ヘッドホンのレビュー

TASCAM KOSS PORTAPROヘッドホンのレビュー!使ってみた感想は「軽くてコンパクトなのに良い音がする」と感じた

大阪府にお住いの35歳男性から2021年1月頃に購入されたTASCAM KOSS PORTAPROヘッドホンを実際に使ってみたレビューをご紹介します。

TASCAM KOSS PORTAPRO
created by Rinker

ヘッドホンを欲しいと思ったきっかけ

今までは音楽を聞くときにはイヤホンを使っていたのですが、イヤホンを長い時間使っていると耳が痛くなることがあり、イヤホンはあまり耳に良くないような気がしていたので、今まであまり使った事がなかったヘッドホンに変えたいと思っていました。

ヘッドホン初心者なので、なるべく手頃な値段で音質がそこそこ良くて、外で使いたいので形がかっこ悪くないのが欲しいと思思ってヨドバシカメラで探していたときに見つけたのが、購入したKOSS PORTAPROでした。

ヘッドホンの候補にあがっていたもの

イヤーパッドが合皮製で耳を覆うオーバーイヤー型か、オンイヤー型で耳を覆わないタイプかで悩みました。

オーバーイヤー型は音漏れが少なくて音質も良く、形が自分好みでかっこよくてすごく好みだったのですが、自分は汗かき体質なので、オーバーイヤー型は耳周りが汗などですごく蒸れそうで悩みました。

少々の音漏れを犠牲にして耳や肌に良さそうなオンイヤー型を選ぶか、音漏れしなくて音質がいいオーバーイヤー型にするかという点で長時間悩みました。

TASCAM KOSS PORTAPRO

TASCAM KOSS PORTAPRO
created by Rinker

OneOdio Pro10

audio-technica ATH-AVA500

created by Rinker
Audio Technica(オーディオテクニカ)

TASCAM KOSS PORTAPROヘッドホンに決めた理由

TASCAM KOSS PORTAPROヘッドホンの側面
やはり耳に良さそうな点にまず惹かれました。

オーバーイヤー型に比べると音漏れが若干大きかったのが気になりましたが、通気性の良さがとても気に入りました。

またコンパクトな設計で重量がかなり軽く長時間の使用でも疲れることがなさそうな点にも惹かれました。

そしてコンパクトで値段があまり高くないのに、求めていたレベルのそれなりに良い音質で、求めていた条件を満たしていたので、KOSS PORTAPROを購入しました。

TASCAM KOSS PORTAPROヘッドホンのスペック

TASCAM KOSS PORTAPROヘッドホンのスペック

スペック

  • 形式:オープン型
  • 周波数特性:15 - 25,000Hz
  • 感度(SPL):101dB 1mW
  • インピーダンス:60Ω
  • 歪率:0.2%以下
  • ケーブル:1.2m ストレート
  • コネクター:3.5mm ステレオミニプラグ
  • 質量:60g
  • 付属品:専用キャリングケース
  • 外形寸法:115(W)×115(H)×60(D)mm
  • 質量:50g
  • 公式サイト:https://tascam.jp/jp/product/porta_pro/top

私は新品で購入しましたので、価格は4500円でした。

TASCAM KOSS PORTAPRO
created by Rinker

TASCAM KOSS PORTAPROヘッドホンを実際に使ってみた

TASCAM KOSS PORTAPROヘッドホンのサイズ
軽くて折り畳めて、スライドで大きさを変える事ができるので、持ち運びにも便利でカバン内のスペースを取らずコンパクトに収納できるので、外に持ち出して使う状況が多いです。

暑い日に汗をかいても蒸れることがなくて気にならないので、電車内や外を徒歩で移動する時に使っています。

喫茶店で人を待っている時や、休日に人気の飲食店で入店待ちする時などに使うこともあります。

イヤホンより圧迫感がなくてストレスフリーで使えるので、外で使うだけではなくて家で使うことも時々あります。

使ってみて気に入っているところ

ものすごく軽くて折り畳めて、持ち運びに便利な点です。

そしてコンパクトな設計で値段も安いですが、低音から高音まで綺麗に出ていて、音のヌケ感が良くて、長時間音楽を聞いていても疲れない音なのが良いです。

ヘッドホンの形が開放型なのも気に入っています。

アルミとプラスチックの素材感が良い意味でチープで、折りたたみのギミックも面白いです。

このチープさが昔のテクノバンドが付けていたような近未来的なデザインで、気に入っています。

また周りの騒音が聞こえてしまうのは悪い点でもありますが、完全に回りの音をシャットダウンしないので徒歩の時などに周りの状況が分かりやすくて、危険性が少なく野外で使うには良い点でもあります。

こんな方にはおすすめしたい

  • 軽いヘッドホンが好きな人
  • 周りの騒音が気にならない人
  • コストパフォーマンスを求める人
  • 耳蒸れが気になる人
  • 汗をかく人

使ってみて気に入らなかったところ

購入するときも気になっていた音漏れがやっぱり結構ある所です。

ボリュームをすごく大きくすると、曲名がわかるくらいはっきり音漏れしています。

あまりそこまでボリュームを上げることはありませんが、ちょっと上げるだけでも音漏れしているので電車や人が密集する場所で使うときは気を使ってしまいます。

そして耳を覆わないスポンジ製パッドのオンイヤー型なので、周りの喋り声や車の音などの騒音が耳に入ってしまうのも残念な点です。

こんな方にはおすすめしない

  • ごついヘッドホンが好きな人
  • 周りの騒音が気になる人
  • 重低音が好きな人
  • 音質にこだわる人
  • 音漏れを気にする人

TASCAM KOSS PORTAPROヘッドホン購入後の生活

イヤホンを使っていたときに比べて、耳が痛くなったりする事が無くなったのがやはり良いです。

イヤホンのときは1~2時間も付けていると耳が痛くなったり、耳鳴りがしたりする事がありました。

しかしKOSS PORTAPROにしてからは、もっと長時間つけていても苦になりません。

なので音楽を聞く時間が増えて、もっと音楽が色々聞きたくなり、使っている音楽プレイヤーに入っている曲数もイヤホンのときに比べて倍以上に増えました。

TASCAM KOSS PORTAPRO
created by Rinker







-ヘッドホンのレビュー

© 2021 デジタルガジェットライフ