モバイルバッテリーのレビュー

RAVPower RP-PB201(20000mAh/60W)モバイルバッテリーのレビュー!使ってみた感想は「PD対応でパススルー機能もある!」と感じた

愛知県にお住いの28歳男性から2020年10月頃に購入されたRAVPower RP-PB201(20000mAh/60W)PD対応のモバイルバッテリーを実際に使ってみたレビューをご紹介します。

モバイルバッテリーを欲しいと思ったきっかけ

2020年モデルのMacbook Proを購入した際に、屋外でもPCを充電できる環境がほしいと思い購入しました。

Macbook Proはモバイルバッテリーの中でも60W以上でPDに対応しているものでしか充電できないません。

購入したモバイルバッテリーは、サイズ的にも片手に収まるほどで、20000mAhという大容量ではありますが、さほど重くないです。

YouTube等でレビュー動画を見た際の使用感も良さげで、バッテリーの表面もマットな塗装でカッコよく仕上がっていたため、このバッテリーの購入を決めました。

モバイルバッテリーの候補にあがっていたもの

基本的には、金額面ですが、60W、PD対応かつ大容量となると金額が大きく変わってきます。

メーカーによっては、大容量でうたっており、安いがPDに対応していなかったりなどがありました。

また、60W以上の出力のものも同時に何台ものデバイスを繋げることができるので、魅力的でしたが、その分値段が1万5千円近くなってしまったり、なかなか気軽に購入できるものではありませんでした。

サイズ感や重さ等もメーカーによって同じ容量でもまちまちですが、カバンに入れて持ち運ぶためさほどきにしませんでした。

RAVPower RP-PB201(20000mAh/60W)

Anker PowerCore Essencial 20000

Zendure SuperTank 27000mAh

RAVPower RP-PB201(20000mAh/60W)モバイルバッテリーに決めた理由

RAVPower RP-PB201(20000mAh/60W)モバイルバッテリーの本体
金額、サイズ感、質感、重さ、容量、使用感どれをとってもちょうどよかったからです。

サイズ感、質感、使用感についてはYouTubeを参考にし、実際の充電している動画や、レビュー動画などを参考に確認しました。

RAVPOWERのこのバッテリーは、片手におさまるサイズ感やマッドな質感から持ち運ぶ際に不必要に大きくなく、程よいサイズであると判断しました。

また、PDに対応しており容量的にもMacBookPro を60%まで充電することが可能であり、その他のAppleデバイスにも十分対応しており使用には問題なさそうだったので購入しました。

RAVPower RP-PB201(20000mAh/60W)モバイルバッテリーのスペック

RAVPower RP-PB201(20000mAh/60W)モバイルバッテリーのスペック

スペック

  • サイズ:約 151.7 x 66.7 x 25.2 mm
  • 重量:約 371.7 g
  • バッテリー容量:20000mAh / 72.6Wh
  • 充電時間:3時間(30W出力以上のPD対応USB-C充電器で充電した場合)
  • ⼊⼒ポート:USB-Cポート x1 (USB-C:⼊出⼒兼⽤仕様)
  • 出⼒ポート:2 ポート (USB-C、USB -A)
  • USB-Cポート⼊⼒ (PD対応) :最⼤30W (5V/3A, 9V/3A, 12V/2.5A,15V/2A,20V/1.5A)
  • USB-Cポート出⼒ (PD対応) :最⼤60W (5V/3A, 9V/3A, 12V/3A, 15V/3A,20V/3A)
  • USB-Aポート出⼒ (QC 3.0対応):最⼤18W (5V/3A, 9V/2A, 12V/1.5A)
  • 合計最⼤出⼒:最⼤60W (USB-Cポート PD 45W+USB-Aポート 5V/3A)
  • その他:パススルー充電対応

私は新品で購入しましたので、価格は7,799円でした。

RAVPower RP-PB201(20000mAh/60W)モバイルバッテリーを実際に使ってみた

RAVPower RP-PB201(20000mAh/60W)モバイルバッテリーのUSBポート
外でのデバイス(MacBookPro,iPad等)を充電することに使用しています。

海外留学中なのですが、ホテル等の滞在先では十分にコンセントプラグがない場合があるので重宝しています。

プラグから充電できるもの以外や、プラグが使用中の場合にはバッテリーを使用して充電しております。

また、このバッテリーは急速充電にも対応しているので、MacBookの充電器に接続することで充電できるため、ケーブル類も非常に少なくてすみ、移動が多かったりする場合にも重宝しています。

使ってみて気に入っているところ

一番気に入ってるところは重さとサイズ感です。

大容量のバッテリーで一万円以下のものを購入すると大体の場合、すごく重たく大きいものになると思います。

ですが、こちらのバッテリーは重さもカバンに入れても苦にならないレベルでありまた、サイズ感も片手に収まるほどのサイズになります。

重さ、サイズどちらをとっても持ち運びに苦にならない大きさ、重さで、かつ60W,PD対応, 大容量とすごく良い買い物をしたと思います。

こんな方にはおすすめしたい

  • 外仕事が多い方
  • 旅行が好き
  • ノートPCの充電がよくなくなる
  • バッテリーをまめに充電するのがめんどくさい
  • 荷物をできるだけ軽くしたい

使ってみて気に入らなかったところ

タイプCポートが1つしかないため、複数のデバイスを同時に充電することができないです。

また、こちらのバッテリーには他のメーカーでついているようなカバーや袋がついておらず、自分で用意しない場合は裸で使用する事になります。

付属ケーブルについてもタイプCケーブルしかついていないため、USBポートで使用するためのケーブルは自前で用意する必要があります。

また、充電の際にコンセントへ接続するためのプラグがついておらず、購入するか代替品を用意する必要があります。

こんな方にはおすすめしない

  • スマートフォン以外のデバイスを持たない人
  • 屋外ではあまり仕事をしない人
  • 荷物をできるだけ小さくしたい人
  • カバンを持たない人
  • PCを外部に持ち出す必要のない人

RAVPower RP-PB201(20000mAh/60W)モバイルバッテリー購入後の生活

海外や旅行などの外に出る際のバッテリー切れについては心配がなくなりました。

もし充電をし忘れて外に出たとしても問題なく充電できるので、バッテリー残量が十分にあるにもかかわらず時間的に外に出る予定がある場合に、充電しなければならないなどのバッテリーにダメージを与えそうな充電をする必要がなくなりました。

また、ケーブル類もApple製品等に付属しているケーブルを使用できるため、いつもの充電セット+バッテリーをもっていればなんの心配もなく過ごせるようになりました。







-モバイルバッテリーのレビュー

© 2021 デジタルガジェットライフ