スピーカーのレビュー

ZENSOR 5 DSW-37Kスピーカーのレビュー!使ってみた感想は「 2.1chホームシアター入門セットに最適」と感じた

2019年7月3日

神奈川県にお住いの30代男性から2019年2月頃に購入されたZENSOR 5 DSW-37Kスピーカーを実際に使ってみたレビューをご紹介します。

スピーカーを欲しいと思ったきっかけ

ホームシアターを組みたいと思い、トールボーイのダリ社製ZENSOR 5をペアと、サブウーファーのDSW-37Kを一緒に買いました。

ただ、これらを買っただけでは音を出せないので、一緒に5万円ほどのAVアンプと切り売りスピーカーケーブルも買っています。

ホームシアターを組むにはいろいろと大変ですが、せっかくのリフォームの機会だったので挑戦してみたいと思っていました。

大きなお金が動くタイミングだったので、貯金を切り崩して買う決心もつきました。

スピーカーの候補にあがっていたもの

トールボーイに関しては価格で悩んでいました。

たしかに店頭で試聴してみると、高い商品はさすがにいい音を鳴らしてくれますが、いかんせん高いんですよね。

その点、たまたまアウトレットに出ていたZENSOR 5はペアで良心的な価格でした。

それに、フロントのステレオスピーカーは上を見ればキリがないので、中途半端に高いやつを買っても、さらに良いものが欲しくなるはず。

まずは初心者向けに手が届く範囲で音響を試してから、いつかハイエンドを買おうと画策しています。

ZENSOR 5 DSW-37K

OBERON 7

YST-FSW050

ZENSOR 5 DSW-37Kスピーカーに決めた理由


ZENSOR 5はアウトレットで店頭展示品だったので、エイジングが終わっていたのもむしろ魅力でした。ダリ社製だから安心というのもありましたね。試聴したかんじも素晴らしかったです。

一方サブウーファーはヤマハの商品と迷いましたが、こちらは価格が高いほうのデノンを選びました。

なぜなら、ヤマハのやつは音がビヨンビヨンしていてよくなかったのと、デノンのウーファーは下向きに音が鳴るタイプだったので、低音が指向性なく良く響いたからです。

ZENSOR 5 DSW-37Kスピーカーを実際に使ってみた


ZENSOR 5はフロントに、テレビ画面の左右に置いています。

サブウーファーは右スピーカーとテレビの間に置いています。

両方ともマランツのAVアンプに繋いで、そこからテレビに出力しています。ケーブルテレビ、PlayStation 4、NINTENDO Switch、DVDプレイヤーともボタンひとつで入力の切り替えができるので、とても便利で満足しています。

ただし、配線はとてもかさばるので、結束バンドで束ねるなどしてなんとか整理しています。

使ってみて気に入らなかったところ

おおむね満足しているので気に入らないところはありませんが、敢えて挙げるとしたら、サブウーファーは自動オンオフ機能をオンにしていると、映画の再生途中にカチッカチッと異音がすることがあります。

これは再生していない時間が一定時間経つと勝手にオフになり、また再生するときにオンになって電源が入るときの音で、映画を観ていると意外と邪魔に聞こえてしまったりします。

ただ、自動オンオフ機能はオフにしてしまえば解決はできます。

使ってみて気に入っているところ

もちろん、いちばん気に入っているのは音質のよさです。

これまで安いスピーカーしか使ってこなかったので、天と地の違いにびっくりしています。

ZENSOR 5は木製なので見た目も暖かいですし、ジャズの再生なんかにやわらかい音づくりがよく合います。

サブウーファーは映画を見るには欠かせません。迫力が段違いでちがいます。

また、ZENSOR 5が低音の再生能力にちょっと欠けているようなところがあるので、サブウーファーで補えています。

使ってみておすすめではないと思う人

映画をあまり観ないというひと、ホームシアターにはあまり興味がないというひとには、オススメできないとおもいます。

なんだかんだで10万円以上はかかりますからね。

映画を観ない人には、サブウーファーが加わったことによる迫力の違いもそこまで大きく伝わらないのではないかと。

また、当たり前ですが既にもっと高いスピーカーを持っているというマニアな人には、オススメできない組み合わせだとおもいます。

映画をあまり観ないのであれば、サブウーファーを置く意味はあまりないとおもいます。"

使ってみておすすめだと思う人

ホームシアター入門者にはぜひオススメの組み合わせだとおもっています。現状、考えうるなかではかなりコスパの高い組み合わせではないかと思います。

ただ、ZENSOR 5は今年の購入時点で既にアウトレット入り。もしかすると正規の販売で手に入れるには難しくなってくるかもしれません。

もちろんZENSOR シリーズなど、価格が近くていいトールボーイのスピーカーは他にもあります。

サブウーファーに関してはヤマハの製品はあまりオススメできないので、デノンがよいでしょう。

ZENSOR 5 DSW-37Kスピーカー購入後の生活

映画を浴びるように観ています。

最近のケーブルテレビでは5.1chで放送してくれているところが珍しくなく、自宅のリビングにいながらまるで本物の映画館にいるような大迫力の音響で映画を観ることができています。

また、アンプ内蔵のインターネットラジオを使って、好きなジャズやクラシックをエンドレスでBGMとして流せるのも地味にうれしいところ。最高の音質で読書や勉強などがはかどります。

音楽のダウンロード数も増えました。







-スピーカーのレビュー

Copyright© デジタルガジェットライフ , 2020 All Rights Reserved.