ワイヤレスイヤホンのレビュー

Jabra Elite Active 75tワイヤレスイヤホンのレビュー!使ってみた感想は「スポーツ向けで全方向に抜け目なし」と感じた

愛知県にお住いの30歳男性から2020年7月頃に購入されたJabra Elite Active 75tワイヤレスイヤホンを実際に使ってみたレビューをご紹介します。

ワイヤレスイヤホンを欲しいと思ったきっかけ

今までは従来からのワイヤレスイヤホン(左右独立でなく、レシーバーから有線のもの)を使用していましたが、ランニング中でも使用出来て、更に徐々に機会が増えてきていた、Web会議でも使用出来る、完全ワイヤレスイヤホンを探していました。

左右独立タイプの完全ワイヤレスイヤホンであれば、特に夏の薄手のランニング時でも使用しやすいです。

(同時期に音楽を内蔵できるスマートウォッチを購入したのも、完全ワイヤレスイヤホンが良いと思ったきっかけの一つです。)

Web会議では片耳のみ使用したくて、完全ワイヤレスイヤホンを使いたいと思っていました。

ワイヤレスイヤホンの候補にあがっていたもの

今まで使用していたワイヤレスイヤホン(左右独立でなく、レシーバーから有線のもの)が、ノイズキャンセリング機能がついていたため、はじめはノイズキャンセリング機能ありきで探していました。

ただ、ランニングで使いやすい機能である、汗に対する耐性(防水性)の高いもので、ノイズキャンセリング機能が付いていて良いものは無かったため、遮音性の高い物で妥協しました。

(結果的には購入後のアップデートでノイズキャンセリング機能が付きました。)

また、Web会議でも使用したいと考えていたため、マイク機能が弱いという口コミがあるものは候補から外しました。

Jabra Elite Active 75t

Sony WF-1000XM3

Anker Soundcore Liberty Neo 第2世代

Jabra Elite Active 75tワイヤレスイヤホンに決めた理由

Jabra Elite Active 75tワイヤレスイヤホンの充電ケース
ランニング中でも使用出来て、更にWeb会議でもマイクイヤホンとして使える、完全ワイヤレスイヤホンであったことが決め手です。

ランニング時でも使用出来るものの条件として、外れにくさや汗への耐性を条件として探していましたが、それに加えてこのイヤホンは外部の音を敢えて拾って流す機能があるため、車や自転車が来たときに気づきやすく、安全性も高いです。

Web会議で使用出来るものとしては、片耳で使える条件に合致していました。

Jabra Elite Active 75tワイヤレスイヤホンのスペック

Jabra Elite Active 75tワイヤレスイヤホンのスペック

スペック

  • イヤホン形状:カナル型
  • ハイレゾ音源:無
  • パッシブノイズキャンセリング (PNC):○
  • 話し手側のノイズ低減:○ 4マイク通話テクノロジー
  • ウィンドノイズ保護機能:有
  • 外音取り込み機能:有
  • 防水:IP57
  • 連続再生時間:7.5時間
  • 連続再生時間(ケース込み):28時間
  • 充電時間:140分
  • 急速充電:15分充電/1時間再生
  • 充電時間、専用USB充電器(500mA)でのフル充電:2時間20分
  • ハンズフリー通話:対応
  • マイク:有
  • Bluetoothバージョン:5 
  • Bluetoothプロファイル:A2DP・AVRCPA・HFP・HSP・SPP
  • 動作範囲:最大10メートル
  • ペアリングデバイス:最大8台
  • 対応コーデック:AAC・SBC
  • スピーカーサイズ:6mm
  • スピーカー帯域幅 (音楽再生):20Hz~20kHz
  • スピーカー帯域幅 (通話):100Hz~8kHz
  • マイクのタイプ:4×MEMS
  • マイク帯域幅:100Hz~10kHz
  • 重量:35g ※充電ケース・5.5g ※イヤホン片側本体
  • 本体サイズ(長さ×幅×高さ):21.9×19.4×16.2mm
  • 充電ケースサイズ(長さ×幅×高さ):62.4×36.6×27.0mm
  • 公式サイト:https://www.jabra.jp/bluetooth-headsets/jabra-elite-active-75t

私は新品で購入しましたので、価格は23980円でした。

Jabra Elite Active 75tワイヤレスイヤホンを実際に使ってみた

Jabra Elite Active 75tワイヤレスイヤホン本体
主にランニング時とWeb会議で使用しています。

ランニング時には、音楽を内蔵できるスマートウォッチを所有しているため、イヤホンとスマートウォッチのみを持てば良いため、かなり身軽に快適なランニング環境を整えられます。

Web会議時には、片耳のみで使用できるため、同じ会議室にいるメンバーの声を聞きながら会議が出来ます。

また、Web会議をしていると、たまにマイクが悪いのか声が聞き取りづらい人がいますが、口元とマイクの距離が遠い完全ワイヤレスイヤホンの割には、マイクの音質が良いです。

使ってみて気に入っているところ

ランニングで使用しても、耳へのフィット感が高く、激しく上下しても落ちる気配すらありません。

また、外部の音の取り入れ機能があるため、自動車や自転車が接近したことも気づきやすく安全にランニングが出来ます。

Web会議での使用時には、音質はもちろん、口元とマイクまでの距離が遠い完全ワイヤレスイヤホンなのに、クリアに聞こえているようで、とても満足しています。

また、購入時には案内は無かったですが、途中のアップデートでノイズキャンセリング機能が追加され、更に満足出来る製品となりました。

こんな方にはおすすめしたい

  • ランニング時に使用したい方
  • Web会議でのマイクイヤホンを探している方
  • Web会議時に両耳を塞ぎたくない方
  • ノイズキャンセリング付きのイヤホンが欲しい方
  • 完全ワイヤレスイヤホンが欲しい方

使ってみて気に入らなかったところ

Web会議のときには、片耳のみに付けて使用することが出来ますが、右耳用のイヤホンでしかこの機能がありません。

音質もマイクの質も満足していますが、会議室にいるメンバーの位置に合わせて柔軟に左右を入れ替えたいので、そこが出来ないのが不満です。

また、通常の会議での使用であれば、バッテリーの持ちは必要十分なのですが、最近増えているWebセミナーなどの、一日がかりでイヤホンを使用しているとバッテリーが途中でなくなることがあります。

ケースに入れないと充電出来ないため、お昼休み等で充電を忘れると、セミナーが途中で聞けなくなります。

こんな方にはおすすめしない

  • 強力なノイズキャンセリングが欲しい方
  • 左耳での片耳通話をしたい方
  • 耳が小さい方
  • 安いイヤホンを探している方
  • Apple製品と合わせたい方(白がない)

Jabra Elite Active 75tワイヤレスイヤホン購入後の生活

今まではランニング時には、音楽を聞かずに淡々と走っていましたが、気分が良くなる音楽を聞きながら走ることで、今まで以上に楽しくランニング出来るようになりました。

また、テレワークで自宅からWeb会議することもありますが、今まではパソコンに内蔵されていたマイクとスピーカーを使用していたため、家族に丸聞こえかつ家族の声も拾っていたようですが、このイヤホンを使用してからは、指向性のマイクも相まって、余計な声が入らずに良くなりました。







-ワイヤレスイヤホンのレビュー

© 2021 デジタルガジェットライフ