スマートウォッチのレビュー

Apple Watch Series 6スマートウォッチのレビュー!使ってみた感想は「50代でも使いやすいのがさすが!」と感じた

宮城県にお住いの56歳女性から2021年1月頃に購入されたApple Watch Series 6スマートウォッチを実際に使ってみたレビューをご紹介します。

スマートウォッチを欲しいと思ったきっかけ

2020年に九州から東日本に引っ越したので、Suicaの本場に住むのなら、モバイルSuicaをダウンロードして、改札を通る際アップルウォッチを使えば便利かと思い購入しました。

その時点ではトレーニングするつもりもなく、常に音楽を聴くような暮らしもしていなかったので、本当にそれだけの理由で購入を検討していました。

時計にしては自分にとって高額だったので、そのうち、、と思っていましたが、家電店の店頭で試着をしてみたら欲しくなって契約しました。

スマートウォッチの候補にあがっていたもの

ネットで調べた段階では、女性用ということで Apple Watch Series 6SE(38mm)がサイズ的に合うのかなと思っていました。

しかし店頭で見たところ、38では画面が小さく、見づらかったので、40か42を買おうと思い、試着しました。

42はさすがに画面が大きく、男性向きな感じがしたので、中を取って40に決めました。

性能的には少し安いSEでもいいかと迷いましたが、後からできることが増えて、SEは除外だった場合にがっかりするので、最終的にはApple Watch Series 6(40mm)を選びました。

Apple Watch Series 6

Apple Watch Series 6SE

Apple Watch Series 5

Apple Watch Series 6スマートウォッチに決めた理由

Apple Watch Series 6スマートウォッチの側面
アップル製品は型落ちするとサポートが終了してしまうので、その時点で最新モデルを買うのが良いと思っています。

Apple Watch Series 6は今のところ最新なので、迷わず決めました。

バンドやカバーなども多く出回っているので、着せ替えの楽しみもあり、会社で使うならば地味な着せ替え、遊びに行くなら服に合わせてと楽しめるところもApple Watch のいいところです。

私は今ピンクにはまっているので、カバーだけピンクを着せています。

バンドは純正が一番肌に優しい気がします。

メルカリで皮っぽいオフィス用のバンドも買い求めましたが、硬くて肌なじみが良くなかったので、使用していません。

Apple Watch Series 6スマートウォッチのスペック

Apple Watch Series 6スマートウォッチのスペック

スペック

  • タイプ:腕時計型
  • ディスプレイ:Retinaディスプレイ
  • CPU:デュアルコア
  • 電源:リチャージャブルリチウムイオンバッテリー
  • バンド・ベルト素材:フルオロエラストマー
  • 時間表示:○
  • OS:Watch OS
  • ディスプレイ解像度:394x324
  • レンズ素材:サファイアクリスタル
  • メモリ:32GB
  • 防水・防塵性能:50メートルの耐水性能
  • Wi-Fi:802.11b/g/n
  • Bluetooth:Bluetooth 5.0
  • 用途:ランニング・サイクリング・水泳・ヨガ・ジム
  • 活動量計機能:心拍センサー・消費カロリー・睡眠・移動距離・歩数計機能
  • 搭載センサー:加速度センサー・ジャイロセンサー・デジタルコンパス・GPS・気圧高度計・環境光センサー
  • 着信通知機能:○
  • メール通知機能:○
  • 電子マネー:○
  • 音楽保存:○
  • 音声操作/音声アシスタント:○
  • サイズ:縦:40mmx横:34mmx厚さ:10.4mm
  • 重量:30.5 g
  • 公式サイト:https://www.apple.com/jp/apple-watch-series-6/

私は新品で購入しましたので、価格は55660円でした。

Apple Watch Series 6スマートウォッチを実際に使ってみた

Apple Watch Series 6スマートウォッチのベルト
改札で楽するために購入しましたが、使い始めるといろいろ便利です。

少し歩くと勝手にトレーニングを記録してくれるし、テレワークで座りっぱなしだと、「スタンドの時間です」と知らせてくれる、深呼吸を勧めてきたり、健康に関していろいろな機能が充実しています。

私は睡眠不足が気になっていたので、睡眠の目標を設定し、その時間は通知がこないようにできるだけ熟睡できる環境づくりに利用しています。

目覚ましも腕をバイブレーションして起こしてくれるので、家族に音で迷惑をかけることもありません。

使ってみて気に入っているところ

仕事中普段スマホはマナーモードにしているので、Apple Watch を持っていない頃は電話に気づかないことが多かったです。

今は電話が来ると腕がブルブルするので、電話にすぐ気づき、折り返す頻度が減りました。

緊急でない電話についても手首で発信者がわかるので取捨選択でき、バッグの中からごそごそスマホを出す必要がなくなり助かっています。

スマホの万歩計は、スマホを置きっぱなしにしている時はカウントされませんが、Apple Watch は腕に装着しているので、より正確なデータが取れるところが良いと思います。

こんな方にはおすすめしたい

  • 健康に不安がある人
  • 耳が遠い人にも腕で知らせてくれる
  • メールやLINEを頻繁にする恋人や友達、家族がいる人に
  • 介護する家族が夜中にナースコールするように使いたい方に
  • とにかく走りたい人に

使ってみて気に入らなかったところ

ちゃんと設定しないと、早朝4時に「スタンドの時間です」なんて腕を揺らされるので、注意が必要です。

気づかずに何かに触れてバッテリーを浪費してしまい、夕方の段階でバッテリーが切れてしまった日があり、その後帰宅するまで時計がない状態で少し不便を感じました。

それからは不要なアプリが動いていないように注意しています。

カバーをかけると、画面の端を触れても感知してくれない時があるので、イライラする時があります。

こんな方にはおすすめしない

  • コミュニケーションに疲れた人
  • 個人情報保護にうるさい職場にお勤めの方は仕事中ロッカー行き
  • 定期券で通勤している人はSuicaで改札通れません
  • 毎日充電できない人
  • SNS中毒の人

Apple Watch Series 6スマートウォッチ購入後の生活

もう少し歩こうと思うようになり、歩数や消費カロリーをチェックするようになりました。

電話やLINEにもすぐ気づくので、友達が突然遊びに来る時も対応でき、楽しい毎日を送れるようになりました。

改札を通るために初期設定を右腕にしましたが、右利きの人が右に時計をはめるのは結構難しいなと感じています。

マニュアルを調べたりして、もっと便利に暮らせるヒントがあるかもしれないので、新たな機能を見つけてもっと楽しみたいと思っています。







-スマートウォッチのレビュー
-

© 2021 デジタルガジェットライフ