ワイヤレスイヤホンのレビュー

ELECOM LBT-HPC16ワイヤレスイヤホンのレビュー!使ってみた感想は「リーズナブルなのに高品質!」と感じた

2020年9月8日

東京都にお住いの21歳男性から2020年5月頃に購入されたELECOM LBT-HPC16ワイヤレスイヤホンを実際に使ってみたレビューをご紹介します。

ワイヤレスイヤホンを欲しいと思ったきっかけ

パソコンでオンライン授業を受けるようになったのですが、授業を受けながら部屋を移動出来たら良いなと思ったのがきっかけです。

今までは、有線のイヤホンを接続して使っていたので、パソコンから1.5メートルの、イヤホンのケーブルが届く範囲内でしか移動できませんでした。

授業の中で先生が用意するように指示してきた参考書などを取りに、本棚まで移動するのにも一度イヤホンを外さなくてはいけませんでした。

もちろんその間は先生の声が聞こえないので、何か大事なことを話していたらどうしようかと落ち着きません。

そこで、パソコンからある程度離れても聞こえる、ワイヤレスイヤホンを購入することにしました。

ワイヤレスイヤホンの候補にあがっていたもの

マイク機能の有無と、ステレオ・モノラルで悩みました。

マイク機能については、オンライン授業での発言時に必要だと考えたのですが、USBマイクを別に買おうか、イヤホンに内蔵のものを使おうかで悩みました。

また、オンライン授業などの通話だけに使うのであれば、モノラルタイプのイヤホンでも十分に思いましたが、使っていくうちに音楽を聴いたり、動画を見たりするときにはステレオじゃないと買ったことを後悔するのではないかと思いました。

ELECOM LBT-HPC16

SANWA SUPPLY MM-BTSH38BK

ELECOM LBT-HS10MPBK

ELECOM LBT-HPC16ワイヤレスイヤホンに決めた理由

ELECOM LBT-HPC16ワイヤレスイヤホン本体
値段の安さと、どれくらいで手元に届くかという点を重心において考えました。

オンライン授業という使用目的があったので、出来るだけ早く手に入れたかったということがあり、入荷待ちではない商品を探しました。

また、いろいろなサイトの口コミを見て音質が悪いものや充電の持ちが悪いという声が書かれているものは選択肢から除外しました。

その中でも安さとクオリティーが良さそうな商品を探した結果、このイヤホンに辿り着きました。

ELECOM LBT-HPC16ワイヤレスイヤホンのスペック

ELECOM LBT-HPC16ワイヤレスイヤホンのスペック

スペック

  • 通信方式:Bluetooth標準規格 Version5
  • 出力:Bluetooth Power Class2
  • 最大通信距離:見通し 約10m
  • 使用周波数帯域:2.4GHz帯
  • 変調方式:FHSS(周波数ホッピング方式スペクトラム拡散)
  • 対応Bluetoothプロファイル:A2DP,AVRCP,HFP
  • A2DPの対応コーデック:SBC
  • A2DPの対応コンテンツ保護:SCMS-T方式
  • 最大登録可能台数:1台
  • マルチポイント(同時待受け):非対応
  • 再生周波数帯域(A2DP):20-20,000Hz(44.1kHzサンプリング時)
  • 連続再生最大時間:約4.0時間
  • 連続通話最大時間:約4.5時間
  • 連続待受最大時間:最大約90時間
  • 電源:DC5V
  • 充電時間:約2時間
  • マイク型式:エレクトレットコンデンサー型
  • リモコン部の外形寸法(幅×奥行き×高さ):約13×10×70mm(突起部除く)
  • ヘッドホン部(片耳)の外形寸法(幅×奥行き×高さ):約14×21×19mm(コード含まず)
  • ケーブル長:約60cm
  • 質量:約12g
  • ヘッドホン 型式:密閉型
  • ドライバーユニット:9.0mm フルレンジ

私は新品で購入しましたが、セールでもありましたので価格は1,530円でした。

ELECOM LBT-HPC16ワイヤレスイヤホンを実際に使ってみた

ELECOM LBT-HPC16ワイヤレスイヤホンのリモコン部分
主に毎日のオンライン授業で教授と話したり、講義を聞いたりするのに使っています。

はじめはパソコンにつないで使うだけだったのですが、使っているうちにどんどん便利に思えてきて、今まで有線で使っていたスマホにも接続して、音楽を聴いたり、動画を見たりするのにも使っています。

三階にあるパソコンに接続したイヤホンで音を聞きながら、二階のリビングに行っても音声が届くので、教授の講義を聞きながらご飯を食べたり、くつろぐこともできるようになりました。

使ってみて気に入っているところ

基本的には気に入っていて、買って良かったと思っています。

有線のイヤホンのように長いケーブルが絡まるということもありませんし、ケーブルがどこかに引っかかって急にイヤホンが外れるということもありません。

充電さえしておけば、接続デバイスからある程度の距離があっても音が届き、無線と聞くと音の劣化や遅延がイメージされがちですが、それも全く感じられません。

値段が安かったことを理由に購入したのにもかかわらず、クオリティーにもかなり満足しています。

こんな方にはおすすめしたい

  • 無線イヤホンが欲しい!
  • 出来るだけ安く買いたい!
  • 音質にもこだわりたい!
  • シンプルな操作が良い!
  • 有線イヤホンから卒業したい!

使ってみて気に入らなかったところ

今まで有線のイヤホンを使っているときにはなかった電源ボタンが、ケーブルについているのですが、片耳だけイヤホンを装着しているときには少しだけ電源部分の重さが気になります。

また、今まではイヤホンジャックに差せばすぐに音が聞こえていたものが、Bluetoothの接続の設定をする必要があるので、聞きたいと思ってもすぐには聴けないということがあります。

他にも、充電が切れると使えないというデメリットもあり、一日中授業がある日には、昼休みに充電しないと午後の授業の途中に切れてしまうことがあります。

こんな方にはおすすめしない

  • 値段の高いものが欲しい。
  • 色々な機能がついていてほしい。
  • 有線がいい。
  • Bluetoothが嫌い。
  • イヤホンよりヘッドフォンがいい。

ELECOM LBT-HPC16ワイヤレスイヤホン購入後の生活

長いケーブルのわずらわしさから脱却できました。

自宅でパソコンにつないで使う際には、パソコンからの距離を気にせずに済むようになりましたし、外出先でスマホに接続して使っていても、今までよりも身軽になったように感じます。

今までなぜ有線にこだわり続けていたのかが不思議なくらいで、今までは少しハードルが高く感じてしまっていたBluetoothですが、とても便利で、そして意外と簡単に扱えると感じるようになりました。







-ワイヤレスイヤホンのレビュー

Copyright© デジタルガジェットライフ , 2020 All Rights Reserved.