ヘッドホンのレビュー

VANKYO CM7000ゲーミングヘッドセットのレビュー!使ってみた感想は「音質も良くコスパが高い」と感じた

和歌山県にお住いの48歳男性から2020年10月頃に購入されたVANKYO CM7000ゲーミングヘッドセットを実際に使ってみたレビューをご紹介します。

ゲーミングヘッドセットを欲しいと思ったきっかけ

引っ越しがキッカケでヘッドフォンを欲しくなりました。

以前私は市営団地に住んでいたのですが、そこは角部屋で、隣に人は住んでおらず、上下階の住民は高齢者で老人介護施設に入居中でした。

そのため、周囲への音漏れを気にせずに生活出来ていたのですが、建て替えという事でそちらを退去する事になりました。

そこで引っ越しすることとなったのですが、そこは角部屋ではなく両サイドと下にも人は住んでいます(幸い最上階だったので、上の事は気にしなくていいんですけどね)。

となると周囲への音漏れが気になり、ヘッドフォンを購入した方がいいかな?と考えました。

数あるヘッドフォンの中でこれを選んだのはレビューを見て気に入ったのと、9月30日まで限定の1000円割引クーポンがあったからです。

ゲーミングヘッドセットの候補にあがっていたもの

悩んだのはデザイン、性能、マイク付き、価格面といった所からです。

まずデザインに関しては、OneOdio A71が一番気に入り、価格面も許容範囲内ですし、耳をすっぽり包んでくれそうなので使い心地は良さそうだと思いました。

オーディオテクニカの方はレビュー評価がとてもよく、値段は少々高いものの長く使うなら音は良い方がいいよなと悩まされました。

あとはマイク付きだったり、マイクの着脱が可能かどうか?といった点を気にしながら、他の商品も探しては迷っていました。

VANKYO CM7000

OneOdio A71

オーディオテクニカ ATH-M20X

created by Rinker
Audio Technica(オーディオテクニカ)

VANKYO CM7000ゲーミングヘッドセットに決めた理由

VANKYO CM7000ゲーミングヘッドセットの開封時の様子
価格とレビュー評価の高さで、通常購入価格は4580円だったのですが、ギリギリ1000円割引クーポンを適用できました。

これなら3580円とリーズナブルな価格になり、価格面に関してはトップになりますし、レビューも良かったんです。

YouTubeでレビュー動画を見たのですが、かなり良さそうで、聞こえてくる音質に関しては確認しずらいですけど、マイクテストはハッキリレビューで確認出来ました。

これはちゃんとしたヘッドセットにもなりえますし、ありだな!と感じてきました。

VANKYO CM7000ゲーミングヘッドセットのスペック

VANKYO CM7000ゲーミングヘッドセットのスペック

スペック

  • ドライバ:ダイナミック50mm、ネオジムマグネット付
  • タイプ:循環、密閉型
  • インピーダンス:16Ω
  • 再生周波数帯域:20Hz-20,000Hz
  • 全高調並歪(T.H.D):<2%
  • 質量:295g
  • ケーブル長:1.5m
  • 接続:3.5mm 4極ジャック、LEDライト充電用USBポート
  • マイクタイプ:静電コンデンサ
  • マイク指向性:全方位
  • マイク周波数:50Hz-18,000Hz
  • マイク感度:-41±2dB(0dB=1V/Pa, 1kHz)

私は1000円OFFのクーポンを利用したので、価格は3580円ぐらいでした。

VANKYO CM7000ゲーミングヘッドセットを実際に使ってみた

VANKYO CM7000ゲーミングヘッドセットの側面
現在よく利用しているのは、PCを媒体にして動画を観る時で、現在音声出力はPCモニター内臓スピーカーにしているのですが、これだと音声が小さいんです。

ちゃんとPC側のボリュームコントロールやモニター側でも音声設定はしているんですけど、いまいち小さいですし、聞こえなくはないんですけど、ドラマの見逃し配信等をみているとどうしても拾いづらい音声があります。

そこで、ドラマの見逃し配信は動画視聴サイトを閲覧する際はヘッドフォンを使用して聞くようにしています。

使ってみて気に入っているところ

使ってみて気に入っているところは音声品質の良さですね。

1000円割引が適用されていなかったとしても、所詮4580円、すなわち5000円未満のヘッドフォンです。

正直レビューでは良い感じで言ってましたけど、どこまで信用していいか?と疑う気持ちはありましたが、いざ使ってみると、本当に音質が良いです。

実は昔1万円程度の大手国産メーカーのヘッドフォンをもっていた事がありますが、それと遜色ないクオリティの高音質なんですよね。

5000円未満のヘッドフォンでもこのクオリティの音を聞けるのか!と気に入っています。

こんな方にはおすすめしたい

  • コスパの高いヘッドフォンが欲しい
  • マイクがあると嬉しい
  • 耳をすっぽりと覆う程の大きさが欲しい
  • コードレスより有線タイプの方がいい人
  • ゲーミングヘッドフォンが欲しい人

使ってみて気に入らなかったところ

使ってみて気に入らなかったところは、マイクの取り外し不可という点が気に入らないですね。

マイクを多用する人なら気にならないと思うのですが、私はマイクを利用していませんし、正直ヘッドフォンにマイクがついていても邪魔なだけなんですよね。

これが取り外し出来たら邪魔にはならないと思うのですが、取り外しができない以上はうっとおしく感じます。(もともとヘッドセットなので仕方ないですが)

あとはコードの短さで、PCモニターを食い入るようにしてみるなら、PC本体からも近いので気になりませんが、リクライングチェアに座ってゆったり見ようとすると、コードが足らないんです。

正直これは不満です。

こんな方にはおすすめしない

  • コードレスがいい人
  • 音質にこだわる人
  • 安物は嫌い
  • マイクはいらない
  • 派手な色使いはイヤ

VANKYO CM7000ゲーミングヘッドセット購入後の生活

結論から申しますと、周囲への音漏れを一切きにせずに動画視聴出来るようになりました。

以前と違ってテレビスピーカーから音は漏れませんし、ヘッドフォンを装着していると音漏れもありません。(ヘッドフォンから音漏れしたとしても、周囲に影響を与えるレベルでの音は出ないと思いますけどね。)

まあそういう事で、周囲への音漏れを気にせず動画視聴できるんです。

場面が変わったら急激にボリュームが上がってたりってことは結構ありましたので、以前はシーンによって、音量を上げ下げしていましたが、そういうのも気にせずに動画視聴出来ています。







-ヘッドホンのレビュー

© 2021 デジタルガジェットライフ