映画のレビュー

【ネタバレ注意】映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』のレビュー|映画を見た感想は「渚カヲルの台詞で終わる幕引きには驚かされました」

東京都にお住まいの39歳男性(フリーランス)が2022年8月頃に「TV(金曜ロードショーで放送された録画)」で視聴した映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』のレビューをご紹介します。

映画の感想や見どころをネタバレ覚悟で解説しますので、映画を視聴する前に内容が知りたい方や、評価や口コミが気になる方は参考にしてください。

この映画の見どころ

  • 新キャラクター「真希波・マリ・イラストリアス」
  • 式波・アスカ・ラングレー(劇場版のアスカ)
  • テレビ版と大幅に異なる物語と結末

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』を見ようと思ったきっかけ

2021年にヱヴァンゲリヲン新劇場版の第4作目「シン」が公開され、長く続いてきた新世紀エヴァンゲリオンシリーズは完結を迎えました。

そして、2022年8月に新世紀エヴァンゲリオンで冬月コウゾウの声を担当していた清川元夢氏が逝去しました。

これらの出来事から、清川元夢氏の演じた冬月コウゾウの勇姿と新世紀エヴァンゲリオンをもう一度振り返ろうと思い、新劇場版の視聴を決意しました。

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の内容

本作は前作「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」の続編で、テレビ版の第八話「アスカ来日」から第十九話「男の戦い」までを描いた物語です。

本作の最大の特徴は、新キャラクターである真希波・マリ・イラストリアスが初登場することです。

他にも、新たにデザインされたエヴァンゲリオンも登場します。

物語は、概ねテレビ版と同じだった前作「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」とは違い、物語序盤からテレビ版との違いが鮮明に描かれており、終盤になると物語が大幅に変更されます。

作品情報

  • ジャンル: SF アクション
  • 製作国: 日本
  • 製作年: 2009
  • 公開年月日: 2009年6月27日
  • 上映時間: 108分
  • 製作会社: カラー
  • 配給: クロックワークス=カラー

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の見どころをネタバレ覚悟で解説

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の見どころは大きく3つです。

この映画の見どころ

  • 新キャラクター「真希波・マリ・イラストリアス」。
  • 式波・アスカ・ラングレー(劇場版のアスカ)。
  • テレビ版とは大幅に異なる物語と結末。

新キャラクター「真希波・マリ・イラストリアス」

本作では、新キャラクター「真希波・マリ・イラストリアス」が初登場します。

物語冒頭から歌(365歩のマーチ)を歌いながらEVA5号機で第3使徒と戦い、5号機を自爆して使徒を倒す鮮烈なデビューを見せます。

その後、パラシュートで学校の屋上にある碇シンジの元へ着陸します。

第10の使徒が襲来した際には、アスカに代わってEVA2号機に登場し、裏コード「ザ・ビースト」によって「獣化第2形態」を発動しますが、敗れてしまいます。

新キャラクターであるにもかかわらず、見せ場も多いので見どころとなります。

式波・アスカ・ラングレー(劇場版のアスカ)

アスカは、テレビ版(及び旧劇場版)では惣流・アスカ・ラングレーという名前でしたが、新劇場版では式波・アスカ・ラングレーに変更されます。

名称が変更されることに伴い、性格も変化します。

テレビ版では、同じエヴァの操縦者である綾波レイとの絡みが少なく、エレベーターで偶然出くわした時は、非常に険悪な関係でした。

しかし、本作では同じ場面でアスカが綾波レイに碇シンジのことを積極的に問いかける場面があります。

また、テレビ版ではEVA3号機のテストパイロットは鈴原トウジでしたが、本作ではアスカが操縦します。

テレビ版とは違うアスカの姿は見どころとなります。

テレビ版とは大幅に異なる物語と結末

本作は、概ねテレビ版と同じ物語を描いていた「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」とは異なり、物語序盤から新キャラクターの真希波・マリ・イラストリアスが登場し、大幅に物語が変更されています。

中盤では、テレビ版で鈴原トウジが搭乗していたEVA3号機が使徒に寄生されて戦うことになる場面があるのですが、その操縦者がアスカに変更されています。

また、物語終盤では、テレビ版で最強の使徒でもあったゼルエル(本作では第10使徒)と戦闘になり、驚くことに綾波レイがその使徒に捕食されてしまいます。

この綾波レイを救出するため、碇シンジがEVA初号機(疑似シン化第1覚醒形態)を駆使してゼルエルを倒します。

しかし、その結果、サードインパクトが引き起こされそうになります。

その寸前で渚カヲルがロンギヌスの槍でサードインパクトを阻止します。

このように、テレビ版とは大幅に異なる物語と結末が描かれており、それは見どころの一つです。

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』を見終わった感想

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」の続編として公開された「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」についてですが、テレビ版と旧劇場版を視聴済みの私としては驚かされることばかりでした。

まず新キャラクターの真希波・マリ・イラストリアスの冒頭の鮮烈なデビューと、既存のキャラクターたちと違和感なく話す点が特筆されます。

また、テレビ版と比べてアスカが自暴自棄にならず、綾波レイや碇シンジについて問い詰めるなど他者を気に掛ける描写がある点も、性格が良い方向へ変わったと感じました。

そして、ラストのクライマックスでサードインパクトが引き起こされる寸前に渚カヲルが登場し、物語が渚カヲルの台詞で終わる幕引きには驚かされました。

本作を見て、次回作が気になるところです。

テレビ版及び旧劇場版を視聴して好きな人であれば、今作も間違いなく楽しめると思います。

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』における印象的な名言

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』で私が特に印象に残った名言を紹介します。

「渚カヲル」のセリフ

「さあ、約束の時だ、碇シンジ君。

今度は君だけを幸せにしてみせる」

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』の評価や口コミ

他の方が映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』を見てどう思われているのか、評価や口コミを調べてみました。

主要キャラクター2人を主軸にゆっくり背景や相関を理解できます序章なのでまだ伏線回収とまではいきませんが、ある程度は理解しておかないとこれから少しずつ難しくなるので注意が必要
Amazonの口コミ

いい
Amazonの口コミ

今現在、いろんなアニメの映画版が有るが、このアニメは僕の中では一二を争うタイトルに成った。勿論、序と破を合わせなければならないが、単独としても十分楽しめると思う、最後の二子山決戦で戦闘の後、シンジが父がしたように、綾波を助けるときに言った言葉、「私には何もないって言うなよ」「別れ際に「さよなら」なんて悲しいこと言うなよ」綾波「ごめんこんな時どういうかをしていいかわからない」「笑えばいいと思うよ」。僕は、何故か涙が出た(年かな)TV版のシンジはもっと子供っぽくって、キャラ作りだなと思ってたけど、「序」は普通の中学生してる。TV版もそうだが、実時間と、この劇中の中とリンクしていて、スピード感がある。こう言っちゃなんだが悪いけど、今はやってる「鬼滅の刃」は、子供の頃見た「紙芝居」をただアニメ化しているだけだし、ストーリも、「完全懲悪」「主人公の成長物語」を長々見せてるだけ、「水の呼吸??」何んって言ってる時間無いだろ、3D、レタリングも使ってるけど、ほんとに必要?世界観も小さいし、昔昔見た「風の谷のナウシカ」「紅の豚」などのロマンも無い、何故若い子たちが支持してるのかわからない、まあ「解りやすい」とは思うけど、すぐ飽きる、私も6話位で、一度断念した。後で時間があるときのに、全部見たけど、退屈極まりない、「何故か」それは、視聴者に考える「思考」することを、与えてないからだと思う。初見で、エヴァンゲリオンを見ても、多分わからないだろうけど、緻密な撮影技術(3D等)を見るだけでも、価値があると思う、女性向けではないかもしれないが。スピード感って大事なことだと思う、「アンビリーカケーブル」が切断されると、設定道理に映画の中でも、30秒立つときどう停止をする。話を変えるが、超未来的な「エヴァ」と「新第三東京市」、何故か昭和的な街角や建物(庵野監督のこだわり?)TV版から超進化した「使徒」ワクワクが止まらない。2Dと3Dとの極めて優れた融合、日本のアニメ史上の幾つかのタニーングポイント言って差し支えないだろう。続きを読む
Amazonの口コミ

特典品も完備してました。商品の到着も早く満足してます。
Amazonの口コミ

大切に観させていただきました。今も大切に保管しています。良いお品物です。ありがとうございました。
Amazonの口コミ

みなさんの映画を見た感想が面白いですね!

おわりに

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』についての感想や見どころをネタバレ覚悟で解説いたしました。

「面白い」と感じられた方はぜひご覧ください。







動画配信サービスでもっと動画を楽しもう!

Netflix(ネットフリックス)

『Netflix』はハイクオリティのオリジナル作品が魅力のVODサービスです。

  • 質の高いオリジナルコンテンツが充実
  • 洋画・海外ドラマが豊富
  • レコメンド機能で観たい作品を探してくれる
  • オフライン再生ができる
  • ニーズに合わせた3つの料金プラン
月額料金(税込)ベーシック:990円
スタンダード:1,490円
プレミアム:1,980円
無料トライアルなし
配信数非公開
配信ジャンル洋画
邦画
国内ドラマ
海外ドラマ
アニメ
バラエティ
オリジナルコンテンツ
オフライン再生

Amazon Prime Video(アマゾン・プライム・ビデオ)

『Amazon Prime Video』は、コスパの良さが魅力のVODサービスです。

  • 月額500円のコスパの高さ
  • 初回登録時は30日間の無料トライアルあり
  • 話題性の高いオリジナルコンテンツ
  • 追加定額でPrime Videoチャンネルに加入できる
  • Amazonプライム会員特典が便利
月額料金(税込)月間プラン:550円
年間プラン:4,900円
無料トライアル30日間
配信数非公開
配信ジャンル洋画
邦画
国内ドラマ
海外ドラマ
アニメ
バラエティ
オリジナルコンテンツ
オフライン再生

U-NEXT(ユーネクスト)

『U-NEXT』は、配信作品数No.1のVODサービスです。

  • 見放題作品数が脅威の22万本以上
  • 初回登録時は31日間無料トライアルあり
  • 毎月1,200円分ポイント還元※月額プランのみ
  • 漫画や雑誌も読める
  • 4K画質で作品を楽しめる
月額料金(税込)月額プラン:2,189円
月額プラン1490:1,639円
無料トライアル31日間
配信数220,000万本以上
配信ジャンル洋画
邦画
国内・海外ドラマ
アニメ
バラエティ
音楽
ドキュメンタリー
キッズ
オフライン再生

DAZN(ダゾーン)

『DAZN』は、1万試合以上のスポーツが見放題な特化型VODサービスです。

  • 130以上のスポーツコンテンツが見放題
  • 日本国内での独占配信が多数
  • 見逃し配信で視聴できる
  • 初回登録時は1ヶ月間の無料トライアルあり
  • オリジナルコンテンツが充実
月額料金(税込)通常プラン:1,925円
年間プラン:19,250円
無料トライアル1ヶ月間
配信数非公開
配信ジャンルスポーツ
スポーツドキュメンタリー
スポーツバラエティ
オフライン再生

Hulu(フールー)

『Hulu』は、映画・ドラマ・バラエティなど、ラインナップのバランスが良いVODサービスです。

  • 独占配信の海外ドラマが多数
  • 日本テレビ系のドラマ・バラエティが観れる
  • 初回登録後2週間の無料トライアルあり
  • リアルタイム視聴・見逃し視聴ができる
  • オフライン再生で通信制限を気にせず視聴
月額料金(税込)1,026円
無料トライアル14日間
配信数70,000本以上
配信ジャンル洋画
邦画
国内・海外ドラマ
アニメ
バラエティ
音楽
スポーツ
オリジナルコンテンツ
オフライン再生

-映画のレビュー