プリンターのレビュー

CANON Satera MF642CDWプリンターのレビュー!使ってみた感想は「コンパクトだけどコスパが良い多機能な複合機」と感じた

栃木県にお住いの54歳男性から2020年7月頃に購入されたCANON Satera MF642CDWプリンターを実際に使ってみたレビューをご紹介します。

プリンターを欲しいと思ったきっかけ

自分の仕事、趣味の関係上、一般的は簡易プリンターではことが足りず、ビジネスタイプのミニオフイスタイプのプリンターを購入しました。

複合のため、若干の用紙セットが可能、印刷(カラー)、コピー機能、PDF機能、WIFI機能と多機能となりますが、一番は印刷スピードだと思います。

簡易プリンターの印刷スピードの遅さによるストレスはそれほどかんじませんし、用紙もトレー設定が可能なため、用紙選択ができるのは作業効率を向上してくれます。

プリンターの候補にあがっていたもの

印刷スピードにこだわらなければ、簡易なプリンターでことは足りると思いますが、仕事、趣味でも印刷スピードを求める場合は「絶対」的な要素だと思います。

今は、簡易版であっても、それなりの機能はありますが、やはり仕事が絡む場合は複合機か、このようなミニ複合になるとおもいます。

どう選ぶかかは、使う人の頻度によるとおもいますので、この点を注視して機種の選択をされてはどうかと思います。

CANON Satera MF642CDW

ブラザー ジャスティオ MFC-L3770CDW

Canon Satera LBP841CS

CANON Satera MF642CDWプリンターに決めた理由

CANON Satera MF642CDWプリンターの操作パネル
上述しましたが、印刷スピードで作業性、また、複数トレーも使用可能に仕事の効率化を重視しました。

そのうえで、簡易なプリンターは外し、ファックス機能まではいらない、しかし「スモールオフィス」的な要素をかねそなえ、後はメーカーの選択だけとなりました。

CANON、EPSON、ブラザーの3機種のどれかにする予定ですが、それはプリンタ業界としての実績、メジャー、口コミで評判が良かったからです。

CANON Satera MF642CDWプリンターのスペック

CANON Satera MF642CDWプリンターのスペック

スペック

  • 形式:デスクトップ
  • 原稿台方式:固定式
  • 感光体種類:OPC
  • 複写方式:間接静電転写方式
  • 定着方式:オンデマンド定着方式
  • 読取方式:CIS
  • 複写原稿:シート・ブック原稿・立体物(最大2kgまで)
  • 原稿サイズ(縦×横):原稿台:A4/レター(最大216×297mm)・ADF(自動原稿送り装置):A4/B5/A5/レター/リーガル(最大215.9×355.6mm、最小139.7×128mm)
  • 用紙サイズ:給紙カセット:A4/B5/A5/レター/リーガル/郵便(往復)はがき/封筒/ユーザー定義サイズ(幅76.2~216mm、長さ127~355.6mm)・手差しトレイ:A4/B5/A5/レター/リーガル/郵便(往復)はがき/封筒/ユーザー定義サイズ(幅76.2~216mm、長さ127~355.6mm)
  • 両面印刷可能用紙サイズ:A4/B5/レター/リーガル/ユーザー定義サイズ(幅182~216mm、長さ257~355.6mm)
  • コピー時欠け幅(A4等倍時):上下左右5.0mm
  • 階調:256階調
  • ウォームアップタイム:13秒以下
  • リカバリータイム:6.1秒以下
  • ファーストコピータイム カラー:13.4秒以下 モノクロ:11.4秒以下
  • 連続複写速度:A4等倍/片面 カラー・モノクロ:21枚/分・A4等倍/両面 カラー・モノクロ:6.3枚(12.7ページ)/分
  • 給紙容量:カセット:250・手差しトレイ:1枚
  • 最大給紙枚数:251枚
  • ADF原稿セット可能枚数(80g / m2):最大50枚
  • ADF原稿交換速度(スキャン時) (片面)カラー:14ページ/分 モノクロ:27ページ/分
  • 連続複写:最大999部
  • 排紙トレイ積載枚数:最大100枚
  • 搭載メモリー:1GB
  • インターフェイス:USB2.0 Hi-Speed×1、USB2.0 Host×2、1000Base-T/100Base-TX/10Base-T、IEEE802.11b/g/n
  • 動作音 動作時:6.7B/50dB 待機時:無騒音
  • 電源:AC100V、50Hz / 60Hz
  • 消費電力:最大時:870W以下・通常スタンバイ時(平均):約11.3W・スリープ時(平均):約0.8W
  • エネルギー消費効率:31kWh/年(区分名:A)
  • TEC値:0.6kWh
  • 使用環境 温度:10℃~30℃/湿度:20%~80%(相対湿度・結露しないこと)
  • 公式サイト:https://cweb.canon.jp/satera/mfp/lineup/color-model/mf642cdw/

私は新品で購入しましたが、価格は約50000円ぐらいでした。

CANON Satera MF642CDWプリンターを実際に使ってみた

CANON Satera MF642CDWプリンターの給紙トレー
仕事のスピード、効率化をはかるために、両面コピー、カラー使用、WIFI等での無線使用、スキャナといった多機能を使っております。

必要用紙をセレクトし、トレーの設定化により、手動による差し替え等の手間が省けます。

特にWIFIの有効利用で複数台PCでの印刷機能数が活量できた点は、作業向上に大きく貢献していると感じています。

プリンター位置の定位置化にて、固定化してしまいますが、仕事とスペースについては、PC移動にて利用することが可能になるため、利便性が増します。

使ってみて気に入っているところ

これまでご説明した機能以外にも、多機能として使用できる部分があり、頻度こそ少ないかもしれませんが、「あってヨシ」といった感じです。

しかし、USBを本体に差し込み、スキャナ画像をそのままUSBに落とせる機能は便利だと思います。

あとは、外観についてですが、汎用小さなプリンターと比較(比較対象にしてはいけませんが)、スモールオフィス製品といった位置づけによる、「高級感」はかんじられます。

一見、凄いプリンターだなと満足感を感じることが優越感につながります。

こんな方にはおすすめしたい

  • 印刷スピードを少しでもあげたいかた
  • ノートPCの移動で印刷をしたいかた
  • 多機能を使用したいかた
  • 用紙選択をまめにするかた
  • 優越感にひたりたいかた

使ってみて気に入らなかったところ

正直、おもったほど、印刷スピードは速くなかったと感じていて、スモールオフィスといった多機能機種であったので、若干もの足りなさを感じています。

また、プリンタの構成上、特にトレイなど重量感を感じず、「からから」と音がする(しっくりとトレーが収まっていない気がする)ので、不安に感じるところもあります。

実際の使用においては問題ありません。

あとはランニングコストの問題だけですが、どうしてもトナー代は一般的なものより高いと思いますが、これはある程度仕方ないです。

こんな方にはおすすめしない

  • トナーなど費用を気にするかた
  • デスクpcしかないかた
  • 用紙の選択頻度がないかた
  • コンパクトプリンターがすきなかた
  • プリンター置きスペースのない方

CANON Satera MF642CDWプリンター購入後の生活

まず、上述した記載と重複しますが、やはり、WIFI環境下でのプリンター印刷はメリットしかないように思えます。

プリンター自体が多少大きくなっていますが、多機能高性能を選ぶ上では、致し方ない物と思います。

印刷速度面、用紙の切替の減少、ノートpcによる場所選ばす仕事ができるといった環境改善で、シンプルに仕事を進めることができたように思えます。

また、時間削減により、自分時間がふえ、余暇やほかのことに時間をかけることができました。







-プリンターのレビュー

© 2021 デジタルガジェットライフ