映画のレビュー

【ネタバレ注意】映画『リム・オブ・ザ・ワールド』のレビュー!映画を見た感想は「まるで自分の子供たちの成長を見守っている親の気分で幸せな気持ちになれた」

沖縄県にお住いの31歳男性(サービス系:看護師)が2022年6月頃に「Netflix」で見た映画『リム・オブ・ザ・ワールド』のレビューをご紹介します。

映画を見た感想や見どころをネタバレ覚悟で解説しておりますので、映画を見る前に面白いのか知りたい方、評価や口コミが気になっている方は参考にしてください。

この映画の見どころ

  • 様々なトラブルを乗り越えた少年少女たちの成長が描かれる作品です。
  • 子供向けですが、手に汗握るシーンも多く大人も一緒に楽しめます。
  • SF初心者の子供に見せてあげたい映画です。

映画『リム・オブ・ザ・ワールド』を見ようと思ったきっかけ

エイリアンがでてくるようなSF作品を見たかったので探していたところこちらのリムオブザワールドという作品が目に留まりました。

私は映画を見る前に軽くレビューを読んでから見るか見ないかを決めるのですが、レビューをさらっと流し読みしていると、「気軽に楽しめる映画」「サクッと見れる映画」「子供と一緒に見れる映画」など好意的なレビューが多くありました。

たまには何も考えずに鑑賞できる映画を見ようと思い、視聴することを決定しました。

映画『リム・オブ・ザ・ワールド』の内容

友達のいない少年が、山奥のキャンプ施設でひと夏を過ごそうとしていた時に、突如宇宙からエイリアンが地球を侵略しにやってきます。

同じくキャンプに来ていた同世代の4人はその場に遭遇してしまいます。

宇宙の偉い少佐から鍵をあずかった少年少女らは道中で起こる様々なトラブルや一連の出来事を通して絆が深まっていきます。

それぞれの得意なことや不得意なことをカバーしあって見事目的地にたどり着いた4人はエイリアンから地球を救います。

映画『リム・オブ・ザ・ワールド』の作品情報

作品情報

  • 監督:マックG
  • 脚本:ザック・ステンツ
  • 原作:-
  • キャスト/出演者:
    • ジャック・ゴア
    • ミヤ・ケック
    • ベンジャミン・フローレス・Jr
  • 主題歌:-
  • 日本公開日:2019年5月24日
  • 上映時間:99分
  • 公式サイト:https://www.netflix.com/jp/title/80218306

映画『リム・オブ・ザ・ワールド』のあらすじ

初対面の子供たち4人が、サマーキャンプに興じるさなかにエイリアン vs 地球人の戦争に巻き込まれる。エイリアンの襲撃から逃げ回った一行は、辛うじて街に帰還。そして地球を救うために反撃に出る。

映画『リム・オブ・ザ・ワールド』の予告編

映画『リム・オブ・ザ・ワールド』の見どころをネタバレ覚悟で解説

私がネタバレ覚悟で解説したい映画『リム・オブ・ザ・ワールド』の見どころは大きく3つです。

この映画の見どころ

  • 様々なトラブルを乗り越えた少年少女たちの成長が描かれる作品です。
  • 子供向けですが、手に汗握るシーンも多く大人も一緒に楽しめます。
  • SF初心者の子供に見せてあげたい映画です。

様々なトラブルを乗り越えた少年少女たちの成長が描かれる作品です。

はじめは名前も知らない素性も知らない少年少女4人が、エイリアンによって引き起こされる目の前でおこっていく様々なトラブルや出来事によってお互いが切磋琢磨しながら成長し、友達としての絆が深まっていきます。

特に、親がお金持ちでお金で何でも解決しようとする黒人の少年のダリウスは、道中で、死ぬかもしれない出来事を仲間のために一人でやってのけようとします。

最初に登場したシーンと、みんなのために命を懸けようとするそのシーンをみると、あぁ、彼はこの旅の中で成長したんだな。と考えずにはいられません。

彼だけではありません。この映画に出てくる少年少女4人は、それぞれ個性や難がありますが、それを乗り越えてみんなで困難を解決していきます。

その様がとても面白いです。

子供向けですが、手に汗握るシーンも多く大人も一緒に楽しめます。

この映画は子供が主人公のため、常に子供目線で作られています。

難しい言葉やできごとも子供がわかるように大人の説明が入っていますし、主人公たちがわからないことは一向にわからないまま話が進んでいきます。

ワクワクドキドキさせられる展開が多々ある中、エイリアンが人間を襲うシーンはかなり迫力があります。

目の前に現れたエイリアンを、カーテンに隠れながらその場を切り抜けるシーンだったり、車で移動していたらいきなり車にエイリアンがとびかかってきたり、子供向けの映画にしては大人でも手に汗握るシーンが多く、飽きません。

また、展開もはやいです。

SF初心者の子供に見せてあげたい映画です。

SF映画というとややこしい設定があったり、ややこしい用語がたくさんでてきたり、画面が暗くて見えにくかったりすることがありますが、このリムオブザワールドという作品はそういったことがなくとても見やすいです。

主人公たちである少年少女がわかるように話が進んでいき、適度にエイリアンなどのSF要素がでてきて、とても面白いです。

どちらかというとSF映画というよりはモンスター映画に近いですが、それでも宇宙が絡んでおり、ワクワクドキドキの展開が多くあります。

また、誰も死なないハッピーエンドです。それだけでなく、エピローグに、エンディングの後の4人たちの様子が写真で流れます。ほっこりします。

以上のことからも安心して子供に見せてあげられる映画だと思います。

映画『リム・オブ・ザ・ワールド』を見終わった感想

子供向けのSF映画ということですが、どちらかというとモンスター映画に近い印象でした。

ただ、少年少女たちの成長と絆を描く物語。としてみるととてもいい塩梅でSF要素やエイリアン要素があり、かつ息をのむような怒涛なアクションが連続してでてきたりなど飽きが来ずずっと見ていることのできる映画でした。

ハッピーエンドでかつ、エンディング終了後にそれぞれの主人公たちのその後の写真がたくさん流れていくところが、まるで自分の子供たちの成長を見守っている親の気分で、幸せな気持ちになれました。

何度か見たい映画です。ほっこりとするいい映画でした。

映画『リム・オブ・ザ・ワールド』で印象に残った名言

私が映画『リム・オブ・ザ・ワールド』を見て特に印象に残った名言です。

「ダリウス」のセリフ

It's my turn.

映画『リム・オブ・ザ・ワールド』の評価や口コミ

他の方が映画『リム・オブ・ザ・ワールド』を見てどう思われているのか、評価や口コミを調べてみました。

おわりに

私が映画『リム・オブ・ザ・ワールド』を見た感想や見どころをネタバレ覚悟で解説してきましたが、「面白い」と感じられた方はぜひ見てください。

次に見たいと思っている映画は『#生きている』です。

韓国の本格派の感染ゾンビ映画ですが、ゾンビ映画としてのサバイバルと、二人の絆、そして生き残るという強いメッセージがうまくマッチした作品ということで、今から見るのが楽しみです。







-映画のレビュー