評価や口コミが気になる方は、参考にしてください。

この本から学べるポイント

  • 決断の重要性とその結果としての輝く現在生活
  • 経験への投資
  • 考えることへの集中

『ハーバードの人生を変える授業』の購入きっかけ

娘へのプレゼントとして、自身のためにもこの本を購入しました。

仕事でもプライベートでも、精一杯人生を謳歌してほしいという思いを娘に対して持っています。

その思いを込めて、この本が何らかの勇気を与え、新たな学びへとつながればと思いました。

それが購入のきっかけです。

さらに、私自身もこの本を読んでみたいという思いから、Kindleで洋書版も購入しました。

洋書版のオリジナルタイトルは"Choose the Life You Want: The Mindful Way to Happiness"で、幸せへのマインドフルな方法というサブタイトルが付いています。

その響きが魅力的で、購入を決意しました。

『ハーバードの人生を変える授業』の概要

各章の冒頭に二つの選択肢がタイトルとして掲げられています。

どちらの決断をするかで人生が大きく変わるというアプローチです。

悲観的になるか、楽観的になるか、悩み続けるか、先に進むか、水が半分しかないと思うか、まだ半分もあると思うか、というような選択です。

これらはクリーシェであり、聞き飽きるような課題かもしれませんが、読み進めていくと納得することができます。

自分の置かれた状況から適切な章を選んで読むことも可能です。

基本情報

  • 著:タル・ベン・シャハー
  • 訳:成瀬 まゆみ
  • ISBN:9784479305163
  • 出版社:大和書房
  • 判型:文庫
  • ページ数:248ページ
  • 定価:700円(本体)
  • 発行年月日:2015年01月
  • 発売日:2015年01月08日
  • 国際分類コード【Thema(シーマ)】:QDX

『ハーバードの人生を変える授業』のYouTube(ユーチューブ)

『ハーバードの人生を変える授業』について、YouTube(ユーチューブ)でわかりやすく解説してくれている動画を調査しました。

「メンタリスト DaiGo」のチャンネルが細かく解説していますので、本を読む時間がない方には、このYouTube(ユーチューブ)動画をおすすめします。

『ハーバードの人生を変える授業』から学んだことの要約とまとめ

『ハーバードの人生を変える授業』から学んだポイントは大きく3つの要素があります。

私が学んだこと

  • 決断する力と、その決断次第で現状を輝かせて生きることができる
  • 経験への投資
  • 深思病の必要性

大前提として「決断すること」があり、ここが出発点となります。

全ては自分の決断次第であるという認識を深めることができました。

各章冒頭に掲げられている2つのアプローチから、生きる姿勢、マインドセット、行動の方向性を決定することで現状が変化することを確認しました。

この点を認識することは非常に重要な出発点です。

端的に表現すると、現実が変わらなくても、自分の受け止め方が変わることで、マインドセットが変わり、結果として自分の現実に対する理解が変化し、行動に移せるようになるということを学びました。

現状を充実させる決断と、その決断から生じる行動の勇気を与えられました。

決断する力と、その決断次第で現状を輝かせて生きることができる

直接的な問題に直面して逃げ出したり、見て見ぬふりをすると問題は続きます。

問題を解決するため、あるいは取り除くために突然取り組むのではなく、まずは問題に誠意をもって向き合う力を持つことが大切です。

当然のことながら、これは重要な出発点でした。

問題や心の混乱が解消されるわけではありませんが、このままではいけないという思いから、問題や心の混乱に向き合う決心をすると、少しばかり心が軽くなり、前向きになることができました。

経験への投資

大きな家やゴージャスな車、さらには豊かな銀行預金額などの物理的なものではなく、経験に投資することで豊かな人生を送れるという考え方です。

確かに、物を所有することでも幸せは得られますが、それは一時的で瞬間的なものに過ぎません。

真の幸せは、家族や友人との食事、子どもと過ごすかけがえのない時間、海辺での散歩など、価格がつけられない経験から生まれます。

これは、何かを欲していて止まらなくなったときや、お金の使い方を考える指針となる概念であり、その重要性を改めて実感しました。

深思病の必要性

将来のことを考えるのが面倒なときもあり、つい考えないでほっておき、先延ばしにしてしまうことがあります。

ますます混乱するとき、一歩引いてもう一度考えることが大切です。

一時的には、その考えるべきことから逃れることができるかもしれません。

しかし、本当の自由を得るためには、避けて通ることはできません。

直感に頼らず、また他人に考えてもらうのではなく、自分自身で考えることが重要です。

『ハーバードの人生を変える授業』の感想

たとえクリシェだったり、聞いたことがあったり、ありきたりなコンセプトだったとしても、文字を進めて読むと、書籍にある具体例に自然と理解が深まります。

知識を理解しているけれども、それを活かすことができず、日常生活に取り入れられないという状況に気づいたのです。

それを受けて、自身の課題も見つけられ、問題も明確になったことは、この本から得ることができた大きな利益のひとつです。

問題を認知できたら次にはマインドセットの転換が必要となります。

それが自ずと行動に反映され、そこに実感を伴います。

『ハーバードの人生を変える授業』の評価や口コミ

他の方が『ハーバードの人生を変える授業』を読んでどう思われているのか、評価や口コミを調べてみました。

気持ちが少し前向きになる?
Amazonの口コミ

非常に勉強になりました。繰り返し読もうと思います
Amazonの口コミ

様々な人に役に立つ本。宝物
Amazonの口コミ

とてもいい状態の本でした。対応も早く、ありがとうございました。
Amazonの口コミ

とても読みやすく、心にも入りやすい内容です。
Amazonの口コミ

みなさん本書を読んで学んだことが多いみたいですね!

おわりに

人生を切り開くのは運でも流れにただ乗っていくだけでもなく、自分自身であるという事実、究極的に自分次第であるという観点を持つことが大事です。

今置かれている状況を悲観するのではなく、先に進む一工程として捉えていきたいと思います。

「どうせ自分は...」という否定的な思考から、「自分には可能性がある」と信じることで、上手くいくかどうかはわからないけれど、新しいことに挑戦する勇気を得ました。

このままで終わらないという気持ちが強くなり、自分が人生の主役であると再認識できたのは、この本から得られた一つの宝かもしれません。

次に読む予定の本は『7つの習慣』です。

モチベーションに依存せず、習慣化することで挫折しないマインドを構築したいと考えています。

そのために、その辺のことを詳しく、理解できるように学びたいと思っています。







   

電子書籍サービスでもっと読書を楽しもう!

Amazon Kindle Unlimited

『Amazon Kindle Unlimited』はAmazonが運営する電子書籍のサブスクリプションサービスです。

  • 取扱い冊数やジャンルが豊富
  • 電子書籍を読み放題
  • 1カ月の無料体験期間がある

累計200万冊以上の品圧倒的な品ぞろえであり、実用書やビジネス書、ライトノベル、写真集、洋書などニッチなラインナップもトップクラスです。

料金形態月額980円
取扱い冊数200万冊以上
取扱いジャンル書籍全般

honto

『honto』は、大日本印刷株式会社が運営するハイブリッド型書店です。

  • 紙の本を買うと電子書籍が50%OFFで買える『読割50』がある
  • 実店舗あり
  • 紙の本の通販あり
  • セールが豊富
  • 特集が豊富

紙の本は400万冊以上、電子書籍は70万冊以上も取り揃えており、紙の本も電子書籍も両方買いたい方には特におすすめです。

料金形態都度購入型
取扱い冊数70万冊以上
取扱いジャンル書籍全般

eBookJapan

『ebookjapan』は株式会社イーブックイニシアティブジャパンとヤフー株式会社が合同で運営する電子書籍ストアです。

  • 64万冊以上もの漫画作を取り揃えている
  • PayPayの還元率が高く経済的
  • 割引セールなども頻繁に実施
  • 毎週金曜日に無料で読める漫画が更新
  • アプリでもブラウザでもどちらでもOK

電子書籍サービスのなかでは珍しく、月額制ではなく都度課金制を採用しており、ふだんはそれほど本を読まないという人にもおすすめです。

料金形態1冊単位での購入
取扱い冊数55万冊以上
取扱いジャンル漫画中心

-書籍のレビュー