映画のレビュー

【ネタバレ注意】映画『ベイビー・ブローカー』のレビュー|映画を見た感想は「映画館」

神奈川県にお住まいの23歳女性(サービス系:事務)が2022年6月頃に「映画館」で観た映画『ベイビー・ブローカー』のレビューをご紹介いたします。

映画の感想や見どころをネタバレ覚悟で解説していますので、映画を観る前に面白さを知りたい方や、評価や口コミが気になる方は参考にしてください。

この映画の見どころ

  • 日韓スタッフ・キャストの融合 
  • 何でもありの旅行 
  • 人を考えさせるラストシーン 

映画『ベイビー・ブローカー』を見ようと思ったきっかけ

この映画を観るきっかけとなったのは、豪華な出演陣と映画祭2冠達成の作品であったからです。

まず、出演陣についてですが、主演にはソン・ガンホとカン・ドンウォンが務めています。

また、歌手として知られるイ・ジウン(IU)も出演しています。

監督が是枝裕和であることもあり、期待が高まりました。

このように、受賞歴があり、実力を認められているキャストが揃っているため、良作であると考えて鑑賞することにしました。

さらに、カンヌ国際映画祭に出品されたという事実も影響を与えました。

世界的に認められた作品であれば、失敗することはないと考えました。

映画『ベイビー・ブローカー』の内容

ある日の夜、赤ちゃんポストに赤ん坊を預けに来た若い母親のソヨン。

その姿を見かけたのは、寂れたクリーニング店を営むサンヒョンと、赤ちゃんポストがある児童養護施設出身のドンスでした。

彼らは裏でベイビー・ブローカーという赤ん坊を高く売る仕事をしていました。

翌日、3人は顔を合わせ、ソヨンの事情を知ったサンヒョンとドンスは養父母探しの旅に出ることになります。

一方、サンヒョンとドンスを現行犯逮捕するために、スジンとイ刑事は必死に追いかけます。

最終的に、ソヨンの子はスジンのもとに渡りました。

作品情報

  • ジャンル:ドラマ
  • 製作国:韓国
  • 製作年:2022
  • 公開年月日:2022年6月24日
  • 上映時間:129分
  • 製作会社:CJ ENM(制作:ZIP CINEMA/制作協力:分福)
  • 配給:ギャガ(提供:ギャガ=フジテレビジョン=AOI Pro.)
  • 公式サイト:https://gaga.ne.jp/babybroker/

映画『ベイビー・ブローカー』の見どころをネタバレ覚悟で解説

映画『ベイビー・ブローカー』の見どころを、ネタバレ覚悟で解説します。

主な見どころは大きく3つあります。

この映画の見どころ

  • 日韓のスタッフ、キャストの融合
  • 何でもありの旅
  • 考えさせられるラストシーン

日韓のスタッフ、キャストの融合

監督は是枝裕和で、これまで日本を代表する監督として活躍しています。

出演陣はソン・ガンホやカン・ドンウォン、イ・ジウンといった韓国を代表する役者たちとなります。

日韓で知名度のある実力派スタッフ、キャストが一緒に取り組んだ「生」という普遍的なテーマについてのメッセージをきちんと投げかけている映画と言えます。

監督と俳優の国籍が異なるのが新鮮です。

また、世界的感染症の流行により国境を越えた交流が難しい現代にあって、少子化という共通の課題を抱える日韓両国が映画を通して繋がることは期待できます。

何でもありの旅

本来、サンヒョン、ドンス、ソヨン、ウソンの4人で始まった養父母探しの旅が、途中でドンスが幼少期にいた児童養護施設に立ち寄った際、ヘジンという男の子が加わって5人で進む旅路に変わります。

純粋で可愛らしいヘジンは、いつしか大人たちに囲まれ、可愛がられる存在となります。

その愛らしい姿が注目です。

主演陣の演技やストーリー展開に目が行きがちですが、ヘジンの役回りも見逃さず鑑賞すると、一層面白く感じられるでしょう。

 

考えさせられるラストシーン

物語の最後は、3年後のソヨンがガソリンスタンドで働くところから始まります。

彼女は予定より早く出所しています。

スジンに預けられたウソンも元気に育っていることがわかります。

スジンはウソンの今後を話し合うため、関係者を集めて会合を開くのですが、その席に向かう車内で映し出されるのが、サンヒョン、ドンス、ソヨン、ヘジン、そしてウソンの5人で撮った写真で、その直後に映画が終わります。

この数分間はほとんどセリフがなく進むので、視聴者へ考察する課題を与えているといえるでしょう。

映画『ベイビー・ブローカー』の感想

映画を鑑賞した際は自身が生まれてきた意味について考えていた時期でしたので、何か一筋の光を見たような気がしました。

また、この世に生まれてくる全ての子供が望まれて生まれてくることができればと心から願いました。

イ・ジウンが演じるムン・ソヨンの「生まれてきてくれてありがとう」という言葉は、全ての親が子供に伝えられる世界、また自分自身に対しても言える世界であることを期待しています。

言語が韓国語であるからという理由で避けずに、多くの人が視聴してくれればと思います。

映画『ベイビー・ブローカー』で印象に残った名言

私が映画『ベイビー・ブローカー』を観て特に印象に残った名言です。

「ムン・ソヨン」のセリフ

生まれてきてくれて、ありがとう。

映画『ベイビー・ブローカー』の評価や口コミ

他の方が映画『ベイビー・ブローカー』を見てどう思われているのか、評価や口コミを調べてみました。

みなさんの映画を見た感想が面白いですね!

おわりに

映画『ベイビー・ブローカー』についての私の感想や見どころをネタバレ覚悟で解説しました。

「面白い」と感じた方は、ぜひご覧ください。

次に観る予定の映画は『TANG タング』です。

ゲームに熱中するあまり、妻の絵美に家を追い出され、無職の健は人生に迷っていました。

そんな彼が出会ったのが、記憶を失ったロボット、タングでした。

健は最初こそタングを拒絶していましたが、タングが記憶や感情を次第に取り戻していく過程で、心の距離を縮めていきます。

人々に優しさと勇気を与える作品です。







動画配信サービスでもっと動画を楽しもう!

Netflix(ネットフリックス)

『Netflix』はハイクオリティのオリジナル作品が魅力のVODサービスです。

  • 質の高いオリジナルコンテンツが充実
  • 洋画・海外ドラマが豊富
  • レコメンド機能で観たい作品を探してくれる
  • オフライン再生ができる
  • ニーズに合わせた3つの料金プラン
月額料金(税込)ベーシック:990円
スタンダード:1,490円
プレミアム:1,980円
無料トライアルなし
配信数非公開
配信ジャンル洋画
邦画
国内ドラマ
海外ドラマ
アニメ
バラエティ
オリジナルコンテンツ
オフライン再生

Amazon Prime Video(アマゾン・プライム・ビデオ)

『Amazon Prime Video』は、コスパの良さが魅力のVODサービスです。

  • 月額500円のコスパの高さ
  • 初回登録時は30日間の無料トライアルあり
  • 話題性の高いオリジナルコンテンツ
  • 追加定額でPrime Videoチャンネルに加入できる
  • Amazonプライム会員特典が便利
月額料金(税込)月間プラン:550円
年間プラン:4,900円
無料トライアル30日間
配信数非公開
配信ジャンル洋画
邦画
国内ドラマ
海外ドラマ
アニメ
バラエティ
オリジナルコンテンツ
オフライン再生

U-NEXT(ユーネクスト)

『U-NEXT』は、配信作品数No.1のVODサービスです。

  • 見放題作品数が脅威の22万本以上
  • 初回登録時は31日間無料トライアルあり
  • 毎月1,200円分ポイント還元※月額プランのみ
  • 漫画や雑誌も読める
  • 4K画質で作品を楽しめる
月額料金(税込)月額プラン:2,189円
月額プラン1490:1,639円
無料トライアル31日間
配信数220,000万本以上
配信ジャンル洋画
邦画
国内・海外ドラマ
アニメ
バラエティ
音楽
ドキュメンタリー
キッズ
オフライン再生

DAZN(ダゾーン)

『DAZN』は、1万試合以上のスポーツが見放題な特化型VODサービスです。

  • 130以上のスポーツコンテンツが見放題
  • 日本国内での独占配信が多数
  • 見逃し配信で視聴できる
  • 初回登録時は1ヶ月間の無料トライアルあり
  • オリジナルコンテンツが充実
月額料金(税込)通常プラン:1,925円
年間プラン:19,250円
無料トライアル1ヶ月間
配信数非公開
配信ジャンルスポーツ
スポーツドキュメンタリー
スポーツバラエティ
オフライン再生

Hulu(フールー)

『Hulu』は、映画・ドラマ・バラエティなど、ラインナップのバランスが良いVODサービスです。

  • 独占配信の海外ドラマが多数
  • 日本テレビ系のドラマ・バラエティが観れる
  • 初回登録後2週間の無料トライアルあり
  • リアルタイム視聴・見逃し視聴ができる
  • オフライン再生で通信制限を気にせず視聴
月額料金(税込)1,026円
無料トライアル14日間
配信数70,000本以上
配信ジャンル洋画
邦画
国内・海外ドラマ
アニメ
バラエティ
音楽
スポーツ
オリジナルコンテンツ
オフライン再生

-映画のレビュー