周辺機器のレビュー

Ciscleスタイラスペン X000Q7LPL5のレビュー!「正確な未来を指し示すスタイラスペン」と感じた

2019年5月29日

福岡県にお住いの40代男性から2018年12月頃に購入されたCiscle スタイラスペン X000Q7LPL5を実際に使ってみたレビューをご紹介します。

を欲しいと思ったきっかけ

タブレット端末やスマートフォンを長い間、操作しているうちに、指の先が痛くなったため何か他のものでタッチパネルを操作する必要が生じました。

はじめのうちは先端部分がシリコン製のもので、100円均一のペンを使っていましたが、使用部分が磨耗するなどして画面を操作する時の抵抗が大きくなり、スムースに操作ができなくなりました。

インターネットで検索するうちに先端が金属製で充電式のタッチペンがあることを知り、作業をするのに最適と思い購入することにしました。

の候補にあがっていたもの

購入金額がいちばんのネックで、上をみればきりがない世界なので、同じような金額の物のうち、性能と信頼性についてリサーチするのにかなりの時間を要しました。

具体的には、ヤフーやグーグルで高性能なモデルを含めて基本的な性能と特性を把握して、私にとって初めて購入する商品だったので、不具合についてもリサーチしました。

高額商品の性能を踏まえた上で、十分な性能を備えている廉価版を探すのに、インターネットショッピングサイトを比較するのですが、こちらも大変多くの商品があり、選別するのに大変苦労しました。

Ciscle スタイラスペン X000Q7LPL5

Apple Pencil

Gouler スタイラスペン

Ciscle スタイラスペン X000Q7LPL5に決めた理由

Ciscle スタイラスペン X000Q7LPL5の本体と箱
インターネットショッピングサイトで、高価格帯の商品が安くなっていないか確認しましたが、大手メーカーではほとんど値引きがされておらず、希望する金額の3倍以上していたため、購入することができませんでした。

廉価版を購入することにしたものの、信頼性について疑義があり、特に低価格帯は、中国製品が多いだろうという予測していました。

中国製品は、ベータ版のようなものも多く出回っているため、初期不良やそもそも使えないものが多いのではないかとおもっていましたが、選定の決め手になったのは、星の数とコメントです。

星の数が多くても、星一つのコメントのうち、初期不良や性能を満たしていない製品については選考から外しました。

価格と、コメント内容及び星の数が4個半のものから、選びました。

Ciscle スタイラスペン X000Q7LPL5のスペック

Ciscle スタイラスペン X000Q7LPL5のスペック

スペック

  • 素材:アルミニウム合金、純銅
  • ペンの長さ:178mm
  • 重量:17g
  • ペン先直径:1.45mm
  • 電源タイプ:Micro USB充電式
  • フル充電時間:60-80分
  • パッケージ内容:タッチペン本体、保護キャップ、繊維ペン先、USB充電ケープル
  • 対応端末:大部分の静電容量式ガラスパネルに対応できます。(ipad,ipad Pro,ipad mini,ipad Air,Iphone XS/XS Max /XR/X/8/7,Google Pixel 2/2XL/,Pixel 3/3XL Samsung Galaxy TabS3,Galaxy S9,S8,S7,Huawei Mediapad M3,HTC,LG 等)

私は新品で価格は約3000円ぐらいで購入することができました。

Ciscle スタイラスペン X000Q7LPL5を実際に使ってみた

Ciscle スタイラスペン X000Q7LPL5を実際に使用している様子
プライベートでタブレット端末やスマホでを文字を打つときやコメントする時に使用しています。

スペックとしては、タブレットで絵などを描くことができるため、文字の打ち込みや文章の切り取りなどで使用しています。

スマートフォンでの文字の打ち込みでは、指で打ち込みをするよりも、正確に文字を指定することができるようになりました。

指で押していると、スマートフォンのように小さな画面では正確に打つのが難しかったものの、ペン先が細く指定したいとことを正確に見て操作することができるようになりました。

使ってみて気に入らなかったところ

中国製のため、マニュアルが不正確かつ不十分です。

マニュアルらしき物のは製品の紹介や基本的なことは書かれていましたが、充電の方法についての説明がありませんでした。

そのため、起動要領や停止要領についても、記載がないのでボタンを長押ししてライトが点滅した時に何を意味しているのかわかりませんでした。

起動、停止、ライト(色と点灯、点滅)の意味するところについての説明は必須です。

また、商品の補償に関して何一つ書かれていないので、故障した場合にいつまで修理対象なのか、取り替えてもらえるの不明でした。

製品は初めて使うので、コメント内容にあった通り、画面の指しているところよりも少しずれたり、コピーなど指示したいときに正確に指すことがたまにできないことです。

使ってみて気に入っているところ

指の負担が減りました。以前はスマホの画面を擦るため、指先がヒリヒリしたり、ジンジンと痛む事がありましたが、ペンを使う事が多くなったため、そのぶん指が楽になりました。

また、ペン自体も中程度の太さのボールペン程度で、重さもとても軽く、バランスも良く物でした。

乾電池式の物も考えていましたが、重さがネックになると思いました。

充電式の物のうち私が作業する範囲のものであれば十分使用に耐えるものでした。

また、指で作業すると、指定範囲がぶれてあらぬコマンドをしてしまうことがありましたがペンだと、若干のズレはありますが、指に比べればかなり精密な指定ができる印象です。

使ってみておすすめではないと思う人

先端部分が銅製のため、説明書にもありますが、画面を傷つける恐れがあります。力のコントロールができない子供にはむていません。

また、防水性についての記載がなく、生活防水仕様でもなさそうなため、屋内環境下で、かつ水場周りや湿気の多いところでは電気的な故障が生じる恐れがあります。

屋外で使用したい方は、くれぐれも濡れることのないように携行や天候について気を配る必要があると思います。

スペック上は絵を描いたりできるようですが、使用したことがないため、精密作業をしたい方はそれなりの物を購入されたほうがいいかもしれせん。

また、補償体制についても不明な点が多いため、初期不良などで煩わしい思いをしたくない人は大手メーカーの物をお勧めします。

プロよりは導入、初心者向きでは十分かと思います。

使ってみておすすめだと思う人

丁寧な説明書が無いため、操作や扱いについてある程度推測ができる、学生以上の方に向いていると思います。

文字を打ったり、何か画面で指定する分には不足ないため、勉強やリサーチなどで使用する事は無難だと思います。

スペック上は線などを描くことができるため、絵やイラストを描くこともできるようですが、実際に使ったことがないためコメントは控えさせていただきます。

あとは、爪が長い方にも向いていると思います。

ネイルや付け爪をされている方でも、正確に文字を打つことができると思います。

Ciscle スタイラスペン X000Q7LPL5購入後の生活

どちらかというと継続して使いたくなるものです。

よりストレスを感じることなく作業ができるため、タッチパネルというシステムがある限り同様のものを買い換えると思います。

特に指先で押して指定する時の作業では、指を話した途端に在らぬところにカーソルが移動してしまったりしていました。

スマートフォンやタブレット端末における操作では、タッチパネルによりかなり感覚的な操作が出来るようになりましたが、指先だけの操作ではパソコンでいうところのマウスのような操作がしずらいため、ペンはマウスに相当するものになると思います。







-周辺機器のレビュー

Copyright© デジタルガジェットライフ , 2020 All Rights Reserved.