キッチン家電のレビュー

テスコム TSF601オーブントースターのレビュー!使ってみた感想は「ドライフルーツや低温調理などアイデア次第で何でもできる」と感じた

三重県にお住いの46歳男性から2021年5月頃に購入されたテスコム TSF601オーブントースターを実際に使ってみたレビューをご紹介します。

オーブントースターを欲しいと思ったきっかけ

フルーツにハズレのものが多くなり、捨ててしまうのがもったいないと思い、ドライフルーツを作れればと考えて購入することに決めました。

トースターとしてはもちろん、ローストビーフ等の低温調理としても使える点も魅力的で、また、冷蔵庫にある酒粕を使ってクッキーのように焼き上げることが出来ないかと考えました。

値段も他のドライフルーツ専門器のように高価でもなく、他にも使えるのでいいなと感じて購入することに決めました。

オーブントースターの候補にあがっていたもの

ドライフルーツメーカーを探していたのですが、場所の取り方がドライフルーツだけのためにと考えると二の足を踏みました。

値段にも落差があり、「同じような形なのに倍以上値段が違うというのはどういうことなのだろう」とも思いました。

安価なものを購入してすぐ壊れたら元も子もありませんし、高価なものを購入して、納得できないところが見つかったら後悔します。

かといって、大きく離れた機能の物を購入する気にはなれないので、悩みました。

テスコム 低温コンベクションオーブン TSF601

ウミダスジャパン 食品乾燥機 フードドライヤー FD880E

レコルト(recolte) フードドライヤー RFD-1

レコルト フードドライヤー RFD-1
created by Rinker

テスコム TSF601オーブントースターに決めた理由

テスコム TSF601オーブントースターのサイド

視点を変えて、他の機能があるトースターや燻製器、オーブンレンジなどで作れないだろうかと思い、検索してみることにしました。

ドライフルーツをつくるのは、電子レンジだけでもできることが分かり試してみたところ、想像とは違う結果のものが出来たので、レンジ機能は必要ないと判断し、この製品に決めました。

低温調理も出来るというのは少し面白いと考え、機会があれば肉料理などにも挑戦したいです。

テスコム TSF601オーブントースターのスペック

テスコム TSF601オーブントースターのスペック

スペック

  • 本体寸法:高さ / 243mm 幅 / 346mm 奥行き / 395mm
  • 本体質量:4.7kg
  • 消費電力:1200W
  • 付属品:天板、焼き網、あし付き網、レシピブック
  • 加熱方式:石英管ヒーター(上下各2本)
  • モード設定:【5モード】(1)高温 (2)高温+ファン (3)低温 (4)低温+ファン (5)トースト
  • タイマー:【デジタル】高温:30秒~60分 / 低温:5分~12時間 / トースト:30秒~15分
  • 温度調節幅:35~230℃【20段階】 / 低温:35/40/45/50/55/60/65/70/80/90 / 高温:100/120/140/160/180/190/200/210/220/230
  • 公式サイト:https://www.tescom-japan.co.jp/products/tsf601

私は新品で購入しましたので、価格は15800円でした。

テスコム TSF601オーブントースターを実際に使ってみた

テスコム TSF601オーブントースターの内部

当初の予定通り、ドライフルーツを作成するのに利用しています。

各種フルーツを平べったい状態にカットして、ならべて3時間~6時間待ちます。

酒粕のクッキーも挑戦しましたが、高温調理では生焼けになってしまい、生地の成型が難しいのとアルミホイルにくっつくので、次回はくっつかないアルミホイルを使って焼いてみる予定です。

ローストビーフも作る予定で、手間はかかりそうですが、考えるだけでも楽しいです。

使ってみて気に入っているところ

ダイヤルを捻る感じのスイッチなのですが、低温、高温、温度が明確に記述されていて、すごく操作しやすい構造をしています。

タイマーもダイヤル式なのですが、回した結果がデジタル的に表示されるので、余程の機械音痴でない限りお年寄りでも手軽に使えます。

機能が増えすぎている電子レンジに比べると、物足りないかもしれませんが、シンプル故に他の使い方も思いつくのではないかと考えています。

用途の多さも魅力的なのですが、シンプルな操作が一番気に入ってます。

こんな方にはおすすめしたい

  • 難しい機械が苦手な人。
  • 低温調理を試したい方。
  • トースターを買い替えたい人。
  • ドライフルーツが好きな人。
  • 電子レンジが苦手、嫌いな人

使ってみて気に入らなかったところ

容量が少ない点が少々不満で、ドライフルーツを作る時に、考えていたよりも少ない量しか作れません。

電子レンジやオーブンレンジを置いていると置き場所に困るので、現在は自室に置いて必要な時には台所でカットしてもってくるようにしています。

また、どうしても温めの便利さとしては一歩劣り、値段も少し高めな気はしますが、機能を考えたら無難かなとも感じられます。

こんな方にはおすすめしない

  • ハイテクな機器が好きな人。
  • 料理に興味がない人。
  • コスパしかみない方。
  • 機能を絞って使いたい人。
  • 工夫をしない人。

テスコム TSF601オーブントースター購入後の生活

食べきれないフルーツや、余った切れ端などがあれば、細かく切ってドライフルーツを作っていますが、全ての果物は国産を使用しているので、安心感が大きいと感じています。

ドライフルーツの原産国にはタイ、マレーシア、中国などをよく見かけますが、中国産の食べ物は避けることが出来るのなら避けたいと思っているので、自宅でドライフルーツを気軽に作ることが出来、そうした心配をする必要がなくなりました。

それに、ドライフルーツ自体も高いので、支出が少し減ったように感じます。







-キッチン家電のレビュー

© 2022 デジタルガジェットライフ