書籍のレビュー

【書評】『人望が集まる人の考え方』のレビュー|書籍を読んだ感想は「人望を集める上で大事なこと」

東京都にお住まいの30歳男性(流通・小売系:物流)が、2023年6月頃に読んだ『人望が集まる人の考え方』のレビューをご紹介します。

本書の概要や内容をわかりやすく要紹してまとめておりますので、書籍で学んだことや感想、評価や口コミが気になる方は、是非参考にしてください。

この本から学べるポイント

  • 人間関係を良好にするため、相手の存在価値の理解。
  • 自己顕示欲の抑制、マウントをとろうとしない心構え。
  • 相手の存在価値の見極めと、その価値の活用。

『人望が集まる人の考え方』を購入したきっかけ

精神的な不調を抱えつつ、軽作業のアルバイトと障害者雇用の転職活動を続けています。

これまでに何度も、相手の期待や約束に応えられず、失望と信用失墜を招くことがありました。

現在では良好な人間関係を築くことができる一方で、自身の行動が原因で疎遠になった人も存在します。

現在は、処方薬を服用しながら自己管理ができています。

社会復帰を視野に入れ、この本を手に取り、信頼される人間とはどのような人物なのか、改めて学ぼうと考えました。

『人望が集まる人の考え方』の概要

この本では、相手から人望を得るために普段からどのような行動を取るべきかについて説明しています。

本書を通じて強調したい点は、相手の自尊心を満たすと同時に自分の自尊心も満たすことで、より良い人間関係を築けるということです。

自己満足のために相手に優越感を感じさせる行為は、真に心を満たすものではなく、相手を不快にさせてしまうことがあります。

仲良くなった相手であっても、気を抜くことなく、最低限の礼儀を持つことの重要性が述べられています。

基本情報

  • 著者:レス・ギブリン
  • 訳者:弓場 隆
  • ISBN:9784799318690
  • 出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 判型:4-6
  • ページ数:240ページ
  • 定価:1500円(本体)
  • 発行年月日:2016年07月
  • 発売日:2016年07月15日
  • 国際分類コード【Thema(シーマ)】 1:JB
  • 公式サイト:https://www.hanmoto.com/bd/isbn/978-4-7993-1869-0

『人望が集まる人の考え方』のYouTube(ユーチューブ)

『人望が集まる人の考え方』について、YouTube(ユーチューブ)でわかりやすく解説している動画があるか調べてみました。

「中田敦彦のYouTube大学 - NAKATA UNIVERSITY」チャンネルが詳しく解説してくれているので、本を読む時間がない方はこちらのYouTube(ユーチューブ)動画をおすすめします。

『人望が集まる人の考え方』から学んだことの要約とまとめ

『人望が集まる人の考え方』から学び取ったポイントは主に3つあります。

私が学んだこと

  • 人間関係を良好にするために、相手の存在価値を理解すること
  • 自己の優越感を求めるためにマウントを取らないこと
  • 相手の存在価値を見極め、その価値を活かすこと

初めて『人望』という言葉に引き寄せられ本書を手に取りました。

その内容を読み進める中で「自尊心」という言葉が度々登場し、人望を築く上で自他ともに自尊心を満たすことが重要であると気づきました。

人々は常に自身の存在価値を見つけることを求めており、相手の価値を理解し、その価値を活かすことが相手の自尊心を満たす行為となります。

また、自己も相手と共に活動することで心地良さを感じ、自己の心も満たされることを学びました。

一方で、話の聞き手になることもまた、相手の自尊心を満たす重要な行為であると理解しました。

人間関係を良好にするために、相手の存在価値を理解すること

誰もが自己の存在価値を他者に認識してもらいたいと望んでいます。

時には、自己の価値が認識できない時期があり、そのために孤独感を覚えることもあるでしょう。

そうした際には、相手がどのような強みを持っているのか、その強みがどれだけの価値を持っているのかを理解することです。

相手の強みを活かす機会を提供すれば、相対は喜び、あなたに対する信頼を深めていくでしょう。

相手がどのような人物なのかを理解する視野を持つことが重要であると気づきました。

自己の優越感を求めるためにマウントを取らないこと

人間関係の中で、相手の行動に耐えられない瞬間があると思います。

その際に、怒りに任せて音声を荒らげたくなるかもしれません。

しかしその時、無分別に怒りをぶつけても、相手の反感を招き、その後の関係がギクシャクし、相互間には溝が生じます。

相手との溝を作らないためには、最初に相手の行動に対して問題点を指出し、その行動が他者からどう見えるかを伝えることが重要だと気づきました。

相手の存在価値を見極め、その価値を活かすこと

職場や家庭、あるいは初めて会う人々に対して、一貫して笑顔で接することです。

人と初めて出会う際、第一印象として重要なものの一つが表情であり、見た目が整っていることくらいに重要です。

親しみやすい人の特性として挙げられるのが、いつも笑顔で振舞い、明るく接することができることです。

顔が暗かったり、怖がらせるような表情では相手も自然と距離を取ります。

毎日鏡の前で笑顔の練習を続ければ、無意識に笑顔になれるようになります。

社会生活を豊かにするためには、笑顔が強力な武器となることを実感しました。

『人望が集まる人の考え方』の感想

この本を読み、相手から人望を得るための重要なスキルを学べたと思います。

これまで人間関係で感じていたもやもやが解消されたように感じます。

相手との会話中、つい自分だけが話し続けてしまうことがありました。

自分の気持ちは満たされても、必ずしも相手の気持ちが満たされるわけではないと気付きました。

さらに、相手の気持ちを満たすために、自分が相手に何を提供できるのかを考えることが、良好な関係を維持する上で重要であると学びました。

今後は相手の気持ちをより深く理解できるようになりたいと思います。

『人望が集まる人の考え方』の評価や口コミ

他の方が『人望が集まる人の考え方』を読んでどう思われているのか、評価や口コミを調べてみました。

今までの自分の人間関係に対する価値観がガラッと変わりました。重要なことは、相手も自分も自尊心が傷つかない接し方が重要だと感じました。本書の中には、ポイントやコツがいくつも散りばめられているので、職場や家族とのコミュニケーションで活用して、幸福を勝ち取りたいと思います^_^
Amazonの口コミ

新しい考え方があるわけではないが、自己省察のチェックリストとして活用していきたい。
Amazonの口コミ

まずは自分が周りに与えて、みんなの自尊心を満たしていこうと思います。
Amazonの口コミ

人と習慣をわかりやすく記載してます。仕事でも私生活とても役に立ちました。
Amazonの口コミ

本体も包装も綺麗でした。到着が待ち遠しかったのですが期限内に無事到着しました。ありがとうございました。
Amazonの口コミ

みなさん本書を読んで学んだことが多いみたいですね!

終わりに

新たな会社での仕事や、恋愛で恋人を作る上で共通して大切なことは、常に相手の気持ちを考えることだと思います。

お仕事では、アットホームな社風の職場であれば問題ありませんが、それでも最低限の礼儀や相手の考えを理解することは必須です。

恋愛においても、恋人の話を聞くことが大切だと言われています。

その意味でも、常に相手の自尊心を満たせる存在になるように、本に書かれている内容を実践していきたいと思います。

次に読む予定の本は『マンガでわかる!心理学超入門』という作品です。

相手の気持ちを理解するために、心理学を学ぶ意欲が湧いています。







   

電子書籍サービスでもっと読書を楽しもう!

Amazon Kindle Unlimited

『Amazon Kindle Unlimited』はAmazonが運営する電子書籍のサブスクリプションサービスです。

  • 取扱い冊数やジャンルが豊富
  • 電子書籍を読み放題
  • 1カ月の無料体験期間がある

累計200万冊以上の品圧倒的な品ぞろえであり、実用書やビジネス書、ライトノベル、写真集、洋書などニッチなラインナップもトップクラスです。

料金形態月額980円
取扱い冊数200万冊以上
取扱いジャンル書籍全般

honto

『honto』は、大日本印刷株式会社が運営するハイブリッド型書店です。

  • 紙の本を買うと電子書籍が50%OFFで買える『読割50』がある
  • 実店舗あり
  • 紙の本の通販あり
  • セールが豊富
  • 特集が豊富

紙の本は400万冊以上、電子書籍は70万冊以上も取り揃えており、紙の本も電子書籍も両方買いたい方には特におすすめです。

料金形態都度購入型
取扱い冊数70万冊以上
取扱いジャンル書籍全般

eBookJapan

『ebookjapan』は株式会社イーブックイニシアティブジャパンとヤフー株式会社が合同で運営する電子書籍ストアです。

  • 64万冊以上もの漫画作を取り揃えている
  • PayPayの還元率が高く経済的
  • 割引セールなども頻繁に実施
  • 毎週金曜日に無料で読める漫画が更新
  • アプリでもブラウザでもどちらでもOK

電子書籍サービスのなかでは珍しく、月額制ではなく都度課金制を採用しており、ふだんはそれほど本を読まないという人にもおすすめです。

料金形態1冊単位での購入
取扱い冊数55万冊以上
取扱いジャンル漫画中心

-書籍のレビュー