スマートウォッチのレビュー

Garmin Vivomove Luxeスマートウォッチのレビュー!使ってみた感想は「スーツにもランニングにもピッタリのデザインと機能」と感じた

京都府にお住いの47歳男性から2020年1月頃に購入されたGarmin Vivomove Luxeスマートウォッチを実際に使ってみたレビューをご紹介します。

スマートウォッチを欲しいと思ったきっかけ

趣味のランニング用でかつ仕事にも使用可能なスマートウォッチを探して、こちらの商品にたどり着きました。

ガーミンはランニングウォッチとして使用した経験があり、性能と価格のバランスが良いことに信頼感がありました。

ランニング用だけでなく、メール着信や電話の着信確認ができることから仕事用にも使えるものを探そうと欲張り始めたものの、なかなかデザインがスーツにマッチするものが見つからず苦戦しました。

デジタルではなく、アナログ表示のこの商品はスーツでも映えます。

スマートウォッチの候補にあがっていたもの

選択する上でのポイントは3つありました。

1つ目は電池の持ち時間ですが、充電しても2日と持たないのでは役に立たないと思い、充電頻度はどれくらい必要かはチェックしていきました。

2つ目は電池の交換頻度ですが、アップルウォッチは高価にもかかわらず、電池を交換するまでの期間が短く、コスパが悪いと判断しました。

3つ目はデザイン面で、スマートウォッチはデジタル表示で、通常時は画面が黒い状態なものが多く、電池の消耗を考えると致しかたないですが、スーツと合わせるには違和感がぬぐえませんでした。

この3つ目が一番要因としては大きいです。

Garmin Vivomove Luxe

Apple Watch Series 3

Apple Watch seriies 5

Garmin Vivomove Luxeスマートウォッチに決めた理由

Garmin Vivomove Luxeスマートウォッチのスペックの液晶ディスプレイ
趣味のランニング用を最初に選択肢として考えましたが、次第に仕事にも使用可能なスマートウォッチという選び方が優先してきました。

せっかく購入するなら、仕事とランニングを使い分けるのではなく、ずっと使ってフルに活用したいと思うようになり、デザインへのこだわりが決め手になりました。

アナログ表示のこの商品はスーツでも映えますし、性能と価格のバランスが良いことも決め手の一つです。

ほかにもランニングウォッチは複数のメーカーがあり、スントも候補にしましたが、値段がネックです。

Garmin Vivomove Luxeスマートウォッチのスペック

Garmin Vivomove Luxeスマートウォッチのスペック

スペック

  • 使用シーン:ランニング・ウォーキング・フィットネス
  • タッチレス決済:Garmin Pay(Suica対応) ※Suica利用開始にはソフトウェアアップデートが必要です
  • タッチスクリーン:○
  • ディスプレイタイプ:AMOLED
  • 防水等級:5 ATM
  • カラー表示:○
  • バンド種類:レザー
  • ストラップ幅:20mm
  • ケースサイズ:42mm
  • ケース形状:ラウンド(円形)
  • 重量:55.5g
  • 防水性能:5気圧防水
  • 時計モード時 バッテリー寿命:4日 ※Smartモード・7日 ※バッテリーが少なくなると、時計モードに移行します
  • カラーディスプレイ:対応
  • タッチパネル:対応
  • GPS機能:対応 ※スマートフォンのGPSを使用
  • カレンダー機能:有
  • 気圧計測:対応
  • 高度計測:対応
  • 心拍計測:手首 ※光学式心拍計
  • 文字盤:デジタル&アナログ
  • スマートフォン接続:対応
  • レンズ素材:ドーム型サファイアレンズ
  • ベゼル素材:ステンレススチール
  • ケース素材:ステンレススチール
  • クイックリリースバンド:対応(20mm)
  • 本体サイズ:42×42×11.9mm
  • 外周:125-190mm
  • 公式サイト:https://www.garmin.co.jp/products/wearables/vivomove-luxe-navy/

私は新品で購入しましたので、価格は50,000円ぐらいでした。

Garmin Vivomove Luxeスマートウォッチを実際に使ってみた

Garmin Vivomove Luxeスマートウォッチの裏側のセンサー部分
会社で仕事用として使用する際は、オリジナルのレザーのベルトのまま。

ランニングウォッチとして使用する際は、汗でぬれても洗えるようにネットで購入したナイロン製のベルトに付け替えています。

ガーミンの正規品は値段が張るので、Amazonで1千円ほどのクイックリリース(ガーミンのベルト交換規格)に対応したベルトを購入しました。

何ら問題なく使用できており、この点もガーミンにしてよかったと満足している点の一つです。

使ってみて気に入っているところ

仕事用としては、スーツに合わせても高級感があふれ、一見しただけではスマートウォッチには見えない点がお気に入りのポイントです。

ゼニスの高級な時計を以前は仕事で使用していましたが、今では出番はなくなり、完全にガーミンのみを使用しています。

頑丈さの点でも申し分なく、水洗いOk、そしてサファイアガラスがしっかりしており、文字盤ガラスに傷が一つもついていません。

毎日使用して、ランニングでも使用しているのに、驚きです。

こんな方にはおすすめしたい

  • 仕事とランニングを1本の時計で完結したい人
  • Apple Watchのデザインを好きになれない人
  • スマートウォッチを4万円程度で探している人
  • 運動好きな男性へ時計をプレゼントしたい女性
  • レザーベルトをスマートウォッチで使いたい人

使ってみて気に入らなかったところ

ランニングとして使用する際は、Vivomove Luxe本体ではGPS機能がないため、スマホ(iPhone)のGPS機能と連携させて記録するのですが、5回に1回ほどガーミンのスマホアプリがうまく起動せず、ランニングの記録が取れないときがあります。

時計本体の問題というよりは、ガーミンのスマホアプリの問題だと思いますので、アップデートされていくと解決されると期待しています。

Vivomove Luxe本体に関して不満に思うことはなく100点です。

こんな方にはおすすめしない

  • GPS機能付きにこだわる人
  • 10万円以上の時計が欲しい人
  • ベルトが太い方が良い人
  • 文字盤がデジタルでいろいろアレンジしたい人
  • Apple Watchが好きな人

Garmin Vivomove Luxeスマートウォッチ購入後の生活

時計は時間を確認するためのもの、またステータスとしての一部という認識でしたが、スマートウォッチで、自分の体調や歩数を記録できるようになり、健康への意識は格段に上がりました。

自分で記録を付けるのは何とも面倒ながら、自動で時計が記録してくれるとどこへ行くにも手放せない相棒の感覚です。

ランニングも仕方なくするという感覚、思い出したときにするという「よいしょ」という一歩が必要でしたが、スマートウォッチが動機づけしてくれているように感じます。







-スマートウォッチのレビュー

© 2021 デジタルガジェットライフ