書籍のレビュー

【書評】『あなたはあなたが使っている言葉でできている』のレビュー!書籍を読んだ感想は「なぜか行動に移せず悩む現代人の心に刺さる言葉がちりばめられた一冊」

北海道にお住いの46歳女性(教育系)が2022年1月頃に読んだ『あなたはあなたが使っている言葉でできている』のレビューをご紹介します。

本書の概要や内容をわかりやすく要約してまとめておりますので、書籍を読んで学んだことや感想、評価や口コミが気になっている方は参考にしてください。

この本から学べるポイント

  • 人間は頭の中で常に自分と会話している
  • 人間を決めるものとは、頭の中にあるものではない
  • 人が死ぬときに後悔することは、挑戦しなかったということ

『あなたはあなたが使っている言葉でできている』を購入したきっかけ

ここ数年、様々な理由で落ち込む日々を送っていました。

自分の、今のこの状態を変えたい、と思いながらも、何も行動に移せずに結局諦め、さらに自己嫌悪することのくりかえしでした。

なぜ自分はこうなのか、という思いが頭をめぐる毎日でしたが、ある日、時々行く喫茶店に、今回取り上げた本が置いてあることに気づき、少し読んでみました。

ほんの軽い気持ちだったのですが、本の中の言葉は胸に深く刺さり、心に響くのがわかりました。

内容をすべて読んでみたくなり、後日購入しました。

候補に挙げていた書籍1:『やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学』

候補に挙げていた書籍2:『時間術大全』

『あなたはあなたが使っている言葉でできている』の概要

この本は自己啓発書ですが、いわゆるポジティブ・シンキングになるための方法が書かれているわけではありません。

現代人が抱きがちな漠然とした不安や不満などの問題解決をするための一歩を踏み出し、行動するための勇気をくれる本です。

わかっているようでわからなかった、行動できない理由と、その解決方法を提示し、死の直前に後悔することのないように、人生をより良いものにしていくための方法を、インパクトのあるキーフレーズを使って説明してくれる本です。

『あなたはあなたが使っている言葉でできている』の基本情報

基本情報

  • 出版社:ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 著者:ゲイリー・ジョン・ビショップ
  • 定価:本体1,500円+税
  • 発行年月:2018年10月19日
  • ページ数:196ページ
  • ISBN:978-4-7993-2369-4
  • 言語:日本語
  • 公式サイト:https://d21.co.jp/book/detail/978-4-7993-2369-4

『あなたはあなたが使っている言葉でできている』の目次

目次

  • 第1章 最初に心に刻むべきこと
  • 第2章 「私には意志がある」
  • 第3章 「私は勝つに決まっている」
  • 第4章 「私にはできる!」
  • 第5章 「先がわからないからおもしろい」
  • 第6章 「自分は思考ではなくて行動だ」
  • 第7章 「私はがむしゃらになる」
  • 第8章 「私は何も期待せず、すべてを受け入れる」
  • 第9章 次はどこへ?

『あなたはあなたが使っている言葉でできている』のYouTube(ユーチューブ)

『あなたはあなたが使っている言葉でできている』についてYouTube(ユーチューブ)でわかりやすく解説してくれている動画がないか調べてみました。

「フェルミ漫画大学」チャンネルが細かく解説してくれているので、本を読む時間がない方はこちらのYouTube(ユーチューブ)動画をおすすめします。

『あなたはあなたが使っている言葉でできている』から学んだことの要約とまとめ

『あなたはあなたが使っている言葉でできている』から私が学んだポイントは大きく3つの内容です。

私が学んだこと

  • 人間は頭の中で常に自分と会話している
  • 人間を決めるものとは、頭の中にあるものではない
  • 人が死ぬときに後悔することは、挑戦しなかったということ

不安や不満があるのに動けない(行動できない)人は、自分の頭の中で、常にネガティブな会話をし、自分を攻撃しています。

これによって人は理性を失い、無意識にも影響するため、よりよい人生を送るためには、まずはこのネガティブな会話をやめることが、最初の一歩であるとされています。

次に、頭の中では「会話」ではなく「宣言」や「断定」の言葉を使うことが大切であるという説明があります。

そして、人間の真価は「行動」することにあると説き、わかっているけど動けない人に向け、動けるようになるための考え方や、勇気づけ、励ます言葉がちりばめられています。

人間は頭の中で常に自分と会話している

一日5万以上もの考えが浮かぶ人間の、一番の話し相手は自分自身ですが、頭の中でネガティブな会話や話し方ばかりしていると、それは無意識や体の一部となり、思考や行動に影響を与えてしまいます。

そのため、問題のとらえ方や表現をネガティブなものでなく、自分のためになるものにすることがまず初めに心に刻むことです。

そして、頭の中の会話を「会話型」ではなく「私は○○である」という「主張型」に変えていくことが、重要になってきます。

主張型は、いいわけをさせない、強い決意を表します。

人間を決めるものとは、頭の中にあるものではない

ほとんどの人は、精神状態に大きく左右された行動を取りますが、本当に偉大な人たちは、嫌な気持ちを味わいながらも、思考に引きずられない行動を取ることができます。

気分じゃなかろうが、とにかくやるしかない。そしてそれが人間の真価だ、と著者は言います。

思考し、行動して、初めて人生になっていきます。人生を変えるためには、行動を変えることが、ただ一つの方法です。

その「行動を変える」ことを可能にするのが、難しいことですが、感情や思考に左右されない、ということです。

人が死ぬときに後悔することは、挑戦しなかったということ

人が、死の前に後悔するのは、挑戦しなかったことです。

がんばらなかったこと、つらくなった時にあきらめてしまったことも同様です。

自分の過去や生育環境などなにかのせいにして、「できない」理由を心の中で口にし、先延ばしにして、結局何もしなかった場合、、死の床で人生を振り返り「なぜやらなかったんだろう」と後悔してしまう、と述べられています。

そうならないために、今やっている、良くないとわかっている習慣は断ち切り、前に進むために必要な行動を取ることがとても重要です。

『あなたはあなたが使っている言葉でできている』の感想

私の場合は、パワハラに遭っていた時期に浴びせられた言葉や、うまくいかない時に感じたことなどを、知らず知らずに脳内で繰り返していました。

こんなことばかりしていたら、心も病んで当然ですが、「自分はネガティブな性格だから」と考えていました。

でも、これはいいわけに過ぎなかったということが、この本を読んだことによってわかりました。

そして、人生最後の日に後悔しないように生きていこうと思えました。この本は、色々な気づきを与えてくれましたし、勇気の出る言葉も満載でした。

『あなたはあなたが使っている言葉でできている』の評価や口コミ

他の方が『あなたはあなたが使っている言葉でできている』を読んでどう思われているのか、評価や口コミを調べてみました。

みなさん本書を読んで学んだことが多いみたいですね!

おわりに

人生をより良く生きていくためには、自ら行動することが最も重要ですが、「普段の自分への言葉がけが良くないと、思考がネガティブな方に凝り固まって行動できなくなる」ということを念頭に置き、たくさんポジティブな言葉を自分にかけようと思います。

特に逆境の時や、つらいことが続く時期などは、意識して自分をねぎらい、励ます言葉がけが大事になると思いました。

また、思考がネガティブになっていても、それをそのまま行動に移さないような人間になりたいです。

次に読みたいと思っている本は『時間術大全』です。

このごろは、ついスマホを見続けてしまい、気がつくとものすごい時間が経っていて、後悔することが多くなりました。

この本は、YouTubeやGoogleでプロダクトデザイナーとして勤務した経験があり、スマホの良くない側面を知り尽くす二人の共著である。

スマホに操られず、自分の時間をきちんと使えるようになる方法がまとめられているので、参考にして、時間の有効利用ができるようになりたい。







-書籍のレビュー