空調家電のレビュー

ツインバード HEPA AC-5943VO空気清浄機のレビュー!使ってみた感想は「シンプルだけど高性能でお手入れも簡単」と感じた

千葉県にお住いの47歳女性から2022年2月頃に購入されたツインバード HEPA AC-5943VO空気清浄機を実際に使ってみたレビューをご紹介します。

空気清浄機を欲しいと思ったきっかけ

1年ほど前から鼻詰まりがひどくなり、耳鼻科で検査を受けたところ、花粉とハウスダストのアレルギーと判明しことが空気清浄機を購入しようと思ったきっかけです。

犬も飼っているため、とにかく換気と掃除を徹底することにしたものの、それだけでは不安だったので、普段滞在時間が長い仕事用の部屋と寝室の両方で使えるものが欲しいと考えました。

アレルギー判明に加えて、以前よりリモートワークが増え、屋内にいる時間が激増した事も空気清浄機が欲しくなった理由の一つです。

空気清浄機の候補にあがっていたもの

最初に空気清浄機を買おうと思ったときは、日中は仕事部屋、夜間は寝室で使いまわそうと考えていたので、コンパクトで持ち運びがしやすいことに重点を置いて探しました。

小型で安価、お手入れがしやすいということでいくつか候補を挙げてみたものの、候補にした空気清浄機に似たタイプの製品の口コミに異音や不具合に関する内容を見つけ、購入をためらいました。

結局、小型でなくとも馴染みのあるメーカー製で、形状の違うタイプが良さそうだという結論に至りました。

ツインバード HEPA AC-5943VO

ツインバード HEPA AC-5943VO

Dreamegg 小型空気清浄機 CF-8011N

Dreamegg 小型空気清浄機 CF-8011N

アイリスオーヤマ 空気清浄機 IAP-A25-W

アイリスオーヤマ 空気清浄機 IAP-A25-W

ツインバード HEPA AC-5943VO空気清浄機に決めた理由

ツインバード HEPA AC-5943VO空気清浄機の背面

以前にもツインバードの扇風機や照明器具を使っていたことがあり、特に不具合や故障もなく長く使えていたので、メーカーそのものに対して信頼性がありました。

先に候補に挙がっていた空気清浄機よりも少しお値段が高くなるものの、もともと使いやすい印象のあるメーカーだったので、とりあえず詳細をチェックしてみました。

購入の決め手はフィルターの交換時期が1.5年とスパンが長めなことと、切タイマーがあること、マイナスイオン発生機能があったことです。

ツインバード HEPA AC-5943VO空気清浄機のスペック

ツインバード HEPA AC-5943VO空気清浄機のスペック

スペック

  • 製品寸法:約 410 × 140 × 430 mm
  • 製品質量:約 4.0 kg ( 付属品含む )
  • 定格電圧:AC 100 V 50 / 60 Hz
  • 集じん方式:機械式 ( フィルター式 )
  • 消費電力 ( フィルター装着状態 ):ターボ43 / 49 W・標準24 / 25 W・静音18 / 18 W・待機時0.6 / 0.8 W
  • 消費電流 ( フィルター装着状態 ):ターボ0.43 / 0.5 A・標準0.31 / 0.36 A・静音0.26 / 0.3 A・待機時0.075 / 0.09 A
  • 定格負荷回転数 ( フィルター装着状態 ):ターボ1100 / 1150 rpm・標準750 / 730 rpm・静音500 / 450 rpm
  • 適用床面積:~ 12 畳
  • 風量:ターボ2.4 /2.4 m3 / min・標準1.3 / 1.3 m3 / min・静音0.7 / 0.6 m3 / min
  • 騒音:ターボ50 dB以下 ( 距離 1 m / A特性 )・標準 40 dB以下 ( 距離 1 m / A特性 )・静音25 dB ( 距離 1 m / A特性 )
  • マイナスイオン発生方式:コロナ放電方式
  • マイナスイオン量:10,000 個以上 / cm3 ( 風量「 ターボ 」運転時、6 畳間で本体吹出し口より吹出し方向へ 1 mの距離で測定 )
  • 集じんフィルター:HEPAプリーツフィルター
  • 集じんフィルター寿命:約 1.5 年 ( 一般家庭で、タバコ 1 日 5 本 )
  • 脱臭フィルター:活性炭フィルター
  • 脱臭フィルター寿命:約 1.5 年 ( 一般家庭で、タバコ 1 日 5 本 )
  • タイマー仕様:動作時間…180 分
  • 電源コード有効長:約 2.0 m
  • 付属品:HEPA集じんフィルター…1 / 脱臭フィルター…1
  • 公式サイト:https://store.twinbird.jp/products/ac5943

私は新品で購入しましたので、価格は7,200円でした。

ツインバード HEPA AC-5943VO空気清浄機を実際に使ってみた

ツインバード HEPA AC-5943VO空気清浄機の側面

基本的に一日でいちばん滞在時間が長い仕事用の部屋に置いて使用しています。

朝の換気を終えたあとに、しばらくの間はターボ運転で使用し、仕事開始と同時に標準運転とマイナスイオン発生スイッチをONにします。

掃除機をかける間や、長時間留守にするときなどは一度スイッチを切りますが、それ以外は常時作動させています。

寝室に移動するときにマイナスイオンをOFFにして静音運転に切り替え、一晩中つけっぱなしにしておきます。

使ってみて気に入っているところ

正面から見ると大きく感じますが、奥行きは14センチとスリムなので、机や収納家具などいろいろ置いている部屋のなかでも圧迫感を感じないところが気に入っています。

標準運転でもかなり静かなうえ、静音運転時は作動しているのを忘れるほどなので、音に関するストレスもありません。

加湿機能がついていないため、面倒なお手入れが不要なのもありがたいです。

なによりも、この空気清浄機を使うようになってから、つらい鼻詰まりが明らかに軽減した点が最大のお気に入りポイントです。

こんな方にはおすすめしたい

  • 音に敏感で、家電の作動音が気になるという人
  • 加湿機能はいらないという人
  • 面倒なお手入れが苦手な人
  • シンプルで操作が簡単な空気清浄機が欲しい人
  • あまり大型な空気清浄機は好まない人

使ってみて気に入らなかったところ

カラーバリエーションが他になかったのですが、メタリックベージュの本体カラーが室内のほかの家具とちょっと合わないのが気になります。

動作自体はとくに問題は起きていないものの、やっぱりターボ運転にしたときはそれなりにうるさいので、仕事中や音楽を聴くときにはターボ運転は使えません。

また、床面積が12畳まで対応しているせいか、持ち運ぶにはやや重たいと感じてしまうため、当初の目的だった自室と寝室での使いまわしは諦めました。

こんな方にはおすすめしない

  • カラーバリエーションの豊富さやおしゃれな見た目を好む人
  • コードレスタイプの空気清浄機が欲しい人
  • 持ち運べるコンパクトさを重視する人
  • ヘビースモーカーの人
  • いろいろと機能が豊富なものを好む人

ツインバード HEPA AC-5943VO空気清浄機購入後の生活

ツインバード HEPAフィルター空気清浄機を導入してはっきりと感じたのは、使用中の室内では明らかにアレルギー症状の鼻詰まりが軽減したことです。

マイナスイオンについては個人差もあるものと思いますが、私自身は空気のすがすがしさを感じています。

静音運転ならほぼ無音、標準運転でも音が気にならないレベルの静かさなので仕事にも集中でき、鼻詰まりの心配もなくなったため、以前より仕事がはかどるようになりました。







-空調家電のレビュー

© 2022 デジタルガジェットライフ